第4回 2018/8/19投稿分について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第4回 2018/8/19投稿分について

2018-11-29 23:45
    ○短小説9『くじ 』

     ジャンル的にはSFに分類される作品だと思う。
     本来は2倍くらいの長さの作品だったがA4サイズに収めるため多くの文章を切り取った経緯をもった話となった。その結果、物語の背景や出てくる登場人物のキャラが淡泊になってしまった。
     話中の状況などうまく伝わってくれるか、大変不安なものになっており、内容を理解していただけたならば幸いである。というか、見返すとこの日の投稿作品は、全てそんな気持ちを抱くものばかりとなってしまった。なんか変なテンションだったのかな?
     内容について述べると、短くした結果だが終わりは2通りの見方ができる作品となっていると思う。本来は友情をテーマにした作品のつもりだったが、その逆にもとれるような感じができてしまった。終わりについては読者にお任せするものだろうし、好きなように読んでもらいたい。

    ○短小説10『 全自動化』

     こちらもSFに分類……できるのかはわからない。どっちつかずのシュールな物と見て欲しい。
     背景画像は、物語後半の車窓の光景をイメージして爽やかな青空をお借りした。結果、終わりが余計シュールになってしまったが、まあいいだろう。
     話の内容は、主人公は実は『陰陽師』(ネタバレのため白文字)のつもりで書いた。昔読んだ夢枕獏先生のある作品で主人公の身の回りの世話役が強く印象に残っていたため、現代にいたらどうなっているだろうかを想像し話を膨らませてしぼめた。
     まあ、現在では機械妖精(グレムリン)などもイメージできる方もいると思うので、これが悪さをしたとも受け取ってもらってもいい(ネタバレのため白文字)。とういうか、今思うとこちらのイメージを含んだ作品にした方が面白かったかもしれない。基本、投稿後の作品には手を加えるつもりはないので後悔後に立たずだが。

    ○短小説11『 幸運を求めて』

     多分、今回の投稿分で一番意味がわからない作品だと思う。書いた自分でも主人公がなんなのかはっきりと決めていない。『囚人』なのか『ペット』なのか『小さな子供』なのか(ネタバレのため白文字)。なんの話なのだろうか? 無責任だが読んだ方にゆだねたい。
     私の意見ではあるが、物語の意味づけというのは、作者のものではなく読んだ人間に帰属するものだと考えている。かの『クラムボン』と一緒だ。たとえ作者が「これが答えだ」と決めておいたとしても、読者が読んで想像したものが真の答えとなるのだと思う。結果、「意味不明」と返されてもだ。
     背景の画像は、初めての試みとして単純な物だが自分で用意した。『鉄格子』(ネタバレのため白文字)をイメージして、太い線を並べてだけだが、これが読者の想像に一役立てばいいのだが。手抜きじゃないよ

    ○最後に
     9作品目の感想で述べた通り、この日の投稿した3作品は意味が分かりづらいものばかりとなってしまった。短めの文章に収めるという制約もあるが、私の文章力が貧弱なのも大きいと思う。本当に申し訳ない。
     ただ、筆者であるこの阿呆は、基本的にシュールな作風の話を書きたがる性分があるらしい。話の分かりづらさは、今後の作品でも見られるので、願えればご了承を頂きたい心情を打ち明ける。

     最後に、素材をお借りしたニコニ・コモンズの配布者の方々、そして、私のつたない作品及びここまで記事を読んでいただいた方への感謝を述べたい。
     本当にありがとうございました。

     

     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。