• ぎるうぉにトラベログ。Guildwars2 - 2016/4/19 PatchNote 日本語翻訳 2/2

    2016-05-04 07:15

    ※Twitchへ夜逃げしました。URLはこちら。
    https://www.twitch.tv/shrike_k/profile


    もうだめぽ・・・

    ゲイのオフェラーリかな?



    「あなたはイかされました。」

    ということで後半戦です。

    後半のClassごとのスキルの欄とか、見やすくするために
    置換したり文字消したりする作業でゲロはきそうだったから
    数値とか逆になってるかも。使わないクラスのことは知らんのよね、サーセン。

    でも、各クラスごとの冒頭文でおおよそ行った修正のサマリーが書いてあるから
    まぁなんとなくどんな調整したかがわかるよねってことでね。テヘペロ。

    つかれた!えらいと思ったらSteamとかG2Aでゲームおごるといいよ!
    ちなみにウォッチオーバーとかほしいな^^^^^たぶんちょっと触って積みそうだけど

    ◆◆◆レイド戦◆◆◆

    ◆◆レイドロビー◆◆

    RAIDをやりやすくし、Verdant Brinkの人口密集を防止するため、
    フォート・マリナー内にライオンアーチ飛行場へいけるRAIDロビーを追加しました。
    プレイヤーはロビー内で以下のものを利用できます。

    ・Spirit ValeとSalvation Passに行けるレイドポータル
    ・Bank access
    ・Trading Post access
    ・A repair anvil
    ・A laurel vendor
    ・A basic magnetite vendor who sells boxes of ascended gear
    ・特殊部隊専用の訓練場(要はDPSチェック用などの試射場みたいなトコ)へのポータル

    ◆特殊部隊専用の訓練場について◆

    プレイヤーは自分のクラスと、DPS出力についての詳細を知ることができるよう、
    以下の調整を行うことができるRAIDロビーからアクセス可能なインスタンスを構築しました:

    ・DPSトレーニングゴーレムを追加または削除できます。
    これらのゴーレムは、体力の20%が減少するごとに個々のプレイヤーのDPSを報告、
    ならびにプレイヤーが最初にゴーレムを攻撃してから経過した時間と合計ダメージを報告します。

    ・自分自身にバフ効果や、特定の職業固有の効果を追加または削除できます。
    ・生成されたDPSトレーニングゴーレムに任意の条件を追加または削除します。
    ・クールダウンタイムをリセットできます。
     また、パーティーリーダーは、以下の調整も行うことができるようになります:
     →自分のパーティ全体へのバフおよび特定の職業固有の効果の追加または削除。
     →パーティ全体のクールダウンタイムもリセットできます。
     →付近の全てのプレイヤーに毎秒2%の総ダメージを与えるパルス被害フィールドのオンまたはオフ。


    ◆◆◆Scribing◆◆◆

    根底として、スクライビングのコストを下げ、スクライブのレベリング行程を改善しています。
    多くのスクライブレシピを簡略化し、材料消費を低減させることと、
    レアな材料アイテムのドロップ率をあげ供給を増加させることで調整を行っています。
    ビルドにかかる時間も大幅に削減されており、 Resonating Sliversの新しいソースが追加されました。

    具体的には以下の変更が行われています

    ・Ascalonian Lumber Cores, Alpine Lumber Cores, Krytan Lumber Cores,
     Coastal Lumber Cores, and Arid Lumber Cores のドロップ率調整。
    ・Modniir Battle Hymnsは一部条件で確定ドロップです。
     (※プレイヤーがUzolan’s Mechanical Orchestra collectionを持ってる場合。)

    ・Resonating Sliversはすべてのデイリーからドロップし、また
    ギルドホールでとWVWで鉱石リソースノードからドロップするチャンスがあります。
    つまりギルドミッションは、複数のResonating Sliversと20シルバー以上のおかねがもらえます

    ・高い階層のResonatingアイテム(コア、ロードストーン等)の代わりに
    Resonating Sliversを使用するように、すべてのWvW schematicsを調整しました。

    ・すべてのsandpaperを10piles of coarse sandで作成できるよう調整しました。
    ・すべてのインクセット作成時、インクセットの前の層を必要としません。
    ・紙のシートを作成コストを低減 … 5pulp →1pulp
    ・すべてのblotting powders作成時、高い階層のResonatingアイテム(コア、ロードストーン等)の代わりに、Sliversを必要とします。
    ・finishing kitのコストが削減されました。それは今だけ仕上げキットを作成するために、アマニ油と1サンドペーパーの1バイアルが必要になります。
    ・いくつかのdecorationsの必要材料を減らしました。

    ・新しいレシピを追加しました:
    Globe of Whispers
    Boxes of scribing supplies that can only be crafted once:
     →Box of Initiate Scribing Supplies
     →Box of Apprentice Scribing Supplies
     →Box of Journeyman Scribing Supplies
     →Box of Adept Scribing Supplies
     →Box of Master Scribing Supplies

    ・スクライブ素材タブ内にギルドトレーダーのメニューを追加しました。
    ・すべての基本的なdecorationsが、ギルドワークショップで作られたCullenからすぐに入手可能です。
     →ギルド市場におけるdecorationsベンダーは現在、すべての装飾を24シルバーで販売しています。
    ・すべての組立時間は、スーパーアドベンチャーボックスの装飾を除いて、30秒に短縮されました。
     →Resonanceベンダーは削除されました。
     →ギルドミッションでresonanceを得ることはできなくなりました。
     →Shards of Crystallized Resonanceはベンダーに売却することができるようになっています。
    ・Linseed Oilを精製するためのクラフトレベルの要件は、現在400から0まで低下しています。

    ◆WvWについて

    ◆WVW-WORLDの別サーバー間マッチングについて(ベータ版)◆◆

    WvWにおいて、よりバランスの取れた組み合わせを達成するために、
    人気サーバーとそうでないサーバーを組み合わせてWVWの戦場を供にします。
    これは金曜日リセットで始まり、ペア先のサーバーにWvWを介して移動することなどはできません。
    あくまでWVWエリアでプレーする時だけの統合と考えてください。
    ペアリングされているサーバーはWVWパネルでサーバー名の右側にあるプラス記号で表示されます。
    また、プレイヤーは一方の仲間のサーバーが現在そのチームの一部であるかを確認するために、
    サーバー名の上にマウスを合わせることができるようになります。

    我々は既存のチームのメンバーシップを大幅に揺さぶり、混乱を招く可能性があるため、
    しばしばサーバーの組み合わせに関するデータをリセットすることがあること、ご了承ください。
    これは、おそらく今後数週間の対戦で、より多くのバリエーションがあることを意味します。
    また、新しいさーばーのグループ分けは、必ずしも永続的ではないことも注目のひとつです。
    私たちは、みなさんがが時間をかけてシフトとして一緒に異なるサーバーをリンクするためのオプションを持っています。
    我々はβテストとして、ライブサーバー上でテストするためにWVWコミュニティを求めてサーバーを解放しています。

    ◆WVWのReward TRACKSについて(ベータ版)◆

    Reward TrackはWvWに追加されました。これらは、既存のRewardとほぼ同じです
    いくつかのRewardはWVWのプレイヤーを対象するように調整されていることを除いて、
    あなたはPvP Reward Trackの恩恵をWvWで享受できるようになります。
    また、Trackの中には、プレイヤーに新しいWVW専用アーマーセットを得る機会を提供しています!

    また、いったんRewardTrackがWvWで追えるベータテストを備えるにあたり
    Battle legendary crafting componentのギフトはベンダーから購入できなくなり
    独自のReward Trackを介して獲得されます。

    試合の終わりに進行となるPvP Reward Trackとは異なり、WVW Reward Trackは、各得点ティックの最後に進行となります。
    WvW Reward Trackの進行は15分間隔で起こります。Reward Trackの進行する量は、あなたの参加レベルによって決定されます。
    プレイヤーたちは自分のサーバーの勝利に向かって支援をすることで、彼らの参加レベルを増加させ、
    各スコアリング間隔でより多くのReward Trackの進行状況を獲得することができます。

    最後に、例えば哨戒や防衛役のような、Rewardをえることが難しい役割についてです。。

    組織的なギルドでは、哨戒や防衛役のプレイヤーに対し、私的にお金をキックバックしているのが一般的になっています。。
    我々開発チームは、この問題を解決するためにチームのシステムを活用してきました。

    あなたの司令官はチーム内のうち5人のために、チームの参加を共有する1人を割り当てることができるようになります。
    これらのプレーヤーは、自分自身の活躍に関する諸権利をを獲得しませんが、代わりに分隊メンバーのアクションに基づき
    参加権を獲得することができます。これは、目的の防御や、敵の探し出し、また重要であるが参加権のない他の任意の仕事
    などなどを実行するためにそれらを解放し、彼らはその部隊における参加者となり、Rewardを稼ぐための支援をしています。

    ◆WVW-PROVISIONS MASTER◆

    この新しいWvWアビリティは、Permanent Portable Provisionerを介してお金(やトークン)を払って買い物をしたり
    プレイヤーの能力を向上させる様々なことができるようになります。
    Provisions MasterI:プレイヤーが任意のWVWのoutfitterからPermanent Portable Provisionerを購入することができます。
              これら商品は、WVWのどこからでも攻城兵器の設計図を購入することができます。
    Provisions MasterII:Permanent Portable Provisionerで買えるものが増えます。トリックやトラップを購入することができます。
    Provisions MasterIII:Permanent Portable Provisionerで買えるものがさらに増えます。食品やユーティリティ消耗品を購入することができます。
    Provisions MasterIV:敵が落とした戦利品を自動でピックアップするようになります。
    Provisions MasterV:敵を倒した時のBadges of Honorの量を増加させます。

    ◆◆WVW、Borderlands(デザートボーダーランズ)について◆◆

    マップのレイアウトは大きくテコ入れしました。
    特に3つの砦の周辺や、ナビゲーションを改善し、戦争をするための空間づくりにこだわりました

    はじめに
    ・バリケードは完全に削除されました。
    ・特定の場所に、落下ダメージを打ち消す、干し草の俵を追加しました。

    Fire Keep

    ・砦その周辺の火砲塔の数を減少させました。
    ・ボス部屋は溶岩に覆われ、橋がかかっている構造にしました。
    ・溶岩を減らし、砦外の経路を拡大しました。
    ・砦につながる新しいルートを開きました。
    ・いくつかの障壁の撤廃により、砦の外側へのアクセスが簡単になりました。
    ・砦の上にあった砂丘のうち、半分は削除されました。これに伴い、一部、生物の配置を変更しました。

    Air Keep

    ・砦とその周辺の砲塔の数を減少させました。
    ・ジャンプパッドを介してアクセスする場所の多くを傾斜や階段に変更しました。
    ・ボス部屋に至るまでの追加の階段を追加しました。
    ・防御が困難であった特定の壁のレイアウトを改善しました。
    ・砦外の橋の多くを拡大しました。
    ・砦につながる新しいルートを開きました。
    ・いくつかの障壁の撤廃により、砦の外側へのアクセスが簡単になりました。
    ・南キープの竹の橋エリアが簡素化され、地形が変更されています。

    Earth Keep

    ・ボス部屋に至るまでの追加の階段を追加しました。
    ・砦外の峡谷を拡大しました。
    ・峡谷にあったテレポーターの多くを削除しました。

    ◆◆WVW-スキルバランス◆◆

    次の変更は、主にWVWのバランスを改善するために行われました。
    これらの変更について、各クラスの変更の項で重複して書かれることをご了承ください。

    ■Stability■(※この項目訳し方わからん!)

    Stability:制御効果によって除去することができる安定頻度は0.05秒→0.75秒に増加しました。
          安定性制御を介して除去されたときに簡単な効果は、現在の文字に再生されます。

    この変更は、恩恵が持続時間を積み重ねたときにそれがあったように(ミドルグラウンドでオンまたはオフ)
    バイナリとなることを除き、制御するために、免疫の最小持続時間があることが保証されます。
    この変更は、主にWVWを対象としていますが、同様にPvPとPvEにも適用したいと考えています。
    我々は、このの有効性を監視し適切に対処していきます。


    ■プレーヤーの壁やヒットキャップ■

    壁をはるスキルがWVWのような大規模な戦闘においてゲームプレイの停滞を引き起こし、
    現在、スキル使用者の人数が多いシチュエーションであまりにも効果的に機能しすぎています。
    このアップデートでは、我々は壁系スキルが強い安定性を保っている状況を打破するため
    影響を与えることができるターゲットの数を減らすことにし、以下のターゲット・キャップ変更を行っています。

    エレメンタリスト:
    Static Field:敵を気絶させる対象の数が10になりました。
    Unsteady Ground:持続時間を4秒に増加。敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。

    ガーディアン:
    Ring of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
    Line of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
    Hunter’s Ward:4発目の攻撃に打たれている場合にのみ、敵に障壁を作成する変更を行っています。
            このスキルによって作成された障壁は、4発目の攻撃によってマークされている敵を停止します。
            また、4発目の攻撃ダメージが33%増加しています。攻撃範囲の持続時間は5秒に、このスキルのクールダウンは40秒に短縮されました。
            敵の範囲攻撃と判別がつくよう、赤いリングを追加しました。
    Test of Faith:トラップの対象上限を10とし、10の対象にヒットした場合トラップが消えます、また、ダメージが7%削減しました。

    ネクロマンサー:
    Spectral Wall:敵に恐怖を与える対象の数が10になります。


    ■ダメージ変更■

    AoEスパイクダメージをにより、十分な反撃することができなかった状況を打破するため
    これらのダメージを減少させました。
    我々はAoEスパイクダメージについて、WvWシナリオで実行可能な戦闘の範囲でありながら
    それがオープンフィールド戦闘における最良の選択肢にしたくないと考えていますので
    今後も様子をみながら調整を続けます。

    True Shot:ダメージが20%低減
    Gun Frame:PrimalBurstの物理ダメージが20%減少。また、バーストが2回ヒットしていた問題を修正。
          貫通しないAoE攻撃になっています。

    ◆◆WVW-GENERAL◆◆

    ・経験値は、WVWで得られなくなりました。
     →代わりに、WVWでChest of Mistsの報酬として、Tome Of Knowledge(レベル上げるアイテム)が含まれる
      新たなWVW Reward Trackが追加されています。(※トメナリジあげるからそれでLVあげてね。)

    ・Outfitter商人はバッジと金の組み合わせで購入できる、新しい18スロットと20スロットのバッグを販売しています。
     (※神調整やんけ!)
     →Pillagers Packは、標準的なバッグです。
     →Siegemasters Satchelは、攻城兵器の設計図のような消耗品に優先順位を付けたバッグです。
    ・種族装備ベンダーも各マップに追加されました。
     →これらのベンダーは、バッジと金の組み合わせで種族装備を販売しています。
    ・ギルドアップグレードTacticsの待機時間を10分に増加しました。
    ・緊急ウェイポイントと飛行船爆撃の待機時間は30分に増加しています。
    ・他のすべてのTacticsも待機時間を20分に増加しました。
    ・Objectiveアップグレードダイアログは現在チームがどのくらい時間。所有しているが表示されます。
    ・Proofs of Heroicは通貨に換算され、soulboundアイテムではなくなりました
    ・WvWの目標物はマップマーカーに自分のアップグレード階層を表示します。これらは、アイコン上に0~3シルバーで表示されます。
    ・砦のウェイポイントは、占有しているチームが自動的に利用可能な形になりました。
    ・waypoint Outfittersは砦占有後に自動で出現するようになっています。
    ・シールドジェネレータースキルの再充電時間がわずかに増加してきました。
     →フォースボール のクールダウンタイムを5秒に増加しました。
     →フォースウォールのクールダウンタイムを15秒に増加しました。
     →フォースドーム のクールダウンタイムを25秒に増加しました。
    ・目的のボスの最大のHPスケーリングを40%上限に減少させました。
    ・WvWにおいて、すべてのキャラ(プレイヤー、NPC両方)に同じ蘇生ルールを適用することにしました。
     →蘇生は1人に対し5プレイヤーまでが試みることができます。
     →蘇生を行うには戦闘外でなければなりません。


    ◆◆Profession Skillsの調整について◆◆

    ◆総論◆

    ・ゲームのグラフィックスオプションに効果LODと呼ばれる新しいオプションが追加されました。
    これにより、同盟プレイヤーのスキル効果の詳細を制限します。このオプションはデフォルトでオンになっています。
     →オンに切り替えた場合、同盟国からのスキルは、簡易版エフェクトになります。
      また、味方のヒットエフェクトや特定の味方のスキルキャスト中などのエフェクトが無効になります。
     →オフに切り替えた場合は、通常バージョンのエフェクトになります。
      仲間へのキャスト効果だけでなく、敵の同盟国にもにヒット効果が表示されます。

    ・各Professionは、新しいレティクルエフェクトに差し替えられます。

    (※このあと、いろいろ書いてあるけど要はレティクルエフェクト差し替え、追加に関する話なので略)

    ・ゲーム内のすべてのコンボフィールドは、戦闘中にそれらをより明確にするよう
     視覚的な更新を与えられています。具体的には以下のものです。
    ---------------------------------------------------
    Dark Field Combo Finishers
    Projectile
     →Whirl

    Necromancer
     →Vampiric

    Revenant
     →Enchanted Daggers
     →Assassin’s Annihilation
     →Focused Siphoning

    Thief
     →Leeching Venoms

    Runes
     →Rune of Vampirism
     →Rune of Scavenging

    Sigils
     →Sigil of Blood
     →Sigil of Leeching

    Consumables
     →ランダムでライフスティールするすべての消耗品
    ---------------------------------------------------


    Vampirismルーン:ライフスティールはPower依存で適切にスケーリングするようにしました。


    ・不適切にライフスティールをしていた消耗品について、上昇上限を10に設定しました。
    Stability:制御効果によって除去することができる安定頻度は0.75秒、0.05秒から増加しました。
         安定性制御を介して除去されたときに簡単な効果は、現在のキャラに適用されます。(※訳せないのでそのまま)

    ・Quickness/Slow:
     →速度の増減に関する計算式が変更されています。
      Slow状態ときはQuicknessの効果が低減されつつも、以前と同じように適用される正規化がされています。
      しかし、式変化により、Slow中のQuicknessの効果が落ちることになります。
      以下の表は、この変更がどのように機能するかを示しています。

    スキルキャストが10秒の時の例

    旧計算式
     クイックネス状態:6.66秒
     スロウ状態:20秒
     両適用:10秒

    新計算式
     クイックネス状態:6.66秒
     スロウ状態:15秒
     両適用:11.66秒

    旧計算では、我々が所望のものより強くなるために引き起こされるようなこの変化は、より流動性を可能にします。
    追加の利点として、我々は攻撃速度を変更する任意の形質の有効性を低減していないので、
    これらの特性は、所定の速度でブーストが表示されます。
    (※ここ訳わからないけど、上記で具体的な数値かいてあるからいいよねw)


    ◆エレメンタリスト◆

    エレメンタリストと新スペシャライゼーションのテンペストについて、
    使用頻度の低い部分の改善を行うことに焦点を当てています。

    このアップデートにおいて、我々はセプターとダガーの武器スキルに焦点をあてて強化します。
    セプターの変更は、両方の物理ダメージおよびコンディションダメージの向上と呪文によるダメージ増加などの強化です。
    短剣は、両手短剣およびオフハンドでの火力をあげる調整を行っています。

    Glyph of Storms:新しいアイコンにしました。
    Glyph of Elemental Power:新しいアイコンにしました。
    Glyph of Elemental Harmony:新しいアイコンにしました。
    Glyph of Renewal:新しいアイコンにしました。
    Flamestrike:キャストまでの時間が0.2秒短縮され、キャスト後発生時間が0.38秒短縮されました。
    Ice Shards:ダメージが33%増加しています。
    Shatterstone:ダメージが22%増加しています。
    Water Trident:スキルレベルごとのHealing Contributionは27%増加しています。
    Arc Lightning:スキルダメージが33%増加しています。
    Rock Barrier-Hurl:敵に当たると8秒間、出血が1スタック適用されます。
    Dust Devil:キャストまでの時間が0.15秒短縮され、キャスト後発生時間が0.3秒短縮されました。
    Lightning Touch:ダメージが66%増加しました。
    Churning Earth:ダメージが7%増加しました。
    Fire Grab:クールダウンタイムを30秒に短縮。
    Frozen Burst:クールダウンタイムを12秒に短縮。
    Fireball:スキルの効果を以前のものに状態に戻しました。また、ダメージが17%増加しました。
    Gust:クールダウンタイム25秒に短縮。
    Windborne Speed:クールダウンタイムを25秒短縮。
    Static Field:敵を気絶させる上限数が10になりました。
    Unsteady Ground:敵をノックバックさせる上限数が10に、効果時間が4秒に増加しました。
    「Eye of Storm!」:戦闘中でないNPCに対して、スタン解除のためにスキルを使用することはできません。


    ◆エンジニア◆

    この四半期の目標として
    複数の武器やユーティリティスキルの性能変化を通し、ベースとなるエンジニアを更新しながら
    スクラッパーの生存能力を少しだけ落とすことでした。

    これらの変更は、ピストルのための物理的およびコンディションダメージ増加が基礎であり
    ハイブリッドオプションとして、その生存能力を助けるために、
    ユーティリティ面からは、十分に活用されていないスキルのダメージとクールダウンを調整しています。
    特にスリックシューズについてはスキル起動1回につき、1人1回だけスキル効果を受けるという大きな調整をしています。

    Fragmentation Shot:このスキルのダメージが14%増加しています。
    Static Shot:混乱時間を4秒に増加。混乱のスタック数を3に増加、リチャージが12秒に短縮。
    Blowtorch:クールダウンタイムを12秒に短縮。
    Bomb Kit:バグ修正。
    Toss Elixir C:クールダウンタイムを20秒に短縮。
    Toss Elixir R:クールダウンタイムを90秒に短縮。
    Toss Elixir S:クールダウンタイムを45秒短縮。
    Elixir U:クールダウンタイムを45秒に短縮。
    Healing Turret:キャスト時間を0.75秒に増加。
    Throw Mine:クールダウンタイムを15秒に短縮。ダメージが20%増加。
    Rocket Kick:クールダウンタイムを15秒に短縮。ダメージが33%増加。
    Launch Personal Battering Ram:ツールベルト硬直時間を6秒に増加。
    Slick Shoes:スキル発動1回、各敵につき1回のノックダウンに限定しました。対象にとれる敵の数は変わりません。また、クールダウンタイムを40秒に短縮。
    Rocket Charge:3回跳躍できるようにしました。また、角度の変更はできなくなりました。
    Equalizing Blow:mightとvulnerabilityスタックが1~3間になりました。
    Sneak Gyro:0.75秒のキャストタイムを新設しています。
    Rapid Regeneration:このTraitについて、superspeed中およびSwiftnessが5~25の間の時の、Base Healingを20~150間に減少。
    レベル上昇によるHealing量は、superspeed中と同じようにスケーリングします。また、Swiftnessのレベルによるスケーリングを20%増加。
    Shredder Gyro:このスキルによるダメージ増加上限を600%に変更、持続時間50%減少。初弾を削除。


    ◆ガーディアン◆

    ガーディアンへの調整の大部分は、流行していたWvWでのdragonhunterの集団によるAoEスパイクダメージによる殺傷能力の減少です。
    皆さまのおっしゃるように、高いダメージを与え、競技レベルでも有用なdragonhunterを維持したいところなのですが
    私たち開発としては瞬間火力を落としたいと考えています。
    また、base vatuesにおけるクールダウンの削減および、壁系スキルの対象上限の修正の影響を受けることになるでしょう。

    Virtue of Justice:クールダウンタイムが20秒に短縮。
    Virtue of Resolve:クールダウンタイムが45秒に短縮。
    Virtue of Courage:クールダウンタイムが60秒に短縮。戦闘中でないのNPCのスタン解除ができなくなりました。
    Ring of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
    Line of Warding:敵をノックバックさせる対象の数が10になりました。
    「Save Yourselves!」:クールダウンタイムが50秒に短縮。
    「Hold Line!」:クールダウンタイムが30秒に短縮。
    「Retreat!」:クールダウンタイムが30秒に短縮。
    「"Stand Your Ground!」:このスキルが適用されるStabilityの持続時間は6秒に増加しました。
    True Shot:ダメージが20%低減。
    Deflecting Shot:基本ダメージが17%増加。
    Symbol of Energy:ダメージが25%増加。
    Hunter’s Ward:4発目の攻撃に打たれている場合にのみ、敵に障壁を作成する変更を行っています。
            このスキルによって作成された障壁は、4発目の攻撃によってマークされている敵を停止します。
            また、4発目の攻撃ダメージが33%増加しています。攻撃範囲の持続時間は5秒に、このスキルのクールダウンは40秒に短縮されました。
            敵の範囲攻撃と判別がつくよう、赤いリングを追加しました。
    Test of Faith:トラップの対象上限を10とし、10の対象にヒットした場合トラップが消えます、また、ダメージが7%削減しました。

    ◆メスマー◆

    この四半期はScepterに少し注目していて、ハイブリッドで多様性を持たせる方向で押し出していきます。。
    全体的なダメージ増加および、いくつかのアニメーションの変更とクールダウンタイムの削減が行われています。
    また、Malicious Sorceryはさらに高い攻撃速度ボーナスを提供します(ただし、ツールチップの値は変更されません)。
    chronomancerはクールダウンタイム削減、個人の乗り気へのアクセスの改善と、いくつかの変更がありました。
    (※乗り気ってなんだよ!訳せないYo!)

    Feedback:このスキルのためのコンボringのスキル表示問題を修正しました。
    Ether Bolt:キャスト後発生時間を0.16秒削減。
    Ether Blasty:キャスト後発生時間を0.28秒削減。
    Ether Clone:キャスト後発生時間を0.45秒削減。また、直接攻撃のみとなります。
    CounterSpell:クールダウンを8秒に短縮。攻撃がブロックされたときのダメージが50%増加。攻撃の活性化時間を0.2秒短縮。キャスト後発生時間が0.24秒短縮。
    Confusing Images:ダメージ20%増加。
    Illusionary Riposite:クールダウンタイムが12秒に削減。攻撃の活性化時間は、0.4秒に短縮。 キャスト後の発生時間が1秒短縮。
    Restorative Mantras:効果範囲がわかるように、青い円周が出るようになりました。
    Well of Actions:クールダウンタイムが25秒に短縮。
    Well of Precognition:クールダウンタイムが30秒に短縮。
    Well of Recall:クールダウンタイムが35秒に短縮。
    Flow of Time:この特性による乗り気は、illusion shattered一人につき1秒になりました。


    ◆ネクロマンサー◆

    ネクロマンサーは遠く広く、ゲーム全体に輝かしい道を示してきました。
    みなさんがおっしゃる通り、特にChillのアプリケーションと生存能力について、
    私たちはバランスをとる必要があると感じています。

    このアップデートでは、それら基本性能を落とすことにより、ネクロマンサーChillの持続時間を減少させることになります。
    機能は同じままになりますけどね。また、プレイヤーはInfusing Terrorの持続時間の確認ができるようになります。
    武装に関しては、オフハンド武器のクールダウン削減をしています。

    Well of Corruptionは地面から破裂しているような視覚効果に見合うよう、音声を変更しました。

    すべてのBon Fiend 発射スキルは弾丸のように聞こえるように音声を変更しました。

    Lich Form-Mark of Horror:敵1人がMarkを発動した場合にもAoEが適正に発動されるようにしました。
    Spectral Wall:敵に恐怖を与える対象数が10になりました。
    Reapers Touch:クールダウンタイムが15秒に短縮。
    Spinal Shivers:2boon除去時のダメージを25%、3boon除去時のダメージを40%、増加しました。
    Deathly Swarm:ミサイル速度を100%増加。キャストタイムを0.2秒増加。
    Well of Power:クールダウンタイムが40秒に短縮。
    Well of Darkness:クールダウンタイムを45秒に短縮。
    Well of Blood:クールダウンタイムを35秒に短縮。
    Ritual of Life:クールダウンタイムを35秒に短縮。
    Infusing Terror:このスキルの有効期間を5秒に削減。クールダウンタイムを25秒に増加しました。
    Soul Spiral:6発にヒット数を減らしました。
    Executioners Scythe:冷凍フィールド展開時間が4秒に減少。
    「Chilling to the Bone!」:冷却持続時間を4秒に短縮。
    Chilling Nova:冷却持続時間は1.5秒に短縮。
    Shivers of Dread:冷却持続時間は2秒に短縮。
    Deathly Chill:ダメージを与えるためにChillが起因せず、敵にChillを適用するたびに8秒の出血が付加されます。

    ◆レンジャー◆

    沈黙を守っておりましたが、一つの発表ができることを喜ばしく思っています。
    それは、プレイヤーが制御しづらくて人気のない、メイン剣でのオートアタックについて、
    新しいアニメーションを適用するということです。

    それに加えて、レンジャーの利用されていない武器のいくつかのスキルを更新します。
    ショートボウは、物理ダメージの向上だけでなく、様々なスキルにいくつかの改良された二次的な影響を受けています。
    メイン斧はcondition 改善の動作、オフハンドで範囲攻撃のアニメーションについて変更がありました。
    また、「Search and Rescue!」はよく使われていますがちょっと強すぎる気がしています。
    私たちはリチャージタイムの増加とシャウト範囲の減少により、戦略に基づくチョイスがされるようにしました。

    我々は、標準的なシャウト範囲に、その範囲を削減し、その充電時間を増加させることにより、
    このより戦術的な選択をすることになります。

    Sublime Conversion:スキル発動のためのコンボリングが敵に見えてしまっていた問題を修正しました。
    Viper’s Nest::オフセット時に表示するためのコンボリングが敵に見えてしまっていた問題を修正しました。
    Kick (剣コンボ2):スキル名を「Crippling Thrust」に変更。アニメーション変更。スキルを発動しながら移動できるようになります。
    Reap (剣コンボ3):スキル名を「Precision Swipe」に変更。アニメーション変更。スキルを発動しながら移動できるようになります。
    Poison Volley:適用される毒ダメージの持続時間を5秒に増加。攻撃一発あたりの物理ダメージを150%増加。
    Quick Shot:Swiftnessの持続時間を9秒に増加。ダメージが20%増加。この効果は、Swiftness増加はショットごとに一度しか発動しません。
          (以前TraitのLight on Your Feetを使用中の場合は複数回トリガしてました)。
    Crippling Shot:クリップル時間を4秒に増加。ベースダメージを100%増加。ペット出血持続時間は12秒に増加。
    Concussion Shot:スタンとdaze持続時間を2秒に増加。
    Ricochet:持続時間は5秒に増加している可能性があります。0.1秒キャストポイントを増加。キャスト後発動時間を0.16秒短縮。
    Winters Bite:冷却持続時間は4秒に増加し、3スタック、出血5秒の効果はそのままです。 キャスト後発動時間は0.32秒短縮。
    Path of Scars:位置指定スキルになったため、最大値よりも短い距離で発動することができます。
    Whirling Defense:speedが50%増加し、Quikenessにスケーリングします。攻撃あたりのダメージが100%増加。
    「Search and Rescue!」:シャウト半径を正規化しました。範囲が600になります。また、クールダウンを60秒に増加。
    Fortifying Bond:ペットに適用される怒りの持続時間は5秒に増加。保護期間は3秒増加。再生時間は6秒に増加。Swiftness時間は6秒も増加。Quickness時間は2.5秒に増加。Stability時間は5秒に増加。
    「Protect Me!」:戦闘中でないNPCのスタン解除をしないように調整。

    ◆レヴナント◆

    この四半期のバランスの変更はシーフスタンスの守備性能の若干の低下と、
    Ventaris Tabletおよびオフハンド剣の性能向上に重点を置いています。
    シーフスタンスはとらえどころがなく、全体的に生存能力が高かったことが予想されます。

    Protective Solace:、このスキルのためのコンボリングが目に見えてしまっていた問題を修正しました。
    Riposting Shadows:能力を25に減少。
    Precision Strike:クールダウンタイム5秒に増加。スキル範囲を450に減少。
    Duelists Preparation -Shackling Wave:固定化時間は2.5秒に増加。このスキルはデュエリストの準備の過程で自然に利用できるようになりました。
         攻撃をブロックすると、ブロッキングの持続時間を超えたスキルの可用性を拡張します。
    Grasping Shadow:攻撃が当たったとき、レヴナント本体に6秒のfuryを付加し、敵に3秒のChillを付与します。
    Enchanted Daggers:短剣からのHealingが5%削減。
    Project Tranquility:スキルコストが5エネルギーに減少。
    Ventaris Will:瞬時発動になりました。クールダウンタイムが4秒に増加。
    Natural Harmony:ヒール発動時間が1秒に削減。 Healing Powerの影響量を33%増加。
    Energy Expulsion:瞬時発動ですが、発動に1秒の遅延があります。

    ◆シーフ◆

    シーフは、様々な変化をうけてきたクラスのひとつです。
    また、短剣と剣を、ピストルとのバランスをとり自然に良いお供にしていく方向で改良を加えました。
    Survivabilityは少し強くなり、Traitsとスキルによっては
    治癒スキルや、Condition解除、活力、そしてHealingを提供するようになりました。
    Larcenous StrikeとBountifil Theftは追加のboonを削除するという大きな修正を享受しました。
    私たちは、この修正の有効性を監視し、必要に応じてそれに応じて調整していきます。

    Vital Shot:キャスト後発動時間を0.6秒削減。
    Body Shot:キャスト後発動時間を0.16秒削減。
    Unload:敵に当たったとき、8秒間のmightを1スタック付与します。
    Heartseeker:現在、QuicknessおよびSlowによる影響を受けることになります。
    Weakening Charge:QuicknessとSlowの影響を受けることになります。
    Dust Strike:1ヒットあたりのvulnerabilityを5スタック適用します。また、このスキルが複数回攻撃するバグを修正。
    Larcenous Strike:このスキルによって盗めるブーンズの数が2に増加、イニシアチブのコストが2に増加。
    Withdraw:他の除去に加えて、tormentを取り除きます。
    Hide in Shadows:他の除去に加えて、混乱を削除します。 再生の持続時間を6秒に増加。
    Skelk Venom:毒攻撃のための基本治癒量が40%増加しました。両方の初期癒し、毒攻撃のためのHealingの寄与は50%増加。
    Expeditious Dodger:Swiftnessの持続時間が6秒に増加。
    Pain Response:クールダウンが16秒に短縮。
    Vigorous Recovery:このTraitsの活力の持続時間が10秒に増加。
    Swindlers Equilibrium:剣を振り回すダメージが7%に増加しました。
    Lead Attacks:このTraitは作り直され、15秒間費やしてイニシアチブごとに1%のダメージやConditionダメージが
           付与されています。この効果は、15%の最大値を有します。
    Bountiful Theft:盗まれたboonの数が3に増加し、追加でVigorを適用します。
    Consume Plasma:この盗まれた能力は現在2.5秒の耐性を付与するが、Quicknessは適用されません。スキルの内容説明を更新。
    Throw Gunk:位置指定スキルになりました。内容説明に半径を追加。コンボフィールドのエフェクトと敵に見えるリングのエフェクトを追加。

    ◆ウォーリアー◆

    ウォーリアーの攻撃とダメージの可能性には概ね満足していますが
    対人戦で防衛戦における生存性能と耐久性が不足していると考えています。
    私たちは、ウォーリアーが拠点防衛力の特化も可能にできる方向性も模索しています。
    Stability付与のユーティリティについて焦点を当て、新しいStabilityクールダウンおよび
    ライン防衛での有意義な増加を得ています。
    Adrenal Healthは、アドレナリンを維持するためだけの地味なスキルではなくなり
    着陸時に強いHealing効果のバーストをするアビリティになっています

    Dual Shot:ダメージが33%増加。
    Fan of Fire:燃焼持続時間を3秒に増加。物理ダメージが10%増加。
    Smoldering Arrow:クールダウンタイムが12秒に短縮。
    Pin Down:ダメージが10%増加。
    Eviscerate:運動妨害の影響を受けないようにしました。
    Gun Flame:物理ダメージを20%削減。敵に2回ヒットしていた問題を修正。非貫通のAoE効果攻撃になります。
          バーストマスタリーTrait使用中の、ツールチップの表示ダメージが少なかった問題を修正。
    Dolyak Signet:クールダウンが40秒に短縮。
    Balanced Stance:Swiftnessおよび、3秒間隔のStabilityが2スタック、あわせて2種類の強化が適用されます。
    Throw Bolas:クールダウンは16秒に短縮。
    Kick:クールダウンは12秒に短縮。
    Bull's Charge:ノックダウン効果時間を3秒に増加。
    stomp:位置指定スキルになりました。移動距離を450に変更。Stability独自の初期スタックに加え、攻撃がヒットした人数につき5秒間のStabilityを1スタック付与します。クールダウンは40秒に短縮。
    Thick Skin:Healthしきい値が75%からに減少。増加するToughnessの最大値が180に増加。
    Dogged March:再生時間は6秒に増加。
    Cull the Weak:弱点アプリケーションのためのHealthしきい値を33%に増加。
    Defy Pain:Endure Painを起動するためのHealthしきい値が50%に増加。
    Quick Breathing:warhornスキル使用によるでCondition解除の数を2つに増加。
    Adrenal Health:内容変更されています。消費したアドレナリンのレベルごとに、15秒間にわたって回復するAdrenal Health独自ののインスタンスを得ます。この効果は3回までスタックします。


    その他BALANCE、バグ修正、AND POLISH

    (※アイテムの細かい修正なのでry)


  • 広告
  • ぎるうぉにトラベログ。Guildwars2 - 2016/4/19 PatchNote 日本語翻訳 1/2

    2016-04-24 04:11

    ※Twitchへ夜逃げしました。URLはこちら。
    https://www.twitch.tv/shrike_k/profile

    Guildwars2、2016/4/19パッチノート詳細訳しました。
    長すぎて力尽きたので、WvWとスキル調整はまた来週にでも。



    原文はこちら。
    https://forum-en.guildwars2.com/forum/info/updates/Game-Update-Notes-April-19-2016

     ①もちろん非公式。これみて何かやってなんか起こってもシラナイヨ。
     ②バグ修正は割愛。
     ③意訳超訳誤訳、類似項目を雑にまとめてあったり、訳せないところは翻訳そのまま。
     ④(※~~~~)という表現は翻訳者もずぺさんの私見コメント。

    悪しからず!


    あらためてまじめに訳してみると、開発の神っぷりがね…。ね
    これ、2月の大型パッチの後にあててるからね。

    英語だからと言ってやらないのはもったいないよね。
    みんなもぎるうぉにやろうぜ!


    ◆◆◆Heart of Maguumaの報酬と経験値について◆◆◆
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Heart of Maguumaマップの報酬は、マップ上のすべてのコンテンツを通し、よりたくさんの
    報酬を提供することに焦点を当て、大幅な調整を行いました。
    これにより、マップ内の探査やソロプレイのやりがいが上がっていますよ。
    これらの変更の多くは、マップイベント構造の変化と協調して行われ、一般的な変更も行われました。
    また、いくつかの新しい報酬もティリアのみんなのために追加したよ。
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ・生物キルによる経験値50%増加

    ・新エリアのマップイベントは、報酬のために収穫逓減の対象となりません。

    ・マップ全体のプログレスバー(“Securing Verdant Brink,” “Defending Tarir,” “Advancing Across Tangled Roots”)を今後使用せず、個々のイベントごとに管理されるようになります。
    これらは、経験値、地図通貨、宝箱のカギ、および他のグッズが個別に出るようになっています。

    ・イベントから来る報酬は調整され、イベントの連続参加がしやすいように
    イベント中にもらえるバッグの量を調整しました(※増えたか減ったかのバランスは知らない)。

    ・すべてのマップは、イベントチェーンを完了するためにそれらの適切な通貨とキーの多くを与える必要があり、
    イベントチェーンを完了しつつ、新しい宝箱が表示されます。

    ・マップボスを倒したときにもらえる新しいアイテムが追加されました。
    アセンデッドクラフト材料、コレクションの通貨、およびその他の貴重品などなど。

    ・マップ中のマスタリー・ベンダーはあなたのために新しいプレゼントを準備しています。
    みなさんは、自分のホームインスタンスに内にあるExaltedChest、サプライキャッシュ、飛行船貨物
    (要はレイド中の道中に出てくるアイテム)を取ることができます。
    これらは、1日に1回明けることができ、3つのキーがでてきます。

    ・全体的にマップを歩き回りやすくして経験値あげたーよ(※雑にいえば)。


    ◆◆◆Heart of Maguumaのマップ変化について◆◆◆
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------
    開発チームはゲームプレイをしなおし、Maguuma内を駆けずり回るなかで
    個別イベントの導線にマップイベントを巻き込むことで無料プレイヤーなど
    「ソロでイベントをやりたいができなくて困っているプレイヤー」を
    自然にワイワイプレイする中で救済できるよう再考、マップイベントの報酬をを刷新しました。
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ◆◆Verdant Brink◆◆

    ◆イベントについて◆

    ・昼間のマップ報酬構造が変更されました。昼間の報酬は、イベントを通じての代わりに、
    マップ全体のプログレスバーを介して漸増配られます。

    ・“Night and the Enemy” メタイベント中、すべてのウェイポイントは常時使用可能にしました。
    以前は、利用可能なウェイポイントの数は、昼間の期間中に、各ミニイベントの進行次第だったけど止めました。

    ・最高のセキュリティレベルで夜間相を完了するようになりました。
    ブレード付きアーマーセットからプレイヤーに機器の彼らの選択を授与します。

    ・以下のイベントを完了させるために必要なアイテム数を減少させました
    (参加人数によってスケーリングはするけどね)。
    また、イベント時のNPC迷子やグリッチ、イベント進行速度などの様々な改善を行いました。

    “Salvage damaged armaments to build bombs”
    “Salvage supplies from the Ordnance Corps airship wreckage”
    “Escort rescued nobles to the Pact crash site” - NPCグリッチ改善
    “Salvage scrap from the crashed Pact airship for Bongo to reinforce the outpost”
    “Keep enemies away from Skybreaker while she plants explosives”  - イベント進行速度UP
    “Kill the rampaging Mordrem” - 出てくるモンスをチャンピオン→ベテランに

    ・昼マップ限定のこれらのイベントは夜マップ中に発生しないようにしました。
     夜になるとクエスト失敗になるのできをつけてね。
    “Clear hostiles from the nobles’ crash site”
    “Clear hostiles from the Ordnance Corps outpost”
    “Destroy the Mordrem breachers to cut off enemy reinforcements”
    “Defeat the Mordrem invaders to clear the village”
    “Clear the Pact Camp of Mordrem”

    ・LaranthirPale Reaversは夜明けに削除されます。

    ・Jaka Itzelと協定の前哨基地を殲滅するための、復活するベテランMordremを追加しました。

    ・Itzelハントイベントについて、前哨基地ができた後も反復できるようにしました。
    ・前哨基地ができた後も反復可能な、生存者救出イベントを追加しました。
    ・前哨基地ができた後も反復可能な、破損した巻きひげのイベントを追加しました。

    ・ノーブルレッジ領域の周りのベテランのイベントを追加しました。
    ・ブロークンブラッフス領域の周りのベテランのイベントを追加しました。
    ・ドライステップメサ領域の周りにベテランのイベントを追加しました。
    ・ブロークンブラッフス領域の周囲の反復イベントの再スタート時間を減少させました。

    ◆ウェイポイントについて◆

    ・ウェイポイントはイベントの進行により使用不能にならない(なりづらい)よう、調整しました。
    この変更に対応するためにウェイポイントが少し移動しています。
    ※「なりづらい」という表記をつけてるのは、ウェイポイントによっては、付近を巻き込む
     一部イベントが発生する地域はいままで通り紛争中となって使用できないよという注釈があったので。


    ◆そのほかいろいろ◆

    ・はじめてのぼうけん対策(街道沿いの敵のポップ量調整)

    ・Canopyイベントのボスを倒すことで与えられた宝箱はバールを不要にしました。

    ・メタイベント順路を変更したため、AirshipCargoの分布を調整。

    ・Itzelマスタリー習得ベンダーが2体いる場所の近くにthe Bladed armorセットを売るNPCを追加しました。

    ・Nuhoch習得ベンダーの近くに、Chakの武器セットを売るNPCを追加しました。


    ◆ヒーローチャレンジ◆
    ・Coztic Itzel:プレシジョンストライクのスキルを調整しました。3発目の装甲ダウン攻撃の火力調整
    ・Coztic Itzel:スプレッドショットのスキルを調整しました。5発の弾が同キャラに重なってあたらないようにしました
    ・セキュリティコンソール:ゴーレムの拳による引っ張りスキルについて、中心AoE→前方範囲にしました。
    このスキルはゴーレムの前にいるプレイヤーのみを引っ張ります。


    ◆◆Auric Basin◆◆

    ◆イベント◆

    ・ “Trial by Fire” メタイベントが始まるとExalted Armor Challengesは、常に利用可能な防具の最大数からはじまります。
    新しいマップがこの間に始まった場合、Exalted Armor Challengesは始まりません。

    ・ “Trial by Fire” メタイベント中のExalted Armor Challengesへの参加は、グローバルマップの進捗と
     関連性を持たせるようにしました(※Exalted Armor Challengesやると、TrialbyFireの進行状況も上がるってことかな)。

    ・次のイベントは、現在のマップに向かってプレイヤー参加の増加量を与えます:
    “Destroy the vines blocking Tarir’s entrance”
    “Defeat the mustering Mordrem before the attack on Tarir begins”
    “Slay the octovine!”


    ・“Slay the octovine!”イベント参加1回につき、プレイヤーは報酬対象権を1つ得て
    終了時に改良された新報酬を1回分受け取る形になります。


    ・“Defending Tarir”イベントの報酬構造が変更されました。
    このフェーズ中の報酬は現在、イベント中を通じて報酬が漸増し、まとめて配られます。
    報酬のSmall Exalted Chestは、前哨基地と鉄塔の近くに見つけることができます。


    ・"Patrolling vinetooth"イベントはNorthwatchDescent、WestwatchPatch、BristlebackChasm、および
    SouthwatchCreep(※つまり各メタイベントの導線?)の近くに追加されました。

    ・Maguuma Shallows, Weeping Glade, and the Fallsに12箇所の湧き水精製イベントを追加しました。
     →Maguumaガーディアン効果は。各Maguuma Spring濾過の効果を3分延長させます。
      ちなみに、
      Maguuma Shallowsでの
      “Destroy the vinewraths and their Mordrem infestation so Scholar Keenwit can complete the druid ritual”イベントの
      最中も3分の湧き水効果の持続時間にカウントされます。

    ・“Trial by Fire”メタイベント中に各都市の門の外で発生する
    “Defeat the mustering Mordrem before the attack on Tarir begins”イベントを追加。
     →これらのイベントを生き残ったベテランMordrem Guardは
      その後“Battle in Tarir”メタイベントで街門の警備に参加します。

    ・Falls, Burnisher Quarry, and Bristleback Chasmに近い3つのステルスターゲットイベントを追加しました。

    ・“Destroy the vines blocking Tarir’s north/south/east/west entrance”イベントは
    正常にグループイベントとして認識されるようになります

    ・イベントクリーチャーの規模は
    “Protect skritt foragers as they return with supplies from the jungle”イベントの成果により
    規模が縮小されるようになります。


    ◆ウェイポイント◆

    ・うごかしたわ。(※雑にry)


    ◆そのほかいろいろ◆

    ・InnerCamberの位置を調整しました建物外からタシーロできちゃってたからね。

    ・“Battle in Tarir”メタイベントの開始とenchanted armors用のAFKタイマーの開始のタイミングを連動させました。
     →Northwatch Descent付近の、Enchanted armorのための境界を拡張しました。
      Suspicious Orichalcum Node herochallengeの導線を含むようにしたよ。
     →enchanted armorをつけた状態でメタイベントの境界に来た際、
      プレイヤーが引き返せるような警告メッセージを追加。

    ・Inner Chamberに入る条件をExalted Markingsのマスタリー取得だけにしたよ。

    ・Itzel習得ベンダー近くに Bladed armor setを売るNPCを追加。
    ・Nuhoch習得ベンダーの近くにChak weapon set.NPCを追加。


    ・12個のhidden chestsを追加。これで、マップ上の合計が24個になるね。


    ◆ヒーローチャレンジ◆

    ・“Hero Challenge: Defeat the Tarnished Sage”はTarirの下の空き部屋へ移動されました。


    ◆◆Tangled Depths◆◆


    ◆イベント◆
    “King of the Jungle”メタイベント、の一部報酬構造(チャクの支配者への成長段階)を変更しました。
    このフェーズの報酬は、イベントを通じて。マップ全体のプログレスバーに応じて少しづつ配られます。

    ・成長段階からChak gerantレーンを別のイベント扱いに切り離し。
    オーガレーン内のジャンプキノコとボーナスeggを除く、Nuhochレーンの対応するボーナスを削除しました。

    ・chak gerentレーンについて、初めからちゃんとやらないと報酬が100%もらえないようにしたよ。
     レーンサボる人が多かったからね。

    ・defiance barが壊れていると、chak gerentはダメージを受けるようになりました。

    ・chak gerentレーンのイベント難度を調整。

    ・前哨基地の建設フェーズ後、ソロプレイヤーのためのいくつかの新しいイベントを追加しました。

    ・イベント調整
    “Protect the newly hatched beetle larvae until they reach a stable population”
    “Defend the beetle larvae as they search for a place to metamorphose”

    ・建設フェーズ後の各チャンピオンイベントの導線を修正。

    ・イベント参加プレイヤー数による敵増加数(※スケーリングという表現してるけど)の修正など
    “Join Shrael Backstab on his recon mission” -イベント貢献度(ブロンズ、シルバー、ゴールド)の要件も修正。
    “Kill nearby mushrooms to provide the Nuhoch’s beetles with food”
    “Lure the beetles near mushrooms to calm them by releasing spores from nodules”
     - あと、おまいら向けの餌もつりさげといたよ(※クエスト名とかけて、追加報酬をにおわせてるのかな。)。

    ・“Protect Zildi while she hacks the defense matrix”イベントの参加要件と、
    イベント参加のしきい値の要件(ブロンズ、シルバー、金)を受け取る方法を調整。

    ・“Collect spore samples and turn them in to Kott’s Assistant”イベントのイベント受注範囲を変更しました。
     タイマーも増加しています。

    ◆そのたいろいろ◆
    ・Nuhoch Alchemyマスタリー取得している場合、無神経なChakがプレイヤー速度に影響を与えることはありません(※スタック関連?)。

    ・Itzel習得ベンダー近くにry(※そろそろ割愛してもいいよね)
    ・2匹のNuhoch習得ベンダー近くにry

    ・自然の生き物といくつかのヘイトの問題修正。

    ・サプライキャッシュの数を倍増しました。

    ・レーン防衛の成果はメタイベント参加者全体の成果に連動します。
     どこかレーンのgerantがやられることでプレイヤーすべての報酬に影響するってことね。


    ◆◆Dragon’s Stand◆◆

    ◆イベント◆

    ・残り時間15分~25分以下での勝利時、タイマーが増加するようになります。

    ・1日1回使用可能な新しい報酬アイテムが、Mordremoth’s cacheに追加されました。


    ◆そのほかいろいろ◆

    ・Central Advance Camp制圧後、Juvenile Electric Wyvern petをワイバーンの巣から入手可能です。

    ・Juvenile Tigerは、Mordremoth Maw(メタイベントボス)の討伐後マップ状態により隠れてしまうことがなくなります。

    ・Noxious podsをピッカピカにみがきあげたよ。すっごいみえるよ。

    ・すべてのエリアのBlighting Treesは、ボス沸き中もロックが解除されます。

    ・Pact Base CampでのWhispers Keeperは、Mordremoth’s Vantageのサービスを兼任します。

    ・Whispers Keeperは各種HoT宝箱カギ(Ley-Line Crystals, Piles of Auric Dust, Airship Parts, and Crystalline Ore.)と引き換えに
    Leystone armor pieceの箱を販売しています。

    ・地図通貨ベンダー近くに、Leystoneアーマーセットを販売するNPCを追加しました。

    ・Noxious podsは。それら(※なんだかわからん)が連合軍によって捕獲されたとき、前方キャンプ、事前キャンプの近くに出現します。
    追加のNoxious podsは、プレイヤーが入手した追加の各連合軍ごとに利用できるようになります。(※うーんこの訳)


    ◆◆◆HEART OF MAGUUMAのAdventuresについて◆◆◆
    --------------------------------------------------------------------------------------
    Adventuresのアンロックしやすくしました。
    時間をしっかり割いてくれるプレイヤーがより容易に報酬を取得できます。
    みなさんも、それらをコンプリートしTierをあげる間に色々な経験を得ることになるでしょう。
    --------------------------------------------------------------------------------------

    ◆Adventuresのアンロックについて◆

    ・Verdant BrinkでのTendril Torchers and Salvage Pitについて
    昼間もロックが解除されたままにするように変更されました。

    ・Verdant BrinkでのShooting Gallery adventureについて
    一日のほとんどの間、ロックを解除するように変更されました:
     →具体的には以下のイベント中。
      “Defend the Pact encampment against hylek attacks”
      “Salvage scrap from the crashed Pact airship for Bongo to reinforce the outpost”
      “Help Faren train to be a swordsmaster”

    ・Auric Basinでのアドベンチャーはほぼ常時ロックを解除しました(“Battle in Tarir”メタイベント中を除く。)


    ・Tangled DepthでのBeetle Feast and Scrap Rifle Field Test adventuresについて
     Chak gerentが存在しないときも利用できるようにしました。


    ◆時間制限について◆

    Bugs in the Branches:制限時間に5秒を追加しました。
    Shooting Gallery:制限時間に30秒を追加しました。
    Fallen Masks:制限時間に15秒を追加しました。
    On Wings of Gold:ノースゲートの近くに上昇気流を追加し、スタート地点へのアクセスを改善。
    A Fungus Among Us:ゴールドランクの所要時間を1分25秒に変更しました。
    The Floor Is Lava?:制限時間に15秒を追加。
    Haywire Punch-o-Matic Battle:制限時間に5秒を追加。また、地図上のマーカーを追加しました。
    Sanctum Scramble:ゴールドランクの所要時間を2分35秒変更しました。
    Scrap Rifle Field Test:地図上のマーカーを追加しました。


    ◆報酬について◆

    毎日やることで経験値が増加していきます。


    ◆◆◆報酬全体について◆◆◆
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------
    デイリーを刷新。

    定食ローテーションのバリエーション増加、新たなジャンピングパズル、各種ダンジョンクリアを
    デイリーのレギュラーローテーションに追加しました。

    これらの変更。―つまり、デイリー完遂のための新しいゴールド報酬の新しい基準は、
    コンテンツ消化の多様性を持たせ、あなたに新しい冒険を提案することになります。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------

    ・デイリーメタイベントを完了すると、さらに2ゴールドが追加報酬としてプレイヤーに与えられます。

    ・以下の新しいデイリーが追加されています。

    Daily Verdant Brink Event Completer
    Daily Auric Basin Event Completer
    Daily Tangled Depths Event Completer
    Daily Dragon’s Stand Event Completer
    Daily Heart of Maguuma Miner
    Daily Heart of Maguuma Lumberer
    Daily Heart of Maguuma Forager
    Daily Heart of Maguuma Vista Viewer

    Earn bronze or better in these adventures:
     →A Fungus Among Us
     →Beetle Feast
     →Bugs in the Branches
     →Drone Race
     →Fallen Masks
     →Flying Circus
     →Haywire Punch-o-Matic Battle
     →On Wings of Gold
     →Sanctum Scramble
     →Scrap Rifle Field Test
     →Shooting Gallery
     →Tendril Torchers
     →The Floor Is Lava?
     →The Ley-Line Run

    Complete daily jumping-puzzle achievements:
     →Antre of Adjournment
     →Behem Gauntlet
     →Branded Mine
     →Buried Archives
     →Chaos Crystal Cavern
     →Coddler’s Cove
     →Conundrum Cubed
     →Crash Site
     →Craze’s Folly
     →Crimson Plateau
     →Dark Reverie
     →Demongrub Pits
     →Fawcett’s Bounty
     →Goemm’s Lab
     →Grendich Gamble
     →Griffonrook Run
     →Hexfoundry
     →Hidden Garden
     →King Jalis’s Refuge
     →Loreclaw Expanse
     →Morgan’s Leap
     →Only Zuhl
     →Pig Iron Quarry
     →Professor Portmatt’s Lab
     →Scavenger’s Chasm
     →Shaman’s Rookery
     →Shattered Ice Ruins
     →Skipping Stones
     →Spekk’s Lab
     →Spelunker’s Delve
     →Swashbuckler’s Cove
     →The Collapsed Observatory
     →Tribulation Caverns
     →Tribulation Rift
     →Under New Management
     →Urmaug’s Secret
     →Vizier’s Tower
     →Wall Breach Blitz
     →Weyandt’s Revenge

    Complete daily minidungeon achievements:
     →Bad Neighborhood
     →Don’t Touch the Shiny
     →Forgotten Stream
     →Forsaken Fortune
     →Goff’s Loot
     →Grounded
     →Magellan’s Memento
     →Rebel’s Seclusion
     →Ship of Sorrows
     →Tears of Itlaocol
     →The Long Way Around
     →Vexa’s Lab
     →Windy Cave

    Complete 1 explorable path from a dungeon:
     →Ascalonian Catacombs
     →Caudecus’s Manor
     →Twilight Arbor
     →Sorrow’s Embrace
     →Citadel of Flame
     →Honor of the Waves
     →Crucible of Eternity
     →The Ruined City of Arah


    ・各Specializationのためのユニークな武器のためのコレクションは、
     代わりにSilverの必要なAdventureでBronzeを必要とします。

    ・新しい反復可能なダンジョンの報酬が追加されました。以下の◆◆◆ダンジョンについて◆◆◆を参照してください。


    ◆◆◆ダンジョンについて◆◆◆
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    私たちは、おかねとトークンの両方を含むダンジョンの報酬を増加させました。
    また、みなさんをデイリーのように同じダンジョンに縛り付けることを好ましくないと考え
    いつでも都合の良いときに好きなダンジョンランナーになってもらうために
    複数のダンジョンのパスを完成奨励として反復しやすくし、報酬を提供します。
    ---------------------------------------------------------------------------------------

    ・8つのユニークなダンジョンパスを完了するため、反復可能な新リワードを追加しました。

    ・このリワードを達成すると、5金と自分の好きなダンジョンの150トークンが得られます。

    ・各ダンジョンのパスが完了した際のデイリーのボーナス箱で与えられるダンジョントークンは
    以前(40~80トークン)より増加しています。

    ・すべてのAetherblade Weaponは Twilight Arborダンジョンのexplorable-mode・Aetherbladeパスの最後、
    Clockheartのボスを倒した後に授与され、頻繁にドロップするようにしました。


    ◆◆◆フラクタルオブザミストについて◆◆◆


    ◆Ad Infinitum◆

    伝説のバックパックを得るための、Ad Infinitumのクエストに参加することができるようになりました!
    一度それらは結合していない状態に細工されているため、Kelveiに話せば、旅の最後の部分である
    第四のコレクションのロックを解除することができます。


    ◆階層について◆

    ・フラクタルの階層が分かりやすくなるよう表現を変更しています。
     Casual Tier →Initiate tier …1~25
     Core Tier  →Adept tier   …26~50
     Elite Tier  →Expert tier  …51~75
             Master tier  …76~100 (ふたつにわけました)

    ・グループを探すUIを、これらの変更に対応。


    ◆実績◆

    ・私たちは、フラクタルデイリーを一新しました。
    新しいデイリーは、より高いスケールでフラクタルを完了した際、累積報酬を与えることによって、
    みなさんのスキルレベルに適切なフラクタルを完了することを奨励する設計としています。


    ・毎日、デイリー完遂のための、3つの適切な指定層がプレイヤーに与えられます。
    それは1層以上, 26層以上, 51層以上, もしくは76層以上のどこかになります。
    推奨される指定層が上昇させることで、下位Tierのクリアも兼ねることになります。

    例として、62層を一回やるだけで1層以上、26層以上、そして、51層以上を完了したことになるということです。

    また、スケール76以上の達成には、以下の変更がフラクタル成果に対して行われた
    スケール79~91のいずれかで未分類の完全なプレーヤーがいない限り、ロックされたままになります

    また、フラクタルの成果に関して以下の変更が行われています。

    ・既存の毎日のフラクタルアデプト、退役軍人、そしてチャンピオン成果は廃止しました。

    ・作成した新しいTier区分に基づいてデイリーを再構築しています。
     ①高Tierのデイリー層の成果を完了するプレイヤーに対し、下位階層の成果も授与するようにしました。
     ②デイリー宝箱のドロップ率を調整しました。
      →新しい宝箱のドロップ率は根本的に異なっていますが
       Champion Chests of the MistsとVeteran Chests of the Mistsは、古いドロップ率を維持しています。

    ・Elite Veteran Fractal Hero and Elite Master Fractal Heroの名称変更
    Elite Veteran Fractal Hero →Fractal Expert
    Elite Master Fractal Hero →Fractal Master


    ・既存のコアフラクタルヒーローとカジュアルフラクタルヒーロー(1~20、21~50)成果は廃止。
     Initiate(1~25)、Adept(25~50) Heroに差し替え。


    ◆UIについて◆

    フラクタルUIを改善しています。
    ・MistUIのスケール選択時はドロップダウンリストで、フラクタル規模、名前、agony resistanceの推奨量を表示します。
    ・Mistlock ObservatoryからFractal Transit Query UIは現在、「はい」と「いいえ」オプションがあります。

    ◆Mistlockの不安定性について◆
    ------------------------------------------------------------------------------------
    フラクタル高層において、プレイヤーたちは、Mistlockの不安定な影響に苦しんでいます。
    残念ながら、現在の不安定性の多くは、楽しいよりもイライラの元になっているので
    軽減を図るためいくつかのバランスの変更を行っています。
    ------------------------------------------------------------------------------------

    boonFumble   :この不安定性はEndurance回復50%減に置き換えました
    No Pain,No Gain :この不安定性は、敵を殴るたび敵にバフ効果を付与
             (20秒のクールダウンあり、20秒の持続時間を有して3スタックまで減少、最大10スタック蓄積)
    Last Laugh   :爆発の前に表示される警告円の視認性を改善しました。
    Afflicted    :この不安定性は今だけ有害な条件(出血、燃え、苦痛、混乱、毒)を印加します。
              適用条件の時間も調整しています。
    Boon Thieves  :敵は今一度に5ブーンズまで盗みます。この不安定性は、20秒のクールダウンを持っています。
    Social Awkwardness:この不安定性は、現在戦闘中のみ有効です。


    ◆Aetherbladeについて◆

    ・トラップdisablersにガジェットマーカーを追加しました。

    ・フラクタル進行中の、スタックに関する問題を修正しました。


    ◆Aetherbladeボス◆

    注文を与えられたときに適切に「アイ、アイ、キャプテン」発声からファーストメイトHorrikないバグを修正しました。

    ◆Aquatic Ruins◆

    当事者が敗れた前にリセットするボスとの問題を修正しました。

    ◆Cliffside◆
    クリフサイドはクッソ長いフラクタルの一つとなっており
    このアップデートの焦点として、総意としてクソめんどうと言われ続けていた
    この層のメカニックの一部を変更しつつ、より魅力的で手軽な層とすることに重点をおきました。


    ◆Pacing Changes◆
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    より顕著な変化の一つは、最初のボス戦を削除したことです。―なぜ、Archdivinerと二回戦うのか?(※めんどいやろ。)
    プレイヤーはより早くトップに登ることができるように、我々はまた、マップのレイアウトも変更しました。
    また、Aetherbladeフラクタルの数多の風や爆発トラップは無効にすることができ、チェックポイントはより寛容です。
    様々なシールイベントも速く進行します。―かの高層で悪名高く困難であったクソイベントをね。
    具体的に、Cliffside's Pacingに以下の変更を行いました:
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ・最初のArchdivinerの戦いを単純なキルムービーに置き換えます。
    ・フラクタルを通じて新しい、短いパスを作成しました。
    ・chest sealを5にするために必要なヒット数を減少させ、ペース改善をするための仕組みを変更しました。
    ・風と爆発トラップを無効にする機能を追加しました。
    ・風トラップ後に別のハンマーを与えるNPCが追加されました。
    ・敗北した後も、、費やされるプレイヤーの時間の負担を削減するため、チェックポイントを見直しています。
    ・最後のシールから、余分な5打を削除しました。
    ・代わりにフラクタル規模でのスケーリングの腕のイベントの5チャンターが常に存在するように変更を行いました。
    ハンマーは現在、武器のイベントのために健康の代わりに35%を密封するために40%のダメージを与え。
    トラップの脱落する代わりに、100%の75%の健康被害を行うように変更を行いました。
    ハンマーのシールブレイカースキルに欠けていることは、もはやスキルを消費しません。

    ◆Archdivinerボスリワークについて◆

    ・従来はプレイヤー数によってフラクタル規模は増加し、Archdivinerのための戦闘メカニックはほぼ同じままでした。
    そのため、敵はより多くの体力を獲得し、より多くのダメージを与えますが、
    基本的に7層でボスと戦うことは、94層で彼と戦うことと何ら変わりませんでした(不安定性を除き)。
    これは難易度を不必要にあげてダルいだけになるため、思い描くフラクタルの形ではありません。
    このため、Archdivinerとの最終的な戦いについて大きな手直しをしています。
    体力が減少した分、高層へ進むにつれ難易度が高くなり新たな能力を有します。

    たとえば、プレイヤー数が多くなるにつれ、彼をスタンさせるための時間の猶予が少なくなったり、
    破壊することで発動を止められる新しい範囲AoE攻撃を持つようになります。
    また、攻略人数に伴う彼のcageアビリティの遅延AoE攻撃の範囲上昇など、彼の能力のいくつかを改善しました。

    戦いは特に高層においてはるかに魅力的になり、効果的にヘイト管理し回避することを求められます。
    Archdivinerの修正は手直しの始まりにすぎず、我々は将来的に多くのフラクタルボスに対しこの種の調整をする予定です。

    Archdivinerのボス戦に関する変更は以下の通りです:

    ・Archdivinerの体力を大幅に減少させました。
    ・難易度は高層ほど増加します。
    ・高い困難速度でスケール円錐ハンマースラム攻撃を追加しました。
    ・円錐攻撃や破損グランド面積の効果攻撃中に反抗バーのみがアクティブになります。
    ・25~100層時、突入/テレポート攻撃を追加しました。
    ・体力50%以上の際に遠隔攻撃を遮断するスキルを追加(51~100層時は遠隔攻撃反射)。
    ・51~100層時、Backbreakerheavy attackは体力が50%以下になると攻撃パターンを変更します。
    ・76層以上時、Archdiverは体力が25%以下になるとレヴナントのデーモンスタンスを応用し、悪魔の化身なります。
    ・彼の体力現象を補うために、50%の体力で永久保護効果を追加しました。
    ・体力25%以下の時、swiftnessが増加します。
    ・シールスタン時間を5秒から1秒に減少させました。
    ・cultist's hammerがなくなった後の、第2の信者達の襲撃難易度を減少させました。
    ・プレイヤーは最初のカルト信者4人をを攻撃した場合、Archdivinerは即座に戦いに参加します。
    ・プレイヤーはcageされるのを避けることができるようcageの攻撃性能を変更しました。
    ・ノヴァブライトブラスト攻撃のダメージ反射を削除しました。
    ・引き寄せ攻撃のダメージを増加しました。
    ・ケージはTormentを適用します。


    ◆その他の変更◆

    もう一つの大きな問題点として、信者のハンマーのメカニックが分かりづらく、
    多くのプレイヤーが混乱しハンマー役を嫌がったという点です。

    今、ハンマーはハンマーがそれらを破壊したよう色や点滅が変更される、それを拾って任意のプレイヤーの頭の上に
    マーカーが表示されます。これは、視覚的にすべてのプレイヤーが効果バーを見ずにハンマーの危険性を確認でき、
    それはまた、それが簡単に当事者がハンマーを持っている方教えてできるようになります。

    我々はいくつかのその他の変更を加えました:
    ・プレイヤーがハンマーを保持しているときに点滅するハンマーマーカーを追加しました。
    ・ハンマーをピックアップしたときに表示されるマーカーを追加しました。
    ・いくつかのNPCからポイントアニメーションを削除しました。
    ・“Break the arm seals” イベントが完了した後、“Destroy the final seal”イベントに方向を示すマップマーカーを追加しました。
    ・ハンマーを装備している間は絶えず破損が増加し、装備していないとき常に減少するよう変更しました。
    ・Braziersは現在、一定時間燃焼することでクリアできます。
    ・Noviceの名前をFanaticに変更しました。
    ・アームシールイベントのリセットを修正しました。
    ・ボス戦の間、cageの体力はスリップダメージとクリティカルダメージを受けるようになります。
    ・シールバブルシールドの音を変更しました。

    ◆Molten Boss◆
    ・The Champion Molten Effigyは特定の制御効果に影響されず、やや厳しい反抗バーを併設しています。

    ◆Molten Furnace◆
    ・中心部の体力は、スリップダメージとクリティカルダメージを受けるようになります。
    ・ドリルトンネル内で、目に見えないガジェットから攻撃を受けることはなくなります。

    ◆Snowblind◆
    ・アイスエレメンタルの遭遇時、落雷位置の視認性を増加させました。

    ◆Solid Ocean◆
    ・チェックポイントを追加し、ポロリ対策しました。
    ・フラクタル終了後の30秒の待ち時間を削除しました。

    ◆Swanpland◆
    ・Bloomhungerはもはや特定の制御効果に対する免疫ではありません。
    ・モスマンのサイズを25%増加しました。

    ◆Thaumanovaリアクター◆

    ・表示されるポータルの数を減少させました。
    ・ポータルや寮のゲートは、スリップダメージととクリティカルダメージを受けるようになります。
    ・燃える部屋の嘔吐物の効果を正しく示すために性能を修正しました。
    ・冷却棒内で、添加マーカーが失われることを防ぐことができます。
    ・最後の宝箱はautolootedすることができます。
    ・歩道コンソールの近くにチェックポイントを追加しました。

    ◆Uncategorized◆

    ・電源はスリップダメージとクリティカルヒットダメージを受けるようになります。
    ・オールドトムへの反抗バーを追加しました。

    ◆Underground Facility◆

    ・ドレッジパワースーツや暴走アイスエレメンタルボスは、過熱時、追加条件のダメージを受けます。
    ・過熱スキルは。彼らが治癒しようとしたときの条件をクリアすることでボスのスリップダメージ解除から防ぐことができます。
    ・Rabsovichに、表示される前にダメージを与えることはできなくなりました。
    ・プレイヤーは、Dredge Mining Cannonsで強化ドアを破壊する際、ターゲットする必要がありません。

    ◆Urban Battleground◆

    ・攻城兵器は、スリップダメージとクリティカルダメージを受けるようになります。

    ◆Volcanic◆

    ・molten bouldersはターゲットできなくなりました。。
    ・スリックシューズによるmolten boulders攻撃の名称を “Fire Trail”“Crush.”に変更しました
    ・grawlシャーマンからすべての4人の囚人を助けた際のボーナス宝箱はautolootedすることができます。


    ◆◆◆LEGENDARY JOURNEY-CHUKA AND Champawat◆◆◆

    すべての真の狩人は、狩りにより生計を立てています。
    2匹の大きなトラChukaとChampawatのために狩りに乗り出すことで、自分の名前を刻んだ伝説の短弓を作ることができます。

    新しい伝説の旅が利用可能になりました:
    ・Lion’s Archでグランドマスター職人ホッブズに話すことで
     ティリアを通して伝説のトラのペアのための偉大な狩りを開始することができます。

    この旅を完了することで、短弓の前駆体チグリスと伝説の短弓ChukaとChampawatのを作成することができるようになります。
    新しい成果はタイガーの探査カテゴリ-スピリットに追加されました。
    ティリア全体でトラの隠れ家を探すことで、ミニタイガースピリットを獲得することができます。
    ミニタイガースピリットは、この旅を完了するために必要とされていますが、タイガースピリット自体は誰でも利用可能です。


    ◆◆◆LV80ブーストについて◆◆◆

    (※ゲームバランスに関係しないので省略。なんかもらってたので使ったらいろんなアイテムのほかに
    LV80になった新キャラがティリアに降り立った。べんりだよ!)


    ◆◆◆パーティー募集欄の改善◆◆◆
    (※あんま使わないからry)




    ◆◆◆PvP◆◆◆
    ---------------------------------------------------------------------------------
    オフシーズン中に私たちが設定した主な目的は、既存のコンクエストマップ、とくに
    Spirit Watch と Skyhammerを更新することでした。
    私たちは「ベータ版」のタグをつけてこれら2つのマップを解放することで
    全体的なゲームプレイを変更するのに十分な実質的だったと感じています。
    私たちはこれらの変更が意図通りの役割を果たしているかどうか評価してもらうため
    コミュニティを形成したいと思います
    ---------------------------------------------------------------------------------


    次のシーズンのための更新プログラムのいずれか、またはすべて。

    ◆◆既存のマップの変更◆◆

    私たちは、各マップの目標とアップデートの異なるセットを持っていたので、
    それでは、個別にそれらのそれぞれを通って行きましょう。


    ◆Spirit Watch◆  目標:Spirit Watchをより現実的な競争力のあるマップに変更すること。

    -----------------------------------------------------------------------------------------
    競技レベルプレイヤーの助けだけでなく、一般対人戦コミュニティにおいて、そして私たち開発も
    Spirit Watchをもっと作りこむことができると判断し
    (Spirit Watchは、実際にRankedでのプレイ率が高いこともわかっているので)
    secondary mechanic,Spirit Orbの2点にいくつかの調整を行います。
    -----------------------------------------------------------------------------------------

    マップ固有要素の見直し:Spirit Orb

    最初のオーブスポーン時間に変更を加えました、また、オーブのrespawns速度を変更しました。

    これらの変更の理由の一部は、キャプチャポイントでの戦闘にさらに重点を置くことです。
    オーブが出現する回数が減少しているので、より多くの定期的なスイングメカニックのように
    作用する可能性を持っていることを確認してください。その分オーブの価値をあげています。

    また、どの職業でもオーブ運びが平等にできるような一貫性を確立することを望んでいました。
    オーブを保持しているとき、一部の職業は、まったく明確なスキルの利点を有していなかったが、
    一方で特定の職業は、オーブキャリアとしてビルドができるほど、不当な優位性を持っていました。

    したがって、すべての職業が同じ土俵上にたつためにオーブにいくつかの制限を追加しました。
    目標としては、キャプチャ戦を優位に運ぶためにオーブを活用する場合、
    チームでオーブランナーをサポートしていくようなバランスを考えています。

    変更の概要:

    ・Spirit Orbの初期スポーン時間10秒から120秒に変更しました。
    ・キャプチャ成功後の、Spirit Orbの再出現時間を10秒から120秒に変更しました。
    ・ポイントの量を変更したことをあなたのチームがあなたのチームが制御を行い、
    ・SpiritOrbによる制圧時のキャプチャポイントを30~50ポイント
     通常制圧時のキャプチャポイントを15~20ポイントにしました。

    ・トSpirit Orb所持時はスキルロックがかかります。また、付加していたsuperSpeedも解除されます。


    ◆Skyhammer◆ 目標:マップレイアウトに問題に対処し、マップ固有要素を手直し。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Skyhammerの修正はいくつかのイライラ要素と不公平に遍在するマップ固有要素が対象となっています。
    プレイヤーからのフィードバックの助けを借り、我々はいくつかの改善を提案します。
    より多くの明白な問題の根源を特定し解決するため、このオフシーズンにSkyhammerに変更を加えました。

    現実には、もともとSkyhammer上のゲームプレイの戦略的な要素として盛り込んだポロリ要素ですが
    マップ端にひきこもって試合の大部分を過ごし、ポロリを誘発させる合戦を展開することで
    結果的に良い仕事をすることになってしまいました。

    いくつかの職業は、制御不能な方向に選手を強制的に移動させるスキルがあるのでそれだけでただ強となり
    プレイヤースキルや協調はどこへやらとなってしまっていました。
    このように、我々は最終的にポロリ問題からプレイヤーを防ぐ変更を加えることにしました。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------


    マップ固有要素の見直し:Skyhammerプラットフォーム

    Skyhammer問題は、Skyhammerのメカニックそのものでした。
    プレイヤーは特定のビルドでさえあればただ強で、勝敗のカギを握ってしまっていました。

    私たちは試合を通して定期的に起こる一時的なイベントによりギミック動作をする形式にすることで、
    手をこまねいていたSkyhammerの問題に真の意味で対処したいと考えました。
    これにより、私たちはよりバランスの取れた征服力学に沿うSkyhammerを提供できる予定です。
    むしろ常にSkyhammerに対処する義務が感じよりも、プレイヤーはイベントが出てきたときに
    ギミックを動作させ対処するかどうかを決定し、イベントが終了した時点で
    キャプチャ点を中心に戻すことができます。

    変更の概要

    ・ポロリ問題解決のため、マップの端の周囲に障壁を作成しました。
    ・地図上の破壊ポロリパネルの多くを削除しました。
    ・マップからジャンプパッドの大部分を除去、再配置。
    ・ポイントB周囲の環境との経路を調整
    ・Skyhammeギミックを作り直し:
     →Skyhammerギミックは特定の間隔3分、6分、9分、12分で利用できるようになります。
     →Skyhammerプラットフォームは再設計され、一時的な壁を提供するいくつかの破壊可能なオブジェクトが装着されています。
     →Skyhammerガジェットの相互作用によって、キャプチャポイントによって今取得可能です。
     →キャプチャが成功するまで、Skyhammerは爆風で任意の敵にダメージを与え、所有していない任意のキャプチャポイントを
      中立化します。また、1度起動してからしばらくの間、使用できなくなります。
    ・Skyhammerによる砲撃は回避可能です。


    ◆Legacy of the Foefire◆  目標:君主特攻への対策

    -----------------------------------------------------------------------------
    Foefireでの立ち回りとして、領主特攻一択となってしまっているので
    より困難にするために、領主特攻の難度をあげてを調整したいと考えています。
    -----------------------------------------------------------------------------

    ギミック変更:ギルド領主

    生存率を向上させ、防御側チームは領主ラッシュを抑止するためのチャンスを作ります。
    領主は、容易には倒せないような仕様に変更する予定です。
    また、ガードを一人づつ引っ張って倒せないように変更しています。

    変更の概要

    ・領主に反抗バーを追加しました。また、ダウン状態を追加しました。
    ・ダウン状態の領主のためにAoEノックバックスキルを追加しました。
    ・領主のガードが攻撃されたとき、領主付近のNPCがリンクし応戦するようにしました。

    ◆Niflhelの森◆  目標:2点のマイナーな改良を行います。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    森は好評マップなので、変更は軽微なものです。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    ギミック変更:族長UtaheinとSvanir

    我々はSvanirと族長Utaheinは戦闘開始直後はチームでのキャプチャ合戦に集中してもらうために
    地図上に表示されたときのための時間を変更しました。


    変更の概要

    チーフテンUtaheinとSvanirの最初の出現時間を10秒→1分に変更しました。


    ◆◆ビルドの多様性について◆◆
    ----------------------------------------------------------------------------------
    最後のオフシーズンの間に、我々はいくつかのお守りやルーンを取り除くだけでなく、
    新しいもののほんの一握りを追加するなどのPvP装備にいくつかの変更を行いました。
    このオフシーズン、我々はまた、(無料)のPvPビルドパネルに
    新しい4スタットお守りを2つを追加しています。
    ----------------------------------------------------------------------------------

    変更の概要

    ・無効化の印章:10秒→5秒に内部クールダウンを減少。

    二つの新しいお守りを追加しました:

    Destroyer:
    1050パワー
    1050プレシジョン
    560フェロシティ
    560コンディダメージ

    Demolisher:

    1050パワー
    1050プレシジョン
    560フェロシティ
    560タフネス

    ◆◆StrongHoldについて◆◆

    ミストチャンピオンズのためのチャネルポイントをマップの両側に配置しはじめた時より
    ミストチャンピオン50%体力UPとダメージスタックによる強度が増したミストチャンピオンがが召喚され
    後続の各時間に到着します(最大3つのスタック、最大値は各スタックごとで50%、100%、150%)。
    また、20%移動速度UP(新しい召喚と累積しない)します。

    ◆◆観戦モードについて◆◆
    ◆◆PvPメニュー回りについて◆◆

    ゲームバランスに直結しないのでry


  • とうとう一周年!

    2016-03-05 12:39
    ※Twitchへ夜逃げしました。URLはこちら。
    https://www.twitch.tv/shrike_k/profile



    ゲームのプレゼントお待ちしております^^^^^^^^^
    artificialさん】FF13とドーントスターヴトゥギャザーありがとやんした!
    【確かヤキソバニキ】スカルガールズせんくす
    【なこぺさん】Dino a dayありゃーっす(てきとう)

    ということで一周年を迎えました。ここでLoLのブロンゴ配信やりだしてから
    1年たつってところなんですな、はやいもので

    最近はやるゲームもギルドウォーズ2ほぼ全振りとなっており
    既に配信者名が売れているかが主軸となる、MMO配信ということで
    0コメではないもののお客さんもきませんが
    淡々とピアツーピア的な会話配信を続けていきます。

    …しかたないね、ぎるうぉに面白いからね!

    今年もゆるゆるとやりたいようにやりまうす。

    ラインナップは、こんな感じで
    継続
    ギルドウォーズ2
    ディアブロ3(拾った防具強制装備縛り)
    Steamのゲーム(特にダークダンジョン、斑鳩)
    【予定】
    トムクランシーディヴィジョン
    ダクソさん(ロールプレイ込)

    【たまにとか、やる暇あれば】
    FO4,スカイリムあたりのロールプレイ
    レインボーシックスシージ
    スト5

    【もらったので触る】
    ドーントスターヴトゥギャザー
    スカルガールズ

    もうゴールしてもいいよね

    LoL

    あたりを主軸にやっていく所存でございます。ではまた配信で。

    最後に、先日友人の結婚式を撮影した際のボツカットより。





    腕がきれいはかわいい!