【単体考察】めざ地トリルシャンデラ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【単体考察】めざ地トリルシャンデラ

2016-04-22 18:30
      初めてこんなの書いてみました霊統一における型になります。

     シャンデラ -Luster-


      
      持ち物:ふうせん
      性格:ひかえめ
      特性:もらいび
      個体値:31-0-31-30-30-31
      努力値:252-0-92-40-120-4
      実数値:167-54-122-187-125-101
      技構成:シャドーボール/オーバーヒート/めざめるパワー地/トリックルーム

      H:極振り,8n-1
      HB:補正有メガリザードンXのげきりんを高乱数耐え
      C:盾ギルガルドを高乱数1,11n
      HD:補正無珠ゲッコウガのあくのはどうを高乱数耐え
      S:あまり

      確実にトリルを展開することを優先して努力値を配分しました。
      より良い調整があれば教えて下さい!
      シーズン14のチョッキシャンデラの枠を今回の型に変えて回してみました。
      

     【コンセプト】
      霊統一では悪タイプ並に重い炎タイプを起点に有利展開を作れないかと思案した型。
      リザードン、バシャーモ、ヒードランが役割対象です(ファイアローは飛行寄り)。
      これらに不利対面を取られると修正が効かないので、安定した引き先が必要でした。
      基本的にヤミラミやギルガルドから交代するので、炎技以外打たれることは稀です。

      技構成に関しては、まず一貫性のあるシャドーボールを採用。
      コンセプトでもある、ヒードランに対して仕事をするためのめざ地とトリルも確定。
      炎枠として、ギルガルドや水タイプが消えたゲッコウガを一撃で倒せるオーバーヒートを
      採用して単体性能を上げることにしました。
      起点回避用のおにびやのろいも優秀ですが枠がないので見送りです。
      ヘラクレセドラン、エルフドラン構築に厚い技構成になっています。
      ただこの振り方だとヘラクロスとの素早さ関係を把握できないので、そこは要考察。

      辛い並びはヒードランとマリルリ等の鈍足水タイプ。
      下手にトリックルームを貼ると相手のサポートをすることになってしまいます。
      ヒードランを倒すためにはシャンデラとゴルーグ両方で見る必要があるのに、そこを抑圧
      されるとかなり厳しい試合運びを強いられます。
      その点はブルンゲルの方が優秀かもしれません(未考察)。


     【想定の流れ】
     ※基本的にヤミラミのおにびに受け出しされるパターンを記述
     ①リザードン入り
      相手の構築から予めⅩかYか検討をつけておきたい。
      ヤミラミに受け出しされた場合でもイカサマのダメージから判別はできます。
      Yなら即交代、Ⅹならげきりんが飛んでくる可能性があるので突っ張りがいいでしょう。
      メガシンカしていたずらごころを失っても、トリックルーム下であれば仕事をできる点で
      ヤミラミとシャンデラはシナジーがあると言えます。
      仮にシャンデラと対面してもげきりん耐え調整なので、トリックルームを展開できます。
     
     ②バシャーモ入り
      PGLよりシーズン15現在はたきおとすの採用率は13.4%となっています。
      シーズン7の36.2%から大幅に減少しており、代わりにつるぎのまいやバトンタッチ等の
      補助技の採用率が増加しています(炎技/闘技/まもる/補助技?)。
      シャンデラに打点のない型が増えた為、ある程度安定して受け出せるようになりました。
      岩技を持った型も若干いますが引き際にはまず打たれず、引いた後も攻撃を耐えるので、
      トリックルームを展開できます。

     ③ヒードラン入り
      此方はふうせん持ちのため、どくまも型場合はどくどくしか有効打がありません。
      ヤミラミのおにびを受けてもらいびが発動したヒードランは大抵炎技を打ってくれます。
      この際にヤミラミはメガシンカをしておくと、ちょうはつやどくどくが飛んで来にくく、
      シャンデラが動きやすくなります。以下の流れが理想形。
      此方:めざ地 相手:どくどく
      此方:トリル 相手:まもる
      此方:交代読み等
      眼鏡型の場合もまず炎技を打ってくれますが、もしもあくのはどうだったら終わりです。
      あくのはどうの採用率は高くないので、今回このケースは切ることにしました。


     【使用感】
      今まで使用したシャンデラの中で断トツに使いやすい(役割対象が違ったりしますが)。
      トリックルームという技は難しく敬遠していましたが、初めて使いやすさを覚えました。
      いたずらごころを失ったヤミラミを再起できる点やゴルーグとのシナジーがありました。
      ゲンガーがメガシンカすると地面技が一貫するパーティなので、ふうせんの相性もよし。
      ただ今回すりぬけという優秀な特性を捨てているので、シャンデラに対面でみがわりを
      貼られてたまにモヤモヤすることも。


     【ダメージ計算】
     [与ダメ]
      シャドーボール
      D4メガリザードンY:41.1%~49%
      D4メガリザードンⅩ:52.9%~62.7%
      H252D4クレセリア:50.2%~59%
      H252D4メガゲンガー:87.4%~104.1%(25%)

      オーバーヒート
      D4マンムー:91.8%~110.2%(56.3%)
      H252D4盾ギルガルド:97%~114.9%(81.3%)
      H4水タイプなしゲッコウガ:102%~120.2%
      H252D4メガヘラクロス:116.5%~137.9%

      めざめるパワー地
      D4砂メガバンギラス:24%~28.5%
      HD特化ヒードラン:50.5%~60.6%
      H252D4ヒードラン:68.6%~80.8%

     [被ダメ]
      HB
      補正有A252鉢巻ファイアローのブレイブバード:72.4%~86.2%
      補正有A252ランドロスのストーンエッジ:94.6%~94.6%
      補正有A252メガバシャーモのはたきおとす:83.8%~99.4%
      補正有A252メガガルーラのかみくだく:85%~101.7%(6.3%)
      補正有A252メガリザードンⅩのげきりん:86.2%~102.3%(12.5%)
      補正無A252メガボーマンダのすてみタックル:85%~100.5%(6.3%)
      補正有A252メガボーマンダのすてみタックル:93.4%~110.1%(56.3%)
      不一致イカサマ:20.3%~23.9%
      一致イカサマ:29.9%~35.9%
      補正無A4++ギルガルドのかげうち:76.6%~91%
      補正無メガミミロップのねこだまし+とびひざげり:88.6%~104.7%(31.3%)

      HD
      補正無C252珠ボルトロスの10万ボルト:56.8%~67.6%
      補正無C4++ボルトロスの10万ボルト:70.6%~84.4%
      補正無C252眼鏡ラティオスのシャドーボール:79%~93.4%
      補正無C4メガゲンガーのシャドーボール:82.6~98.2%
      補正無C252珠ゲッコウガのあくのはどう:88.6%~104.1%(18.8%)
      補正無C252眼鏡ラティオスのりゅうせいぐん:95.8%~113.1%(75%)
      補正無C252メガゲンガーのシャドーボール:97%~114.9%(81.3%)


      ご意見等ありましたらコメント頂ければ返信いたします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。