ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Windows8 回復ドライブの作成
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Windows8 回復ドライブの作成

2013-06-27 13:40
    Windows8.1を入れる前に試せることは試しておこう、その1です。

    回復ドライブって何?って話ですけど、要は
     何かあった時に起動できる環境
    ってやつです。メディアはUSBかCD,DVDみたいです。

    コントロールパネルから回復ってのを選択すれば動かせます。

    Windows8的な検索方法でやるとこんな感じ。


    回復を選べば起動します。


    回復ドライブの作成を選択します。


    手持ちで使ってなかったUSBメモリがあったのでそれにしてみました。
    1Gもあれば十分みたいです。実際には256Mくらいでした。
    なお、環境によってはもっと要求される場合があるそうです。

    回復ドライブ(リカバリー領域)がHDD内にある場合は確実に増えます。
    ようは、回復ドライブ分+Windows8+アプリ分みたいです。


    中身が削除されてしまうようなので中身をチェックして大事なデータがないかどうかを確認しましょう。


    作成が開始されました。


    で、出来上がり。10分位かかりました。


    こいつを使うことがないように願うばかりです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。