劇場版艦これ〜やっぱり私は深海棲艦が好きなんです〜
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

劇場版艦これ〜やっぱり私は深海棲艦が好きなんです〜

2016-11-26 22:54
     今日は新宿ピカデリーと新宿TOHOシネマズに劇場版艦これ初日挨拶に
    行ってまいりました!


    正直に言いましょう!とても裏切られました。いい意味で!

    今回の物語は主人公吹雪が沈んでいくシーンから始まります。
    (キングダムハーツのOPを思い出しますね。)

    PVで登場した鳥海改二のかっこいい戦闘シーンもよく、
    吉田徹さんの演出が(装甲騎兵ボトムズでメカニック作画担当。
    当時の視聴者を多いに驚かせた。)
    随所に光ります。
    効果音つけたら完全にボトムズというぐらいターンにキレがあります。


    さて、今回はポイこと夕立ちゃんのソロモンの悪夢も再現。
    一人で深海棲艦を倒していき、
    北上さんと大井さんがびっくりした表情も必見。
    あやねるが”がや”の中でアドリブ(那珂ちゃんのセリフだったような)
    を探すのもいいと思います。


    そして加賀さんと吹雪の過去もついに明らかとなります。
    そして深海棲艦はなぜ誕生するのかも
    重要な話となります。
    今回の敵は過去に忘れられた戦争の犠牲者。仄暗い海の底に彷徨い、

    いつまでも浮かばれることなく、永遠に生きとし生ける者を憎む亡者。

    希望は脆くも崩れさり、深い残留思想が現世への未練と紡がれた時、
    その魂と肉体が別れ、全く異なる存在が誕生するのだ。
    (ハートレスとノーバディの関係に良く似ている)

    その真実を知った時貴方は、艦これを続けられるだろうか?
    否、提督魂があるならば艦娘も深海棲艦をも両方愛してください。
    私は空母ヲ級と戦艦レ級のファンです。彼女たちの正義を理解した上で、
    戦闘に勝利し、本来のあるべき姿に戻してやってください。

    初日舞台挨拶では、
    藤田咲さん、上坂すみれさん、井口裕香さん、佐倉綾音さん、東山奈央さん、
    日高里菜さん、野水伊織さん、大坪由佳さん、タニベユミさん、中島愛さん(順番は忘れた)
    が来られました。私は9:30でピカデリーの最後方の真ん中、
    14:00TOHOシネマズで最前列の通路寄り真ん中に座っていました。

    最前列に座った時は大興奮でしたね。いつもの深海棲姫のパーカー着て、
    ブラック★ロックシューターのぬいぐるみを出演者に見えるように振り上げたり、
    笑顔でうなずいたりと最高でした!この時、コスプレイヤーのカップルがいて、
    夕張とその提督がキャスト陣の目に留まり、ガチ提督の藤田さんが速攻で答えていました。

    藤田さん曰く、オススメのポイントは

    「日高里菜ちゃんの鳴き声」と
    「深海棲艦の尻をじっくり見てください」との事です。
    ただの親父丸出しじゃないですか!

    ちなみにアドリブは予め家で考えてくる事もあるとの事。

    あやねるは長門の胸ぐらいしかいじるところがないと言っていたし、
    東山さんも、「あと1人艦娘が居れば10人だったのに」とか
    「金剛は真面目に演技して下さいと言われた」とか言ってましたね。
    (今回の金剛は大人しかったなぁ)
    すみぺはクライマックスの演出で様々な演技を要求され、
    「大丈夫だよ」のセリフは
    何度も撮りなおしたとの事。(あとは映画で確認しようね!)

    里菜ちゃんはとにかくラストのシーンで涙が止まらず藤田咲さんの横で号泣だったそうな。
    あのシーンはアニメ版を通して見ていると泣けますよね。

    まぁ、他にもあった気がしますが、終始藤田咲さんが司会を仕切っては自由奔放に、
    キャスト陣を緊張させまいと観客を笑わせてくる芸人魂を感じました。

    こうして、二回に渡り劇場版艦これを堪能し、ますます深海棲艦に心を寄せるように
    なった提督
    ライム〜チョは、ブラウザ版ではなくvita版をプレイするのでした。
    睦月も如月ちゃんも遠征では大い
    に役立つからしっかり育てようね。
    最上さんと衣笠さんを愛でる人がいたら確実に

    艦これ改プレイ者だと思うよ。最上さんがいないと二番目海域突破は難しいからね。

    最後に吹雪に一つ賞賛を送ろうと思う。
    「おまえも立派なPS(パーフェクト・ソルジャー)だ」と!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。