壁]v・)<iOS「囚われのパルマ ハルト編」感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

壁]v・)<iOS「囚われのパルマ ハルト編」感想

2016-12-01 10:19
    2016年10月5日に一通りクリア。
    その感想を書いていきたいと思います。
    ネタバレはなしの方向で。

    公式サイトはこちら


     
    【総評】★★★★★
    シナリオ★★★★★
    グラフィック★★★★★
    音楽★★★★★
    システム★★★★☆
       
    総プレイ時間約18時間

    =感想=
    一言で言えば、「突然連れてこられた孤島で、青年の記憶を探りながら関係を深めていく話」。
    基本的にやることは「メッセージのやりとり」、「外出コマンドでのメッセージの話題入手・アイテム入手」、「ハルトの監視」、「ハルトとの面会」です。
    さわりの情報だけを見ると“イケメンを監禁して監視するゲーム”と勘違いされがちですが、やってみると全く違うということがわかっていただけるかと思います。
    また、様々な場面で選択肢が出ることでプレイヤーの性格診断を行い、プレイヤー=主人公という印象を強く抱きます。
    ですので、自然に選んでいると深く没頭できるという仕様になっていて、のめり込んでいる感じが凄まじいです。
    面会でのスキンシップもあらゆる意味で「すごい」と思わせるような作りになっていて唸りました。
    部屋でこっそり一人でプレイすることを強く推奨します。電車の中でやっちゃダメなやつですw
    あとカプコンの他のゲームを知っていると、にやりとできるものもあったりしました。
    それでは細かい感想に移りたいと思います。

    【シナリオ:★★★★★】
    深く練り込まれたシナリオで、謎を追うという側面でもとても楽しめました。
    ぼく自身は本編購入以外は無課金でプレイしたので、度々聞かれる(ほんとに毎回面会するごとに聞かれて頻度が高く感じましたw)面会延長がどんな感じなのかは分かりませんが、ハルトと主人公の距離が縮まっていく感じが本当によかったです。
    SNSなどを見ていると、プレイヤー自身が最終的にこのゲームに心を囚われてしまっている感じがしましたw
    それくらいモブを含めたキャラクターやシナリオがすごくしっかりしていて、のめり込む仕様になっていました。

    【グラフィック:★★★★★】
    立ち絵、スチル、3Dモデルすべてが美麗で生き生きとしていてすごかったです。
    監視はしばらく眺めていられる感じです。
    背徳感にもじわじわ侵されていきますがw

    【音楽:★★★★★】
    落ち着いた雰囲気のしっとりとしたBGMがぴったりでした。
    数自体は多くないのですが、効果的にぐっと盛り上がる場面もありました。
    2017年の2月15日にサントラが発売ということで、非常に楽しみです!

    【システム:★★★★☆】
    やることは基本的に単調ではあるんですが、例えばメッセージを送って待ってる間に監視をしていると返信をしている様子が見られ、まさにその時点で「メッセージ入力中」の表記が出ているなど、演出が細かくて良かったです。
    ただ人によって、なかなかシナリオが進まないなどがあるようです。
    その場合はとにかく日にちを進めていけばいいと思います。
    またおまけ要素が人によっては無駄だと思ったり、キャラや世界観崩壊を感じたりする要因になっていたりとちょっと首を傾げる要素もあったので☆-1で。
    まああくまでおまけ要素なので、不快感を抱いたのであればやらなければいいと思いますがw

    以上です。
    ここまでお付き合いくださりありがとうございます。
    毎週毎週の配信をとても楽しみにしていたゲームでした。
    あらゆる意味で揺さぶられるので様々な人に触れてほしいと思うんですが、恥ずかしいと思うような場面もあるので、乙女ゲーに慣れていない・苦手だという人には不向きかと思います。
    ただ本当にいろんな側面においてすごいと思えるゲームで、すごくすごくお勧めです。
    本編が1エピソードにつき360円(税込)(全6エピソード)かかりますが、それでも安いと思えるものでした。
    迷っている方は是非。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。