ボカロP仲間のデビューステージ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボカロP仲間のデビューステージ

2017-01-15 23:52
    ニコ動でボカロPとして活躍する傍ら、実力を活かしてプロのミュージシャンになる方は、今や珍しくありません。しかし自分が直接Twitterなどで交流しているお友達で、しかも恐らく最年少である方の、デビューステージを生で見るという体験は得がたいもの。今日はそんな話題です。

     1月13日、川崎市川崎区のクラブチッタで開催されたライブイベント「今めかしナイトvol.2-演舞の宴-Show Case Edition 川崎クラブチッタ」。この会場で、16歳になったばかりの新鋭アーティスト・レネさんが自作の2曲を歌って、プロ活動の第一歩を踏み出しました。

     レネさんの作品一覧(ニコ動)はこちら


     中学生のときから、作曲、演奏、歌唱に抜群のセンスを表していたレネさんは、ニコ動での活動を通じて多くのファンを獲得。お母さんのモスラさんも現役ボカロPにして動画師であり、母娘の人柄に惹かれたボカロ仲間で、自然と応援団が生まれていきました。
     そんな中、「太鼓DUB」ジャンルの創始者であるベテランプロデューサー、DJ JURIさんの目に留まり、このほどステージでの共演が実現しました。

     さすがに初めての大舞台、緊張している感じはあったものの、キーボードに向かうと堂々とした演奏と歌声で聴衆を一気に惹きつけました。ニコ動でも歌ってみた動画がありますが、今回のステージでは更にパワーアップして、全身全霊で表現しているのがガツンと伝わってきます。
     2曲目の『虹』でJURIさんが演奏に加わると、会場はヒートアップ。JURIさんの超人的な太鼓の響きと、レネさんのメロディーが真っ正面からぶつかって、全く新しい化学反応が生まれた現場を目の当たりにしました。調和しているのではなくて、真剣勝負なのです。聴き手の心にも熱い炎を付け、曲が終わると場内は歓呼に満たされました。2曲と言わず、もっと聴きたいよレネさん。

     出番が終わって、ロビーにレネさんが現れると自然に人の輪ができました。私設応援団の皆さんから次々にプレゼントが。いやぁ、自分も何か持ってくれば良かったと反省することしきり。次回の演奏会ではしっかり準備したいものです。

     久々のライブステージ鑑賞は大満足。ボカロPたるもの、こうしたインプットも必要です。レネさんの演奏はもちろん、会場で多くの先輩Pさんと直にお話しできたことも大収穫と言えるでしょう。
     この機会を与えてくださったレネさん、モスラさん、応援団の皆さん、ありがとうございました。

    (追記)司会の西野翔さんがキュートでした!!

    (さらに追記)
    レネさんのオフィシャルチャンネルがYouTubeに開設されました。『虹』も聴けます。
    https://www.youtube.com/watch?v=nX5yyh-RnWc&feature=youtu.be
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。