• 【剣盾シーズン04】霊統一シングル【対面ガルドラパミミ】

    2020-04-07 03:38

    結果

     3月14日に45位。終盤は200位~500位をうろうろして最終は700位台。最終2桁は遠い。

    構想

     こんにちは。6世代から霊統一で対戦しているものです。新環境になっていまだに手探りな部分が多く、記事にできるほど手に馴染んでいないので内容はあっさりしています。

     ギルガルド(先発)+ミミッキュ(取りこぼし処理と起点作成)+ドラパルト(エース)が基本選出。ギルガルドの刺さりがいまいちのとき等、様子を見てニーゴを選出する。ゲンガーは奇襲が成功しそうなとき、技の一貫性があるときに選出する。受け構築相手はポットデス。
    ブルンゲル、ジュナイパー、デスバーン等入れ替えながら潜っていたが、終盤まで使い続けた構築を記載する。

    構築

    ギルガルド

     道具:気合の襷
     性格:寂しがり
     特性:バトルスイッチ
     努力値:0-252-0-188-0-68
     実数値:135-112-144-94-160-89 ⇔ 135-211-63-184-70-89
     技構成:シャドーボール/影打ち/インファイト/鉄蹄光線

     S:同族~65族抜き意識

     対面性能が高め。カバルドンの欠伸ループを回避するためだけに鉄蹄光線を採用している。
    ナットレイが重かったので剣舞物理型にした方がよかったかもしれない。ミミッキュ相手にはゴーストダイブ期待で影打ちから入る(影打ちを打たれると萎える)。

    ミミッキュ

     道具:広角レンズ
     性格:陽気
     特性:化けの皮
     努力値:4-252-0-0-0-252
     実数値:131-156-100-×-125-148
     技構成:じゃれつく/影打ち/呪い/鬼火

     ドラパルトが舞う起点作成役。火力補正アイテムを持たせると襷ギルガルド対面で勝てるが
    技外しが怖いので広角レンズに落ち着いた。お陰で鬼火外して発狂することはほぼなかった。
    呪いではなく剣舞もありだと思った。

    ドラパルト

     道具:命の珠
     性格:意地っ張り
     特性:すり抜け
     努力値:124-252-0-0-0-132
     実数値:179-189-95-×-95-179
     技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/鋼の翼/竜の舞

     H:10n-1
     S:最速110族抜き

     最速100族抜き程度個体が多かったので110族抜きまで上げた結果、ミラーで優位に立てることが多かったが、終盤になるにつれ同速負けが目立った。最初はガオガエンの威嚇を嫌ってクリアボディにしていたが、先発が多いガオガエンに対して、ドラパルトは後発に控えさせることが多いので珠を持つことでラプラスに打ち勝てるすり抜けを採用した。ミミッキュの鬼火から竜の舞を積むことが目標。

    ゲンガー

     道具:拘りスカーフ
     性格:控え目
     特性:呪われボ
     努力値:0-0-4-252-0-252
     実数値:135-×-81-200-95-162
     技構成:シャドーボール/ヘドロウェーブ/10万ボルト/道連れ

     H振りドラパルトを落とすために控え目にしているが普通に臆病の方がよかった気がする。ギルガルドと並べて持ち物を判別させづらくしている。選出すれば活躍はするがタイミングがいまいち掴めず、使い方のイメージ不足だと思った。早くキョダイ個体を使いたい。

    サニーゴ

     道具:進化の輝石
     性格:図太い
     特性:呪われボディ
     努力値:252-0-252-0-4-0
     実数値:167-×-167-85-121-50
     技構成:熱湯/ステルスロック/呪い/力を吸い取る

     ステルスロックが刺さっていると思ったときに出す。理想の動きはトゲキッスをステロダメ+竜の舞ダイスチルで倒すこと。ワンウェポンはナイトヘッドと選択だと思うが、今回は追加効果による火傷で、ミミッキュを経由せずに起点作成できることを期待して熱湯を採用した。今期から初めて使ってみたが、ガオガエンのDDラリアットが半分も入らず驚いた。

    ポットデス

     道具:ラムの実
     性格:臆病
     特性:砕ける鎧
     努力値:76-0-12-212-4-204
     実数値:145-×-87-181-135-127
     技構成:シャドーボール/アシストパワー/破壊光線/殻を破る

     H:16nー1
     HB:陽気ドリュウズの地震確定耐え
     HD:臆病サザンドラの悪の波動確定耐え
     S:準速ガマゲロゲ抜き

     控え目だと積んでも最速スカーフサザンドラを抜けないので臆病にした。サザンドラに破壊光線を打っている時が一番気持ちいい。今まで白いハーブを持たせていたが、受け構築相手に特化させるためにラムの実にした。アシストパワーはドヒドイデの処理とラムの実を持たせたついでにストリンダー対策として採用したが、ギガドレイン等と選択だと思う。色違い最高。

    お疲れ様でした。
  • 広告
  • 【2019センター試験】第4問・一部抜粋

    2019-01-22 11:44
    第4問 ゴーストタイプに関する次の文章(A・B)を読み、次の問いに(問1~8)答えよ。なお、ゲームソフトはウルトラサン・ウルトラムーンを想定する。(配点 20)

    A ゴーストタイプの技は半減または無効化されるタイプが少ないので、汎用性に優れている一方で攻撃力に乏しい欠点を持つ。また、一般的な幽霊のイメージ故かHPや耐久力が全体的に低いポケモンが見受けられるが、その一方でそれを補うように強力なb変化技を習得するポケモンも少なくない。特性に注目すると『おみとおし』や『ふみん』、『のろわれボディ』といったc特性を持つポケモンが多く、ゴーストタイプならでは発達したことが伺える。特殊な方法でd進化するポケモンが多いことも特徴であり、通信進化や『やみのいし』が特に利用される。

    問1 下線部aに関連して、攻撃技に関する記述として最も適当なものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

      ① かげぬいは自分が場を離れるまで相手は交代できなくなる効果が継続する。
      ② ゴーストダイブはちいさくなるを使用している相手に必中する。
      ③ シャドーボーンは20%の確率で相手のこうげきを一段階下げる。
      ④ シャドーパンチは特性『てつのこぶし』の時、威力が1.3倍になる。

    問2 下線部bに関連して、変化技を習得する組み合わせとして最も適当ものを、次の①~⑧のうちから一つ選べ。

        のろい  みちづれ  もりののろい
      ① ダダリン デスカーン オーロット
      ② ダダリン デスカーン パンプジン
      ③ ダダリン ブルンゲル オーロット
      ④ ダダリン ブルンゲル パンプジン
      ⑤ ゴルーグ デスカーン オーロット
      ⑥ ゴルーグ デスカーン パンプジン
      ⑦ ゴルーグ ブルンゲル オーロット
      ⑧ ゴルーグ ブルンゲル パンプジン

    問3 下線部cに関連して、ゴーストタイプのポケモンの固有の特性に関する記述として最も適当なものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

      ①『ミイラ』は物理攻撃技受けるとを相手の特性を『ミイラ』にする。
      ②『バトルスイッチ』はエアスラッシュで怯まされたターンに発動する。
      ③『みずがため』はなみのりを受けるとぼうぎょが二段階上昇する。
      ④『ばけのかわ』はみかづきのまいを使用することで一度剥がされても元に戻る。

    問4 下線部dに関連して、ゴーストタイプのポケモンの進化方法に関する記述として最も適当なものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

     ① レベル27のカラカラを昼にレベルアップさせるとアローラのすがたのガラガラに進化した。
     ② 手持ちを五匹以下にしてモンスターボールを一つ所持した状態でレベル19のツチニンをレベルアップさせるとヌケニンが六匹目に加わっていた。
     ③ ヨノワールに『れいかいのぬの』を持たせて通信進化させるとサマヨールに進化した。
     ④ 性別♀のユキワラシに『こおりのいし』を使うとユキメノコに進化した。


    B 次の文章は、ゴーストタイプが好きなつぐみさんとまいこさんの二人の会話である。
     つぐみ:第七世代になってから、対戦環境やシステムが大きく変わりましたね。特にeメガシンカの扱いにはなかなか苦労しました。
     まいこ:そうね。わたしは昔からヤミラミをよく使っていたけれど、今ではあくタイプとの戦い方も難しく感じるわ。それとジュペッタの戦い方も変わったわね。
     つぐみ:Z技も加わったわけですが、何かお気に入りの技はありますか。
     まいこ:ゴーストタイプには専用のZ技が多いから迷うけれど、ミミッキュのZ技かしら。小さなからだにどんな大きなポケモンも包んでしまうものだから、驚いたわ。
     つぐみ:【 あ 】ですね。じゃれつくがもとになっていて、フェアリーZを持たせたときよりも威力が高い必殺技ですね。ただし、相手に触れてしまうために特性『【 い 】』の効果を受けてしまうという弱点もあります。
     まいこ:それは気をつけないといけないわね。ほかに気になるポケモンはいるかしら。
     つぐみ:fほのおタイプを複合するポケモンが三種類いることが気になります。
     まいこ:ガラガラとシャンデラとズガドーンね。いずれもほのおタイプならではというか、ステータスが非常に攻撃的よ。その代わり耐久力は高いとは言えないわね。
     つぐみ:気になるので調べてみようと思います。それと、ゴーストタイプのポケモンを組み合わせて対戦してみたいのですが、何かいい策はありませんか。同じタイプに偏らせるとバランスが悪くなることはわかるのですが、どうしても試してみたくて。
     まいこ:必ずしもバランスが悪くなるとは限らないわよ。どんなタイプもポケモンもg組み合わせと作戦次第だと思うわ。一緒に考えてみましょう。

    問5 二人の会話の【 あ 】と【 い 】に入る組み合わせとして最も適当なものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

            ア        イ
     ① ラブリースターインパクト いかく
     ② ラブリースターインパクト もふもふ
     ③ ぽかぼかフレンドタイム  いかく
     ④ ぽかぼかフレンドタイム  もふもふ

    問6 下線部eについて、メガヤミラミとメガジュペッタに関する記述として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

     ① 『いたずらごころ』のヤミラミがメガシンカしたターンに、同じターンにメガシンカしたギャラドスのりゅうのまいを防ごうとちょうはつを使用すると後攻で成功した。
     ② 『あとだし』のヤミラミがメガシンカしたターンに、トリックルーム下でメガギャラドスよりもばやさが高いときにイカサマを選択すると、後攻で成功した。
     ③ メガギャラドスと対面したジュペッタがメガシンカしたターンに、サイコフィールド下でみちづれを使用すると先制で成功した。
     ④ メガギャラドスと対面したメガジュペッタが二回連続してみちづれを使用したところ、一回目は先制で成功して二回目は後攻で成功した。

    問7 通信対戦には火力指数と呼ばれる概念がある。単純な火力指数は[攻撃または特攻]×[技の威力]×[タイプ一致技]×[持ち物の効果]によって算出される。下線部fに関連して、以下の火力指数の大小関係として最も適切なものを、次の①~⑥のうちから一つ選べ。

       ア:ふといホネを所持した攻撃145のガラガラが使用するフレアドライブ
       イ:こだわりメガネを所持した特攻216のシャンデラが使用するだいもんじ
       ウ:こだわりハチマキを所持した特攻223のズガドーンが使用するビックリヘッド

     ① ア < イ < ウ      ② ア < ウ < イ
     ③ イ < ア < ウ      ④ イ < ウ < ア
     ⑤ ウ < ア < イ      ⑥ ウ < イ < ア

    問8 下線部gについて、ゴーストタイプのポケモンの組み合わせに関する記述として適当でないものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

     ① ゲンガーが覚える命中率の低いさいみんじゅつは、じゅうりょくを覚えるヤミラミと組み合わせることで安定して使用できるため相性がいい。
     ② HPが1しかなく変化技に耐性のないヌケニンは、ステルスロックやどくどくを跳ね返せるメガヤミラミと相性がいい。
     ③ フワライドがちいさくなるを安定して使用するために、すばやさが高くてちょうはつとおきみやげを覚えるユキメノコは起点作成役として相性がいい。
     ④ でんきタイプの技が弱点だがトリックルームを覚えるブルンゲルは、『ひらいしん』ででんきタイプの技を無効化できてすばやさの低いガラガラと相性がいい。
  • 【SM03~06シングル】霊統一シングル複数回2000達成構築

    2017-11-11 06:28

    結果

     シーズン03
     

     
    シーズン04
     

     シーズン05(ジュペッタ参戦) 涙
     

     
    シーズン06
     様々な要因により潜れず

    構想

     シーズン02に使用した構築を原型とし、運要素(催眠術)を排除して組み直したものです。
    コンセプトは呪い痛み分けミミッキュで相手を乱して、メガゲンガーで上から制圧するもの。
    残りは使い慣れたメンバーで固めたので、詳細は過去の記事をご覧下さい。

    構築

    ヤミラミ
     
     道具:ヤミラミナイト
     性格:腕白
     特性:悪戯心 ⇒ マジックミラー
     努力値:252-0-124-0-132-0
     実数値:157-95-122-*-102-70 ⇒ 157-105-177-*-152-40
     技構成:イカサマ/不意打ち/鬼火/自己再生

     HD
     補正有ギルガルドのZシャドーボール:84.0%~99.3%

     シーズン02使用個体の努力値をBからDに回して完全なギルガルド対策とした。鬼火読みで受け出される炎タイプにはシャンデラ引き、妖精タイプにはギルガルド引きとなる。
     ヤミラミの枠はジュペッタも試して、シーズン05では1985まで詰めれたが、大台まであと一歩及ばなかったため悔しい思いをした。


    シャンデラ

     
     道具:風船
     性格:控え目
     特性:貰い火
     努力値:252-0-116-140-0-0
     実数値:167-54-125-201-110-100
     技構成:シャドーボール/オーバーヒート/めざめるパワー氷/トリックルーム

     調整
     HB
     補正有メガリザードンXの逆鱗=補正有メガボーマンダの捨て身タックル:84.4%~99.4%
     補正無無振りメガリザードンXのドラゴンクロー:41.9%~50.2%
     C
     ガブリアスにめざめるパワー氷:96.1%~113.6%(75%)
     HD
     補正有カプ・テテフのPTサイコキネシス:83.2%~98.8%

     炎技・地面技からの引き先となる。メガリザードンⅩに対してはミミッキュと併せて詰めやすい。エアスラ持ちメガリザードンYや超・飛Zウルガモスには勝てないが、ジュペッタ入りで構築した場合はかなり勝率が上がる(鬼羽は無理)。


    ミミッキュ
     
     道具:フェアリーZ
     性格:陽気
     特性:化けの皮
     努力値:4-252-0-0-0-252
     実数値:131-142-100-*-125-162
     技構成:じゃれつく/呪い/身代わり/痛み分け

     恐らく知らない人はいないであろう、シーズン02終盤から流行した型。高速艇耐久にはZで飛ばして、鈍足高耐久には呪いで嵌めて交代を促し、また裏を削りメガゲンガーの射程圏内に押し込む。これがこの構築のコンセプトで、選出も大抵がミミッキュ+ゲンガー+ギルガルド(呪いとキンシ相性が良い)orシャンデラ(補完に優れる)であった。霊統一なのに結局ミミゲンガルドかという声も耳にしたがコンセプトなのだから仕方がない。また、呪えば自己再生で粘れるヤミラミとの相性も良い。


    ゲンガー
     
     道具:ゲンガナイト
     性格:臆病
     特性:呪われボディ ⇒ 影踏み
     努力値:0-0-4-252-0-252
     実数値:135-63-80-182-95-178
     技構成:シャドーボール/ヘドロウェーブ/気合玉/凍える風

     ORAS時代には決して使わなかったであろうフルアタメガゲンガー。前述したミミッキュと併せて制圧することが目標。逆にゲンガーから入って、凍える風でギャラドスの起点にさせずミミッキュの妖Zで飛ばす立ち回りもある。霊統一をしている以上、気合玉を打つ回数は相当あり、外して負けた数も相応にあるのでかなりのストレスを抱えた。


    ギルガルド
      
      道具:弱点保険
      性格:意地っ張り
      特性:バトルスイッチ
      努力値:220-252-4-0-12-20
      実数値:163-112-171-*-172-83 ⇔ 163-222-71-*-72-83
      技構成:アイアンヘッド/影打ち/剣の舞/キングシールド

      ORAS時代から長らく使用している型なので特に語ることはない。ヤミラミの鬼火やミミッキュの呪いで起点を作り、剣舞して制圧することが目標。


    ゴルーグ
      
      道具:気合いの襷
      性格:意地っ張り
      特性:ノーガード
      努力値:0-252-0-0-4-252
      実数値:164-193-100-*-101ー107
      技構成:地震/爆裂パンチ/ストーンエッジ/ロックカット

      此方も特に語ることはない。ORAS時代と比べてカバルドンやランドロスの個体数が格段に多く、今や爆裂パンチの混乱に甘えることも許されないのでお留守番することも多かった。対面構築が減少したことも選出率の低下の一因である。しかし、シャンデラのトリル展開からの動きなど構築的に噛み合っている部分もあり結局続投となった。

    最後に

     SMでは数多くのタイプ統一の2000到達報告を目にしました。
     ゴーストも遅れをとらないようにUSMでは2100到達を目指します……。

     以上、USM発売目前に焦って書きました。