ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

本当の記憶?夢の記憶?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本当の記憶?夢の記憶?

2020-01-23 19:30
    夢を見て目が覚めた そして頭の中に”記憶”があるのに気付いた

    『高くジャンプするコツというものがあって
     人間誰しも、そのコツを実行する事で高くジャンプできる』
    『小学校時代、私はそのコツを実行して
     (小学生用に多少低く設定されていた)バスケットボールのゴールの
     リングには触れないまでも、ネットには軽々触れる程度まではジャンプできた』
    『中学校入学後、正式な高さに調整されたバスケットボールのゴールで
     試してみたら、ネットにギリで触れないくらいだった』

    コレって…本当に有り得る話なんでしょうかねぇ…?
    つまり、コレって本当の記憶なんでしょうか?
    それとも、今朝の夢の中で形作られた夢の記憶なんでしょうか?

    夢の内容は短くて
    『今現在の私が、バスケットボールのゴールに向かってジャンプしている
     その時、そんな↑事を思い出す』
    というだけのもの

    まぁ…コツくらいは当然在るものなんだろうし
    小学生で大人用ゴールにダンクできるヤツも普通に居るんだろうから
    全く有り得ない話では無いんだろうけど…

    その記憶が本当の私の記憶なのか夢の中の記憶なのか
    判定できない事が気になってしまう

    まぁ、誰にも判定できない事ではあるんだろうけど…


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。