第9回 2018/9/16 投稿分について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第9回 2018/9/16 投稿分について

2019-02-21 00:04
    ○短小説23『スクリーム』

     ジャンルは、スプラッターホラー、
     のようなもの。(終わりの意図を避けるため、以下も白字があります)

     内容について語ると、アイディアは悪くなかったと思う。意図が伝わっていただければの話だが。私の文章力の低さに、本当に嘆くほかない。
     ミスリードものは、やはり読み手を如何に謝った方へ導けるかが重要だそのため、どれくらい情報を隠す、もしくは表現の変更をするか考えなければならないが、そのバランスが難しい。また定番のジャンルでもあるため、筆者の力量がもろにでてくる。今の私はこんなものなのだ。申し訳ない。
     また、最初にスプラッターものと書いたが、描写も平凡である。全然怖くない。グロテスクな作品は苦手ではあるが、一応創作を行うなら表現できるようになるべきなのだろう。でも怖いのはやっぱ嫌だ。

     装飾について述べると、文字の色は紫色など。背景の血のり画像を赤色にした方が、より目立ち、かつ作品の意図が理解しやすくなるのではと今から見ると思う。シンプルなのはいいが、やはり地味すぎだ。

    ○短小説24『影』

     こちらのジャンルもホラーよりの何か。

     終わりの意図としては『トランプゲームのババ抜き』であるのだが、多分意図が伝わりにくい作品になってしまったと思う。王妃のくだりはいらなかった。簡単に述べるだけで済んだはず。
     タイトルも作品の意図を隠すことに意識しすぎてあってないような気がする。『最後に残るは?』や『もう一人と出会う時』など……。今、思いつきで新しいのを考えてみたがやはり微妙だ。センスが絶対的に欠けている

     背景の装飾は、構図は割と気に入っている。が、当時の私は思いっきり文章と被せてしまい隠れてしまっている。もう少し文章を削り空間を作るべきだった。残念極まりない。

    ○短小説25『先輩からの手紙』

     ジャンルは、シュールもの。

     読み返すと終わりの文章の長さ、そして述べ方がすっごく気になる。終わりは、短くスパッとしなければ。
     修正するとしたら、今は以下のようにだろう。
    『少し考える男。手紙を修正するとビンに戻し海へと投げる。
     変更は2点、日付と名前。男の物へと。』
     こんな感じだろうか?

    ○最後に
     しようもないことの報告だが、今回の投稿作品では、初めてはっきりとした人物名を記載した作品がでてきた。今まで書いてきたショートショートでは、文字数の削減や特に決める意味がなかったので、名づけることはしなかったが試しにつけてみたわけだ。具体性が作品のできに効果があればいいのだが、果たして。
     しかし、名前の問題は結構悩みどころになっている。登場人物が多数出る話を思いついた場合どう表記すべきなのだろうか? いっそ、『エヌ氏』や『エフ氏』とでも名前をつけてみるのも……これはさすがに怒られるな。今後も『男』や『彼』などと表記して誤魔化、もとい呼称するとしよう。

     最後に、素材をお借りした各サイトおよびニコニ・コモンズの配布者の方々、そして、私のつたない作品及びここまで記事を読んでいただいた方への感謝を。
     ありがとうございました。

     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。