ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

壁]v・)<PSVita「Code:Realize ~白銀の奇跡~」感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

壁]v・)<PSVita「Code:Realize ~白銀の奇跡~」感想

2018-12-14 15:31
    2018年11月29日に完全クリア(トロフィーコンプ)。
    その感想を書いていきたいと思います。
    ネタバレはなしの方向で。

    公式サイトはこちら


     
    【総評】★★★★☆
    シナリオ★★★★☆
    グラフィック★★★★★
    音楽★★★★☆
    システム★★★★☆
       
    総プレイ時間約20時間

    =感想=
    一言で言えば、「前作のファンディスクのIFルートのアフターをメインに、いろいろな話が楽しめる1本」。
    本編である「創世の姫君」(以前書いたレビューはこちら)はもちろんのこと、本編のIFルートが収録された前ファンディスク「祝福の未来」(以前書いたレビューはこちら)をプレイしないと分からないことばかりなので、必ず「創世の姫君」→「祝福の未来」という順でプレイしたのちにプレイしてください。
    全てを通してではあるんですが、今作は特に気合を感じました。
    いろいろな面を様々な角度で楽しめるものに仕上がっていて、とても楽しむことができました。

    それでは細かい感想に移りたいと思います。

    【シナリオ:★★★★☆】
    新しい試みのシナリオがあったりで、今までと違った楽しみがありました。
    前作同様たくさんのお話が詰まっているので、どこから遊んでいいか迷います。
    最終的に好きなものから遊んで大丈夫という結論に至りましたがw
    ルートによって、とあるキャラにちょっとびっくりするようなこともありましたが、それもありかな、という感じで楽しめました。

    【グラフィック:★★★★★】
    相変わらずの美麗CGに見惚れました。
    今作は特にそれを印象強く感じました。

    【音楽:★★★★☆】
    BGMは流用のものが多いですが新規もあり、新たな雰囲気も感じられました。
    新規も特に違和感なく、耳に馴染む柔らかい曲でした。

    【システム:★★★★☆】
    今回も特に変化なしであったので、前回同様据え置きです。
    設定変更も開始時に行ったので、強いて言うなら設定さえいじれば快適にプレイできます。

    以上です!
    ここまでお付き合いくださりありがとうございます!
    安定した面白さを持つシリーズでした。
    今後が出るかは分かりませんが、もし出るのであればぜひ買って遊びたいです。
    シリーズ通しておすすめのゲームです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。