異世界転生して知識チートで無双するために覚えておくべき知識
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

異世界転生して知識チートで無双するために覚えておくべき知識

2021-01-19 15:54
  • 8

数学です。
工学系は材料や道具がないと何もできませんが、数学は紙とペンから始められます。
皆さんも異世界転生に備えて数学を勉強しておきましょう。


1.円周率

円周率を30桁ぐらい暗記して計算方法も覚えておけば無双チートできます。
円周率は1663年に赤穂藩の村松茂清が小数点以下21桁まで算出したのが日本初の数学的に求められた円周率だと言われています。
江戸時代の日本で「算聖」と呼ばれたは関孝和が1681年頃に小数第16位まで正確な値を計算して無双チートしていました、
つまり、中世時代なら円周率を正確に30桁知っているだけでも知識チートだったのです。

当時は算額奉納と言って数学の難しい問題と答えを書いて寺社などの知識人の通る場所に張り出しておくだけで話題になります。
紙と書くものだけあれば偉い人に見つけてもらえるので異世界転生直後で装備が最弱からのスタート時に便利です。

ただし、どうやって計算したのか説明できないと出鱈目な数字を書いただけと思われてフルボッコにされるので、ちゃんと円周率の計算方法も覚えておかないとダメです。

円周率はおそらくどこの宇宙文明にも共通してあると考えられます。
つまり、小数点を何桁まで正確に把握しているか、その文明の発展度を知る重要なパラメーターになるということです。
1桁なら原始文明
2桁なら中世時代
数千桁いってるなら初歩的なコンピューターが存在している。
億いってるならかなり発展している。

そして、我々地球人は50兆桁…

もしかしたら宇宙人相手に円周率50兆桁のメモリーを見せるだけで惑星間航行が可能なレベルの宇宙人がビビって侵略をあきらめるかもしれません。
意外にも円周率が地球人類を宇宙人の侵略から守っているのかも?

いや、逆に円周率の桁数が宇宙安全保障上の重要な問題なのでどこの宇宙人もとんでもない桁数まで求めていて50兆桁なんて笑われるレベルの可能性も?

地球外文明の円周率の桁数が気になります。

ちなみにNASAは円周率を15桁までしか使わないと言われていますが、宇宙船の軌道計算や原子の運動レベルでも15桁あれば誤差が問題ならない精度がだせるからです。
実用上は15桁で計算すればOKです。


2.三角関数

島津製作所の創業者である島津源蔵は薩摩の島津義弘が豊臣秀吉から新しく貰った領地の検分を手伝った褒美に「島津」の苗字と家紋を贈られたと伝えられています。
領地の検分の手伝いとは具体的何をしたのかというと、測量するための三角関数を使った計算を行ったらしいです。
つまり、人間関数電卓として活躍した褒美に殿様から苗字と家紋を授かりました。
計算機がなかった近代以前は三角関数が暗算できるだけで無双チート能力だったのです。
現代人にはムリゲーになってしまった能力ですが、具体的にどうやれば出来るようになるのかというと、
三角関数表を丸暗記します。
中世時代なら0.5度刻みで十分なのでsin、cos、tanを0.5~90度まで180×3=540個の数表を暗記するだけです。

一説には、この話は島津源蔵の創作で、子孫である島津侯爵家は知らんらしいです…


3.正十七角形の作図

正多角形の大半は西暦一桁の時代には数学者の間で知られていましたが、
正十七角形を描く方法が発見されたのは1796年でこの図形だけかなり近代になるまで作図不可能が数学者の通説でした。
書き方を発見したのは天才数学者のカール・フリードリヒ・ガウスで19歳の時だったと言われています。
つまり、17世紀以前の世界に異世界転生した場合、その世界の数学者は正十七角形が描けないので描けたら天才扱いされます。
紙とペンと定規とコンパスだけあればその場で出来るので、異世界転生直後で装備が最弱の状態でも出来ます。


だれか数学で無双チート書きませんか?



広告
×
やっぱりカール・フリードリヒ・ガウスと関孝和はチート過ぎる。
1ヶ月前
×
数学で異世界無双チートは面白そうですね。
海外ドラマの「NUMBERS 天才数学者の事件ファイル」のように現代数学を駆使して一般人相手に無双する話や、中世ヨーロッパの数学レベルの異世界でトップ数学者たち相手に無双していく話にしても面白そうです。

シピオーネ・デル・フェッロという数学者の有名な話で、大学に終身在籍権がまだ無かった時代、教授がその地位に相応しいということを大学の評議会に納得させる方法の一つに同僚との数学バトルに勝つというものがありました。

ルールは簡単!
両者が問題のリストを出し合って、それを期日までに解いてくること。ただし提出した本人が解ける問題であること。

勝者には大学の地位と相当量のお金が支払われるので、どんな手を使ってでも勝とうとする人は多い。
そして、このデル・フェロという男、実は3次方程式の一般的な解法を発見していたにも関わらず、数学バトルに勝つために歴史的大発見を公表しませんでした。その結果、彼は連戦連勝、とても懐が温まったそうです。
そして彼はとうとう公表することなく、2人の弟子に解法を伝えて息を引き取りました。
当然、弟子2人も公表しませんでした。ニチャア
しかし、まさか、この判断のせいで師匠の解法を巡ってドロドロの人間ドラマが待っていようとは・・・!
次回、カルダーノ死す!?デュエルスタンバイ!!

数学者は面白い話がたくさんあるのでパロっても面白いと思いますね。誰かやってくれないかな(他力本願)
1ヶ月前
×
円周率とか三角関数は、小数でなく「計算尺」というもので表現する
平面幾何学の解法には、日本古来の「折り紙」が優れていることが知られている
1ヶ月前
×
数学は主題ではなかった気がしますが『できない子は“悪魔”と呼ばれるようです』というやる夫スレが……
1ヶ月前
×
あと、七進法だと円周率がほぼ3.1になるとかhttp://onisci.com/777.html
1ヶ月前
×
>>5
それって22/7
1ヶ月前
×
なんで古来の人は「円周率を求めることが必要だ!」って思ったんでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。
1ヶ月前
×
くられ先生のチャンネルに載せていた勉強法の動画とても参考になりました、自分の今までの勉強の思い出を思い返すと…分からないと言えば殴られ罵倒され、他人に悪い部分を晒され恥をかいた場所は穴が空いたように思い出せず、このままでは社会に出る前から詰みかけてるのではと思い、最近は1人で昔の分からないままで終わらせた部分を優しめのドリル等で昔の錆をメンテナンスしています。
1ヶ月~最初は少し辛いもののじっくり向き合うと昔の勉強の内容に楽しみや快感を覚えて、今や苦手箇所に抵抗が無くなりつつあります。
本当にいいタイミングでいい動画に出会えたと思います、ありがとうございました。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。