第13回 2018/10/29 投稿分について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第13回 2018/10/29 投稿分について

2019-10-20 15:55
    〇はじめに
     この日の投稿分は、
     いつにもまして駄作です。
     見ることはお勧めしません。

    〇短小説34『釣り場 』

     駄作その1。 なぜ投稿した?
     
     台詞に色を付けて読みやすくしたつもりだったようだ
     しかし、登場人物2人いるて台詞を同色にしてどうする。
     背景も薄暗くして何をしたいつもりだったのか、コレガワカラナイ。
     あと何故にピクトグラムが左右対称配置?
     自分のセンスのなさが如実にでている。
     消したい。

     内容にも一応、触れようと思うが……、ナニコレ。
     結末が寒いにもほどがある。わかりにくいし。
     最初の独白シーンも冗長だ。
     加えて2人の登場人物がいるが、管理人の台詞はないほうが良かった。
     
     2度目になるが、なぜ投稿した?

    〇短小説35『死者は蘇った 』

     駄作その2。 何故か面白いと思っていたシリーズ。

     装飾に関しては苦労した覚えがある。
     お借りした画像が、左右で明暗が異なるので文字の色をどうするか、色々試行錯誤した覚えがある。結果はごらんのあり様だが。
     今なら文字の背景に図形でも置いて、少しはマシにするだろうが……。
     というより内容も酷くてやっても無駄だったな。

     内容は、ゾンビものを書いてみたいと思い立ったのだが、失敗。
     もう酷いので結末までこのまま述べてしまうが、
     ベジタリアンのゾンビを思い立ち作ってみた。
     このアイディア、二番煎じどころかググったら有名映画にてすでにあった
     はい、
          \(^o^)/ <オワタ
     まあ、当然といえばそうなのだろう、こんな単純なアイディア。
     リサーチはしっかりしろと。
     ストーリー被りはないようなので、一応残しておくがもしかしたら削除するかもしれない
     その際はご了承いただきたい。
     
     一応、庇護する点があるとすれば、倒置的な話の運びを試したととだろうか。
     内容を伏せて、事件の顛末を先に述べ最後に明かす手法である。
     まあ、結果は面白さを出したとは言えないが、またいつか挑戦したい気持ちはある。
     そのためにもキチンとしたオリジナリティあるアイディアをこんどは考えよう。
     

    〇最後に
     また酷くブログの投稿間隔が空いてしまった。
     一応、気晴らしに過去を振り返るのが目的のブログであるため、気が向いた時にでも、というスタイルで書いている。ただ、ほっとくと止めてしまうかもしれないので今回とりあえず書いてはみたが、駄作と向かい合うのははっきり言ってキツい。枕に顔をうずめて止めたくなってしまう。
     約1年前の自分が憎い。
     今後はできればこうなりたくのだが、マイページを見ると香ばしい作品がちらほら……
     とりあえず、自己満足するまでは頑張りたい。 

     最後に、素材をお借りした各サイトおよびニコニ・コモンズの配布者の方々、
     そして、私のつたない作品及びここまで記事を読んでいただいた方への感謝を申し上げます。

     ありがとうございました。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。