ガンダムシール語り(第5回)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガンダムシール語り(第5回)

2019-11-13 00:57


    さて、ガンダム語りを始めよう。

    第5回は、シャアとセイラがバッタリ出会う場面の続き、というか、後半じゃねーか!

    前回、書いちゃったよ!
    知ってたけどね(笑)
    ま、分割して書くほどでもないので書いちゃったのであった。

    となると、今日は、4枚目の写真のみとなるな。

    これ、本当は、
    「慌てるな、下手に動くとかえって当たる。人間みたいな小さな目標にそうそう当たるもんじゃない」
    みたいな場面だよね。

    解説は、ザクの攻撃によって破損した機密部品を破壊する場面のものだ。

    これって、凄く重要なことで、兵器の性能というのは、最高レベルの機密なのだ。

    零戦にしても、ほぼ無傷で墜落したものが連合軍の手に渡ってしまった結果、零戦と効率的に戦うテクニックが研究されてしまい、圧倒的に不利な戦い方を強要されるに至ったのだ。
    (ま、それだけじゃないけどね、、、)

    戦いは、強い方が勝つんじゃない、相手の戦い方を封じた方が勝つんだ。

    当時はなんて勿体ない!と思ったものだったな。

    演出的には、量産されていたんだけど、結局1機しかないのは、こういう事情なのよ、ってなところだ。

    それと、このシーンで破壊の為に使われたと思われる「スーパーナパーム」は、たまに話題に上がる。

    これって何なんだろうね?

    少し前のシーンで、パオロ艦長が、
    「・・・ガンダム関係の部品で使えない物はすべて処分させろ。ガンダムにはビームライフルを用意させよ」
    と言っているから、ガンダムが装備しているのはビームライフルだと思う。見た目的にもね。

    --------
    ナパーム弾とは、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加してゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。きわめて高温(900-1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。
    --------

    とあるから、ビームライフルから発射するものでもなさそうだ。

    となると、このシーンの前にガンダムが抱えていた、ロケットポッドのようなものに装填されているものがそうなんだろう。

    破壊対象に設置して、離れたところからビームライフルで点火って感じかねぇ。

    以後、この兵器は出てこないので何とも分からないけど、ガンタンクあたりに装備させて、ニューヤークで市街戦ってのはどう?(笑)

    細かく見ていくと、モビルスーツを兵器として描くための苦労が端々に見え隠れするのであたった。

    今日はなんだか地味な話になってしまったけど、ま、手抜き回ってことで(笑)

    じゃ、またね!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。