第2回 2018/8/5投稿分について②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第2回 2018/8/5投稿分について②

2018-10-29 19:43
    ○短小説4『特別展示 』

     シュール物。お借りした背景の象は大変気にいっている。鼻を伸ばす姿が大変キュート
     さて内容について述べると、最後の一文はいらなかったかもしれない。だが、そうすると終わりがわかりにくくなってしまうジレンマ。せめて、太字で強調せずにいた方が良かったかもと今になって思う。
     加えて話すこととなれば、この作品はA4サイズに収めるため、大きく内容を削った作品でもある。本来は、最初に作品内で展示が企画された経緯も書いてはいたが、行数を狭めるために取っ払った。するとそれは余計な部分だったと感じることができ、これは大きな収穫だったと思う。これ以降の作品も書く内容の圧縮が必要なものがたびたび出てきたが、その踏み台になってくれのがこの作品であり、感謝している。まあ、できはあれだが……。

    ○短小説5『 完全計画』

     サスペンス物のようなもの。推理物の映画や小説を見る際思うのは、綿密な計画を行なう犯人はチェックシートを用意するべきではということだ。絵面は悪くなるかもしれないが。犯行の際は、きちんとしたチャートを組み、その都度確認をし、計画の漏れをしないように心掛けていただきたい。注意1秒、獄半生である。そんな気持ちを持って書いたのがこの作品だったりする。

    ○最後に
     第2回目の記事であり、前回の記事の続きになる。最初に投稿した分を含めて初投稿の5作品について一言ずつ述べることができた。各作品それぞれ違った作風にし、種類をそろえて反応を見たかったという思いがあったが、これは特になかったため叶わなかっただがホッとした事もある。文章メインの作品を投稿したことに否定的な反応もなかったからだ。荒らしとして見られてないだけで、私は満足できた。こうして投稿し続けようと思い立ち現在にいたっている。どこまで続けられるかわからないが。
     

     最後に、素材をお借りしたニコニ・コモンズの配布者の方々、そして、私のつたない作品及びここまで記事を読んでいただいた人への感謝を。ありがとうございました。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。