【単体紹介】ステロ火炎玉ミルタンク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【単体紹介】ステロ火炎玉ミルタンク

2020-07-12 10:24


    ミルタンク

    ミルタンク @火炎玉 きもったま 
    ようき 177(52)-121(170)-130(36)-×-90-167(252)
    ステルスロック でんじは なげつける からげんき


    【調整意図】
    HB 珠陽気キョダイカキュウ低乱数(12.5%)
      珠臆病キョダイカキュウ低乱数(18.7%) ※基本ひかえめしかいない。
     A あまり(なるべく高く)
     S 最速
    ※火力に振っているのは趣味なので、好みで耐久に振っても良いと思う。



    【ミルタンクの強み】
    ステルスロックを覚えるポケモンの中では耐久が高く弱点を突かれにくい。
    そのため、きあいのタスキを持つ必要がなく他に襷を回せる。

    襷のかわりに火炎玉を持たせることで
    ・火力補強(からげんき)による起点回避
    ・投げつけるで物理アタッカーの機能停止
    ・火傷によるあくび無効   
    の恩恵を受けることができる。

    電磁波も採用しているので「ステロ・麻痺・火傷」を撒くことができる。
    特に投げつけるは警戒されないので、無警戒の相手を火傷させて試合を有利に運べる。



    【特性】
    特性は"きもったま"
    色んな人の動画のおかげで"そうしょく"は警戒され草技は撃たれない。
    後出しもしないので"そうしょく"である必要性が薄い。
    それより、みがわり持ちのドラパルトやミミッキュにノーマル技を通せるメリットが大きい。

    ざっくりいうと
    "そうしょく"は受身な特性ゆえに実際に持ってなくても意味があるが、
    "きもったま"は実際に持ってないと意味がない。
    ゆえの“きもったま”採用



    【受動的な特性・能動的な特性】
    非常に出せる範囲が広く、一見不利な対面でも最低限の仕事ができる。
    (ex)ウーラオス対面なら「投げつける➡︎ステルスロック」が安定する。

    物理に”なげつける”、特殊には“でんじは”から入ってステルスロックをしっかり撒ける。
    50試合中ほとんどの試合で選出したが、全く腐ることがなかった。



    【エースバーン無理じゃない?】
    球とびひざげりは無理(137.8%〜)
    なのでパーティにゴーストタイプを複数入れる事で牽制、
    キョダイカキュウを撃たせ、電磁波➡︎ステロを決める

    実際、初手はキョダイカキュウorダイジェットしか撃たれなかった。
    たまに初手に出てくるラム持ちには手も足も出ないので注意。

    【実際の選出】
    ミルタンク・ラムウォーグル・襷ホルードの基本戦術で二桁(7/10時点)行けたので、
    ある程度のランクでも機能すると考えています。

    ※ウォーグルもおすすめ。
    今の受けポケモンは威嚇持ち(ギャラドス・ウインディ・ガオガエン)が多く、
    ウォーグルを見ると受けを選出できず攻め寄りの選出をされるので、
    (先に展開できれば)ウォーグルで3タテしやすい環境です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。