R.I.P 森田童子さま
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

R.I.P 森田童子さま

2018-06-12 00:33
    正直な話、このかたの音楽に触れたのは20歳過ぎの事でした

    でもそれ以前に、中学生だったか小学生だったかの頃
    近所のレコード屋さんで、お持ち帰り自由で偶然貰って帰ったポスター
    その中の一枚が森田童子さまのもので、中学・高校と部屋に貼っていました

    なんか暗いフォークを歌ってる人らしい、というくらいの知識しかなかったのに
    なぜ貼っていたのか?は謎です…

    そんなこんなで、20歳前後に
    このかたのレコードの再販シリーズが出まして
    ちょっと町なかのレコード屋さんで買ってみました

    『日本のアングラ演劇』っぽい印象を持っていたので
    か細い声が流れてきてビックリした覚えがあります

    ただその繊細な歌詞は、当時の自意識過剰気味な自分にピッタリで
    再発シリーズを全部買おうかと、毎月一枚買っているうちに
    売り切れてしまい、結局…何枚買ったのかな?って感じです

    そうこうしているうちに、例のドラマでのリバイバル
    ただその当時に再発売は…あったかなぁ?あったようななかったような…?

    一番好きな歌は、赤いダウンパーカーぼくの友達 です
    いつかボカロカバー演ってみたいな とは思いつつも
    月日は過ぎて幾星霜

    訃報を期に、どなたかカバーしてくださると…助かります
    二番目に好きな歌は、なんとかカバーしました

    アレンジ…というかなんというか
    ちょっとやりすぎかな?とは思うのですが…ともかくも

    素敵な歌をありがとうございます
    安らかにお眠りくださいませ

    と思います
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。