カスバの女
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

カスバの女

2019-11-28 01:09
  • 2


のすじいさまの御投稿を聴かせて頂いて思い出しました
20代の頃、カラオケの十八番にしていた曲でした

この歌を知ったのは、角川映画の冒頭のシーン
薬師丸ひろ子ちゃんがブリッジしながら歌うという
なんともアクロバティックなシーン

で、まぁ当時の事ですから
なかなかオリジナルを聴くのは大変で
カラオケに行ってガイドメロディーと歌詞を頼りに歌っておりました

そんなこんなで、ボカロを始めてすぐくらいの頃から
何度か、カバーしてみようとYouTubeさんでオリジナルを聴いてみたのですが…

アタシが歌ってたメロディーと全然違う…
(まぁ、大きく違うのはワンフレーズだけなのですが…他も細々と)
オリジナルってこんなメロディーだったんだ…とビックリしました

そういえば、20代の頃も
カラオケスナックみたいなところで歌っていたら
よそのお客さんから
『メロディーが違う!マイク貸せ!俺が歌う!』と
マイクを取り上げられた事もあったような…w

(ついでに言うと、先日投稿させて頂いたプカプカも
 友人氏から、同じような事を言われて→
 マイクを取り上げられた覚えがありますw)

そんな事を思い出した初冬の深夜でした
広告
×
し、渋い唄、歌われてたんですねえ・・
昭和30年の曲ですが往時全然売れずに
昭和42年にカバーされて大ヒットした曲です。
実はのすじいも歌うのです、此れw
1ヶ月前
×
コメントありがとうございますー♪

ほのかにブルージーな香りもする切ないメロディーに
耳新しい”カスバ”という地名:私がこの歌を初めて聞いたのは
英国のロックバンド”クラッシュ”さんが
”ロック・イン・カスバ”という歌を歌っていた頃だったように思います

また歌詞のストーリーも
傭兵部隊の兵士とおフランスの踊り子さんの悲恋という
まさに別世界!の非日常感が素敵で、、、

そしてなによりも、歌いやすいのですよねぇ…
ちょっとだげ、最初の辺りの音程の低いところを
SAXで言う”グロウル奏法”っぽく誤魔化してしまえば
後はホントに歌いやすい音程ですし、サビは
ちょうど私の声が裏返ってしまう辺りで裏返すところが来るしで
本当に気持ち良く歌えます♪

でもまぁ…もう10年くらいカラオケには行ってないんですけどねぇ…w
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。