賛美歌の思い出話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

賛美歌の思い出話

2019-12-24 04:09
    まず私は、キリスト教徒ではありません
    ・小学校1~2年生の頃、近所の教会の日曜学校に行っていた
    ・高校がキリスト教系の学校だった
    ので、賛美歌を歌っていた期間があるというだけの話です
    (どちらもプロテスタント系)

    なので、私にとって賛美歌は『懐メロ』のひとつなのです
    なので、あえて『最後のアーメン』は入れないようにしています
    (なんか、これが無いと締まらない気もするんですけどねぇ)

    そんな私ですが、2007年の夏に『MEIKOの新型が大流行!』という話を知って→
    なんとなく興味を持って→調べて調べてやっとの事で
    クリプトンさんが当時運営していた着うたサイトで
    初めてミクさんの01_balladeを聴いて
    『絶対に!この声を手に入れたい!』と決意して
    ミクさんの楽曲の発表場所としてニコニコ動画という場所がある事を知って以来

    『初めて投稿する曲は、この曲にしよう!』と
    決めていた曲が、こちらでした↓


    この投稿から数えて、たぶん4年くらい前の事
    職場を去って行く同僚と一緒に寮まで帰りながら車内で
    ふと思い出し、別れの歌として鼻歌風に歌った歌です

    まぁ、あちらはキリ教系ではなかったでしょうから
    「なんか歌ってるなー」くらいにしか思わなかったのでしょうけどねぇw

    その頃から、この歌は賛美歌としての正しいアレンジではなく
    こんな風な、ちょっと崩れた感じで私の頭の中で鳴っていました

    ・スローなテンポ・跳ねたリズムにしない
    ・メロディで半音違う箇所がある
    って辺りは、その頃の名残りです
    高校卒業以来、結構な年数が経っていて
    その間に色々と変化してしまった末とはいえ
    今思えば、罰当たりな事をしたものですねぇw

    それから、この頃は名古屋で買ったDTM用モニタースピーカーの
    トーンコントロールEQの使い方を間違えていて
    BassもTrebleも全開10にして使っていました
    なので、製作中も高音域・低音域が極端に強調された
    ドンシャリサウンドで聞いていました

    なので、投稿してから聴いてみると
    中音域ばかりで、特に低音域が全然足りてない事に気付きました
    それ以来、スピーカーのEQはフラットにしたんですけどねぇ…

    あああ、元々本題として書こうと思った
    ふるるPさまの思い出話に至る前に…
    眠くなってきてしまいました
    本題は、また今度にしときます…

    とはいえ
    『現在ふるるPさまの投稿作リストの最古作が
     ふるるPさまに出会った最初の曲でした
     曲も好きだし、音色も好きだし
     ふるるPさまの情熱と姿勢も尊敬します』
    というだけの事を
    細々と書き連ねたいなーってだけの話なんですけどねぇ

    ネルです
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。