ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【競馬】JRA中山「朝日杯フューチュリティS〔GI〕」/水沢重賞「寒菊賞」【予想】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【競馬】JRA中山「朝日杯フューチュリティS〔GI〕」/水沢重賞「寒菊賞」【予想】

2013-12-15 11:25

    ■ 本日の予想レース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◯岩 手・水沢(重賞)「寒菊賞」(ダ1600m)
    ◯JRA・中山「朝日杯フューチュリティS〔GI〕」(芝1600m)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     最近、ブログの更新が週刊になってますね。更新頻度を少しでも上げていきたいところです。
     さて先週、重賞「北上川大賞典」が行われた水沢競馬場に行って来ました。レースは3番人気のモズが逃げ切り勝ち。札幌2歳Sでの2着をはじめJRAオープンで活躍してきた実績を考えれば断然の1番人気でも不思議ではなかったわけですが、当日の専門紙の予想欄は、驚くことにほとんど『無印』。
    理由をトラックマンに聞いてみると。
    「まったく追い切りできてない。馬場に出てきたけどまったく動かずに歩いて回っただけ…。走る気が無いじゃないかなぁ」
    と異口同音の答えが。レース当日もプラス20キロと幾分お腹回りが立派な印象も馬体全体を見れば、なかなか好気配の馬っぷり。で、レースも他馬を寄せ付けない貫禄勝ちで、これにはトラックマンの方々も苦い笑いをするしかない様子。
    「中央では坂路調教しかしてないから、馬場の追いきりに戸惑ったのかも。レースになるとスイッチが入るところは、さすが実力のある馬は違う……」と力無く語りながら去っていきました。
     今シーズンは大混戦の岩手競馬の古馬戦線。年末年始のクライマックス競馬でモズが新勢力として暴れるのか注目です。

    ※※岩手競馬グランプリ「桐花賞」のファン投票受付中!※※
    ◎『第39回桐花賞』出走馬ファン投票スペシャルサイト
    http://www.iwatekeiba.or.jp/hp/news/2013/13fan_pc.html





    地┃方┃競┃馬┃PickUp┃Nwes┃
    ━┛━┛━┛━┛━━━┛━━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◯モズが貫禄の逃げ切り重賞∨!/北上川大賞典(水沢)
     12月8日(日)、岩手競馬で最長距離となる水沢2,500mを舞台に『第36回北上川大賞典』が行われ、高橋悠里騎手騎乗の3番人気のモズ(牡6)が鮮やかな逃げ切りを決めて快勝。中央オープンの底力を見せつけ、転入初戦を重賞制覇で飾りました。好位から追いすがった1番人気ローレルカンタータ(牡7)が1馬身差の2着、さらに2.1/2馬身差の3着に8番人気トップチェッカー(牡5)という結果となりました。

    〔短評〕
    今回の北上川大賞典は、メンバーが手薄なだったけにとても楽な競馬となった印象のモズ。それでも今後の年末年始の重賞戦線の台風の目になることは間違いなさそう。ただ年末年始の水沢競馬場は、馬場が凍って不良馬場でも特殊な馬場になるだけに、一筋縄ではいかないかもしれませんね。


    〔ニュース元〕
    モズが貫禄V!重賞・第36回北上川大賞典
    (岩馬るべ!東北プロジェクト)
    http://ameblo.jp/ganbarube311/entry-11728925197.html


    本┃日┃の┃予┃想┃ 
    ━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【岩手】
    水沢競馬場 10レース 発走時刻15時15分
    JRA認定
    第12回 寒菊賞2歳
    (重賞/2歳/ダート1600m)
    ◎ 03.ラブバレット   (57 斎藤雄一)
    ◯ 08.シグラップロード (56 山本聡哉)
    ▲ 01.アオチャン    (54 小林俊彦)
    △ 09.ジャイアントスター(56 村上忍)
    ☆ 04.リュウノハヤテ  (55 高橋悠里)

    【短評】
    本命は、ラブバレット。
    ここ2戦はライズラインの前に完敗も、前走はタイム差無し僅差での2着と実力伯仲。ライバル不在の今回は、斤量57キロが気になるも手堅く完勝しておきたい。


    対抗は、シグラップロード。
    勝ち味に遅いが確実に上位に食い込んでくる善戦マン。前走は57キロの斤量もタイム差無しの2着までに追い上げるレース内容は悪くない。今回は斤量1キロ軽くなる点は有利。

    単穴は、アオチャン。
    絶好の最内枠、斤量54キロの軽量と好走条件が揃った。


    ☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

    【JRA】
    中山競馬場 11レース 発走時刻15時25分
    第65回 朝日杯フューチュリティS〔GI〕
    (2歳/国際/牡・牝/芝1600m)
    ◎ 13.プレイアンドリアル(55 柴田大知)
    ◯ 01.ベルカント    (54 武豊)
    ▲ 10.グリサージュ   (55 江田照男)
    △ 06.アジアエクスプレス(55 川須栄彦)
    ☆ 03.アトム      (55 川田将雅)

    【短評】
    本命は、プレイアンドリアル。
    盛岡のジュニアGP優勝馬として活躍を期待したくなる1頭。
    JRA初挑戦となった前走の「東スポ杯2歳S」でタイム差なし2着は評価できる内容。今年は牝馬勢が優勢な状況で、手薄な印象を与えるメンバーだけにメイセイオペラ以来、芝のGIでは初となる地方競馬所属馬による中央GI制覇の期待高まる。


    対抗には、ベルカント。
    牝馬ながら朝日杯に挑戦も、先週の阪神ジュベナイルFが重賞勝ちが5頭とレベルが高かっただけに選択肢としては正解かもしれない。有利な最内枠から先手を奪えるレース展開も期待でき勝機は十分。


    単穴には、グリサージュ。
    小粒な印象の出走メンバーで大穴狙い。1戦1勝馬でも追いきりも好調で非凡な素質を感じる1頭。
    東北・福島県出身の江田照男騎手に「じぇ!じぇ!じぇ!」な走りを期待したい。

    ☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。