• 今回の友軍E6実装告知について思うこと

    2019-12-25 01:333


    私の考えの根幹にあるのが、海域の難易度設計はイベント中一貫してほしいということだ。
    友軍を実装するならイベント開始時から入れるべきだし、
    友軍を最初に実装しないのならイベント終了まで貫き通すべきだ。
    これは海域の理不尽さに関係なく、今回のE6で言うと、
    「虚無削り」がクリアに必要なのであれば、
    全員がそれを友軍に頼らず経験すべきということだ。

    そもそも私が今回の運営のやり方で一番まずいと感じているのは、
    E6への友軍の実装が遅いことではなく、
    イベントの終了日時、友軍実装スケジュールを
    イベント後半になっていきなり告知したことだと思う。

    このスケジュールがイベント序盤に告知されていたとしたら、
    皆それに合わせてスケジュールを組んでイベント攻略できただろうし、
    リアルの予定も調整できたかもしれない。
    勝手な推測だが、攻略状況を見て友軍実装のタイミングを判断しているがために
    スケジュールをあらかじめ明言できないのなら、はなから友軍追加実装はやめるべきだ。
    理不尽な難易度であろうと、イベント期間中一貫してくれたほうが、
    ユーザーも運営に振り回されことがなく、ストレスも溜まらないのではないだろうか?

    結論:
    イベント開始時にイベント終了期日と友軍実装のスケジュールを告知すべき。
    友軍実装を最初に明言できないのならもう実装するな。


  • 広告
  • 2期初のEORTAを実施しました!・。・!

    2018-11-04 15:242
    はじめに
    皆さんこんにちわ!
    いかがお過ごしでしょうか?

    さて、2期になって初めてのEORTAをニコニコ生放送内で実施したので、ここで報告したいと思います。

    結果の方は以下にある通り、2時間46分43秒でした。



    1期と比較するのも変ですが、時間だけ見ると私のEORTAの最速タイムになります。
    全体の感想としては、羅針盤逸れのリスクが減ったため、ストレスは1期よりも減りました。
    なお、今回過去のEORTA含めて最大級に精神的に来た出来事があったのですが、そちらについては後ほど説明します・・・・。
    1-5
    結果:4回ストレート

    海防艦4隻による編成です。駆逐艦を使ったルートに比べて羅針盤を回す回数が少ないので、この編成が妥当だと思います。キラ付けが間に合わず全員キラなしで攻略しましたが、そのために途中でコンディション値が下がって一回旗艦の入れ替えを行ったのは反省点です。
    2-5

    結果:4回ストレート

    <制空値140・索敵値48.13>

    下ルートでの攻略になります。編成を組むときに最も考えたのがボスマス前の索敵値です。3-5でも駆逐艦を使うのでうまくこちらと配分しました。
    そして、反省点はボス戦で陣形選択を誤り、複縦陣を選んでしまったことです。今後はこういう油断をなくしていかなければなりません。猛省です。

    3-5
    結果:4回ストレート



    <最終→制空値101>

    こちらは1期と変わらないので1期の編成をほぼそのまま使っています。駆逐艦だけは2-5を考慮して一部変えていますが、基本的な編成は変わりません。最終攻略も初手羅針盤で右を引けたのでかなり早い記録になりました。反省点は特になしということで。
    4-5
    結果:5回ストレート

    <制空値337>

    全艦高速+の編成で、装甲空母には橘花と墳式景雲改を載せて、制空値稼ぎ及び攻撃チャンスを増やしています。ダメコンが載せられないので道中大破だけがリスクですが、そのリスクを減らそうという意図があります。(潜水マスはほとんど大破はないと見越して)
    放送内でジェット機の攻撃演出がタイムロスになるのでは?という指摘を頂きましたが、私の考えとしては、「ボスマスへの到達率が上がる&ボスマスでザコ敵を蹴散らしてボスを狙いやすくしこちらの被害を低減する」メリットが、攻撃演出時間によるロスのデメリットを上回るとして、ジェット機を採用しました。

    さて、基本的にストレートで行けたのでそこは良かったのですが、精神的に来る出来事が発生しました・・・・・・・。
    放送を見ていた方はおわかりかと思いますが、4回目の削りの最中、PCがフリーズするアクシデントがあり、タイマーの記録もすべて消えてしまいました・・・。
    フリーズ前の記録は自分の放送のタイムシフトからどうにか復活させて、それをRTA再開後の記録とマージして本EORTAの記録としました。(EORTA倶楽部「RTA中のアクシデント発生時の対応」の規約より)
    放送中でPCが重かったのも一因の気がしますが、正確な原因は定かではありません・・・・。やっぱり私の環境は放送に向いていないのでしょうか?(涙)
    5-5
    結果:5回ストレート

    <制空値446・索敵値50.24>

    戦3空1航巡2の上ルートです。E風がなくなって個人的には楽になりました。ボス戦ではエリレ2隻編成を3回引きましたが、5回連続で引いたなんとかさんに比べたら良しとしましょう。消費資源は多いですが、高火力艦隊でボスを倒すのは楽しいですね!反省点は特になしです。
    6-5
    結果:6回ストレート

    <制空値358>

    ネルソンタッチを活用する艦隊編成になります。下スタートで潜水マスから上へ行くルートです。このルートは下ルートに比べると高火力になるのでボスマスが安定しますし、上ルートに比べると消費弾薬等が少ないので、良いところ尽くしです。ネルソンタッチはヲ改マスで使う想定です。
    ダメコン(女神)を1個使ってしまったのは残念ですが、許容範囲内ということで。
    反省点は、道中で発動しなかったネルソンタッチをボスマスで使おうとしてしまったことです。複縦陣による与ダメ低下でタイムロスが発生してしまいました。道中でネルソンタッチが発動しなくても、ボスマスでは単縦陣を選ばないといけないことを学びました。
    終わりに
    今回は2期になって初めてのEORTAということで、完走できるか少し不安だったのですが、無事完走できて良かったです。また、消費したダメコンが1個で済んだのも良かったと思います。アクシデントが発生したのは大変残念ですが、今後同様の事態が発生したときに慌てないようにするための学びとして、できるだけ前向きに捉えるようにします。

    もしこの記事を読んで、EORTAに興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひ挑戦して頂けると嬉しいです!こちらにルール等まとめていますので、ぜひご一読下さい!
    http://ch.nicovideo.jp/auaunano/blomaga/ar1439852

    というわけで、本記事は終わりです。ありがとうございました。
  • 新EORTAの編成検討

    2018-09-03 09:37
    ※4-5が道中3戦と記載していましたが、正しくは2戦でした。訂正いたします。

    はじめに

    艦これが2期になった今、EOもほぼ一変し、EORTA倶楽部会長として新しい編成・装備の検討で毎日忙しない生活を送っています。先月及び今月、一通りEOが終わったのでここで一旦まとめようと思います!

    EORTAとは

    EORTAとは簡単に言うとExtra Operation(EO)を攻略し、その時間を計測するものです。私が会長を務めるEORTA倶楽部のルールは 1-5 2-5 3-5 4-5 5-5 6-5 を一気通貫にクリアすることです。詳細についてはこちらの過去の記事をご覧ください。EOのマップが変わるということは過去のRTA攻略方法が通用しなくなり、新たな攻略方法を探さなければならないということになります。

    EOごとの検討まとめ

    ここから各EO海域の検討結果を掲載します。

    1-5

    ルート:スタート→A→D→E→J(ボス) 道中3戦


    私が1期で採用していた編成は軽巡2・駆逐1・大鷹改二でしたが、これだと戦闘数は上記と変わらないものの通過するマスが1個増えるためボス到達までに少しタイムラグが発生してしまうため、通過マス数が最小の海防艦4を採用しました。

    メリット:時間的にも最短のルートを通れる
    今後の課題:今回の上記海防艦の装備は割と適当なので、洗練した対潜装備を積んで挑戦する。(正直そこまで課題感はない)

    2-5

    ルート:スタート→C→E→I→O(ボス) 道中2戦



    1期では上ルートを選択していましたが、2期では道中戦闘数が増えてしまったため、道中2戦の下ルートを選択しました。

    メリット:道中2戦のため難易度は高くない
    今後の課題:ボス前の羅針盤逸れを防ぐため、索敵値がある程度必要である。そのためここに投入する駆逐はレベル高めの艦娘にしたいが、3-5など後半でも駆逐艦を使う海域があるため、速度的にはかぶらないようにしないといけない。33号電探の装備数含め、投入できる駆逐艦数など考慮すべき事項あり。

    3-5

    ルート(削り):スタート→F→G→K(ボス) 道中2戦
    ルート(最終):スタート→(B→C)→F→G→K(ボス) 道中2戦or3戦




    削り時は軽巡1駆逐5の下ルート、最終は準下ルートというのは1期と変わっていないです。

    メリット:1期と同じ構成の編成で問題ない。(最終は改善の余地があるが基本的にはこれで良い)
    今後の課題:2-5にレベル高い(索敵高い)駆逐艦を投入するため、1期とは異なる駆逐艦を選択した。ただ、難易度自体はそこまで難しくない海域なのでこれでも十分だった。ただ、33号電探や3号砲の装備数など、他海域との兼ね合いは考える必要あり。

    4-5

    ルート:スタート→A(C)→D→H→T(ボス) 道中2戦


    1期とは大きく異なる編成となりました。(戦艦+空母)<=4かつ全艦高速+以上で最短ルートを通るとのことなので、採用しました。(間違っていたらご指摘ください)本当は武蔵を採用したかったのですが、今回は扶桑を採用しました。(理由は後述)昼戦で連撃できないものの、それでも十分ボスは倒せました。先月と異なり今月は空母に噴式戦闘爆撃機を採用したが、これが個人的には大当たりで制空は稼げるわ、噴式強襲で敵を倒したりと大成功でした。(熟練度が剥がれることもありませんでした)

    メリット:道中2戦で、かつ潜水艦マスを含むため、ボス戦で弾薬は十分残っており、火力的には全く問題ない。
    今後の課題:ダメコンの代わりにタービンを積むため、道中大破撤退のリスクがある。また、今回は高速戦艦2+空母2だと逸れるという情報があったため、(真偽は不明)低速戦艦を採用したが、高速でも問題ないのであればそちらに変更したい。ちなみに、武蔵ではなく扶桑を採用した理由は後半海域で武蔵を使うため、ここでは使いたくなかったからである。

    5-5

    ルート:スタート→B→K→P→S(ボス) 道中3戦


    1期と大きく異なり、ボス前羅針盤固定が可能になりました。戦艦3+空母1を採用し、制空値を稼ぐため、水戦ガン積みの航巡も採用しました。今回試した結果としては、ストレートでボスを撃破できました。ただ正直、ボスマスではレ級2隻編成は引きたくないです。

    メリット:EORTA最大の懸念だったE風がなくなり、安定したタイムでクリアが可能。
    今後の課題:水戦を載せたいがため武蔵を採用したが、武蔵は6-5でも使いたいので、使い回すことになりそう。今回は空母1にしたが、戦2空母2の編成もありだと思うので今後試してみたい。また、レ級2隻編成を引くと運が悪い場合ボス撃破失敗が見えるので、いかにしてそれ以外の編成を引くかが大事だと思う。結局は運要素もある程度必要。

    6-5

    ルート:スタート(下)→B→C→D→G→M(ボス) 道中4戦


    潜水艦マスで弾薬消費がなくなったことで注目を浴びているのが下からのスタートです。下ルート[スタート(下)→B→C→D→G→M(ボス)]も試しましたが、こちらはボスを倒しそこねることが度々発生したため、EORTA的には不採用としました。そこで私が採用したのは下スタートの上ルートです。道中にヲ改マスや空襲マスがあり、道中大破リスクが下ルートよりは高いですが、ボスを安定して倒すことにフォーカスした場合こちらの方が安定すると思いました。通常戦闘3(潜水1含む)空襲1の本ルートを通常戦闘3(潜水1含む)夜戦1の下ルートと比較しても、タイム的にはほぼほぼ互角かなと思います。

    メリット:完全な上ルートを通るよりも、ボスマスで弾薬が残っているため、安定した撃破が可能。また、下ルートと比較すると、火力不足になるケースが発生しづらいのも良い。
    今後の課題:5-5で使った武蔵及び水戦を使い回すため、装備の入れ替えが発生してしまう。また、今回2-5で使った大淀をここでも使ってしまったが、あまり使い回しはしたくないので軽巡枠をどうするか今後検討したい。

    まとめ

    2期になりEOがどのように変貌するか、EORTAができなくなるような事態が発生しないかがとても不安でしたが、蓋を開けてみると、難易度的にそこまで大きく変わることはなくて安心しているのが正直な気持ちです。海域が新しくなったということは、まだ攻略方法がそこまで確立されてないということです。そのため、誰にでも最速タイムを達成する可能性があると言えます。あなたもそんな達成感を味わってみたいと思いませんか?EORTAは正直準備が大変だというのは否めません。ただ完走した時の充実感・達成感は他で味わえないくらい大きいです。私自身来月以降どこかで再度EORTAに挑戦してみたいと考えています。私と一緒に走ってみたい提督はいませんか?皆様のご参加を心からお待ちしております。