壁]v・)<Switch「ゼルダの伝説 夢をみる島」感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

壁]v・)<Switch「ゼルダの伝説 夢をみる島」感想

2020-02-20 13:17
    2020年2月16日に一通りクリア。
    その感想を書いていきたいと思います。
    ネタバレはなしの方向で。

    公式サイトはこちら


     
    【総評】★★★★★
    シナリオ★★★★★
    グラフィック★★★★★
    音楽★★★★☆
    システム★★★★★
       
    総プレイ時間約15時間

    =感想=
    一言で言えば、「漂流した島でのひと時の冒険の良リメイク」。
    リメイク元であるGB版はプレイ済みです。
    ただしGBC用リメイクのDXは未プレイなので、DXでの追加要素につきましては初見です。
    もしかしたら読んでいる最中に「これはDXでの追加要素なのになあ」と若干気になってしまう記事になっているかもしれません。
    その点はご了承くださいませ。

    今回のリメイクを遊んでみて、とてもリメイク元を大切にした作りだと感じました。
    1か所だけ序盤で曲と動きのタイミングがリメイク元と違いがあり、「おや?」とも思いましたが、それ以外は気になりませんでした。
    個人的には終盤での新曲の追加は良かったと思います。
    とても懐かしい気持ちに浸れる、良いリメイクだと思います。
    今回を機に初見プレイで遊ぶ方にもおすすめです。
    それでは細かい感想に移ります。

    【シナリオ:★★★★★】
    独特の世界観のゆったりとしながらもわくわくしつつそして……といったシナリオは健在です。
    リメイク元であるGB版の要素はそのまま残っていますので、そういやこういうのあったな、と思うものは是非試してほしいです(ただしDXで追加されたしゃしんやさんについては削除されているようです)。

    【グラフィック:★★★★★】
    リメイク元の雰囲気を壊すことなく、世界観ともマッチしたやわらかでどこかおもちゃめいたグラフィックがとても好印象でした。
    OPとEDのアニメ映像もGB時代をとても意識した作りになっていたのも良かったです。

    【音楽:★★★★☆】
    元曲がとても好きなのでこの評価ですが、正直音量の問題なのか、プレイに没頭しすぎたのが問題なのか、特にダンジョン曲があまり印象に残っていませんw
    村のBGMは覚えているのですが。
    でも特に違和感があったというわけでもなく、プレイに没頭できていたので雰囲気を壊すことのない良リメイクだったと思います。
    個人的にはエンディング曲のとある部分がぐっときました。
    是非最後まで遊んでほしいです。

    【システム:★★★★★】
    ボタンが大幅に増えた関係で、リメイク元ではアイテム欄でいちいち装備を付け替えなければならなかったよく使う一部のアイテムが割り当てられるようになりました。
    そのおかげでとても快適にプレイできます。
    また、自動セーブが実装されているのでちょっと前のアイテムが手に入ったときに戻りたい場合はとても便利になってます。

    以上です!
    全体的な細かい作りがとても丁寧で、懐かしさと世界観に浸れる良いゲームになってます。
    まだ見られていない要素もあるので、次回プレイ時には細かい部分までしっかりやりこんで遊びたいと思っています。
    とてもおススメのゲームです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。