自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで自作MODに挑戦 必要なアプリケーションを集めよう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで自作MODに挑戦 必要なアプリケーションを集めよう

2016-09-30 18:05
    <目 次>
    必要なアプリケーションを集めよう
    開発環境の構築1-1 JDK(Java SE Development Kit)
    開発環境の構築1-2 Forge のビルドアップ
    開発環境の構築1-3 Eclipse の設定

    最初に書くメインクラスの基本形
    防具の追加1 登録用Armorクラス
    アイテムの追加1 アイテムの登録まで
    クリエイティブタブの追加
    ブロックの追加1 ブロックの登録まで
    レシピの追加1 作業台を使うクラフト
    MODのリリーステストの準備
    鉱石ブロック1 アイテムをドロップするブロック
    鎮守府MOD の配布はじめました
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ということで(後述)、今回から Eclipse を使った自作MOD に挑戦しようと思います。

    必要なアプリケーションを集めよう

    自作MODの制作を始めるにあたって必要なのは、以下のアプリケーションです。

    JDK(Java SE Development Kit)
    IDE(Integrated Development Environment 統合開発環境)EclipseIntelliJ IDEA
    Minecraft Forge
    ④ペイントツール
    ⑤モデリングツール

    JDK は、Java の開発元である Oracle が無償配布している Javaプログラムを開発するためのソフトウェアパッケージです。Minecraft のプログラムは Java で書かれており、MOD も当然に Java で記述することになるため必要になります。

    ・Oracle の米国サイトで配布しているため、そこからダウンロードします。


    ・Minecraft との相性問題もあるらしいのですが、最新版を落とすことにしました。
     「Accept License Agreement」にチェックを入れると落とせるようになります。


    ・OSごとに異なるため、自分の PC環境に合うファイルを落としましょう。


    IDE は、ソフトウェアの開発環境を提供してくれるソフトウェアパッケージです。かなり選択肢の幅が広いですが、Minecraft MOD制作界隈では Eclipse が主流です。解説サイトや解説動画も Eclipse が多いため、特にこだわりがなければ Eclipse で良いでしょう。

    公式サイトも有りますが、Pleiades All in One という Eclipseと日本語化プラグイン の
     セットパッケージが無償配布されているため、後者の最新版をダウンロードします。


    ・Java の開発環境が必要なため、Java の項目から PC環境にあったファイルを落とします。




    Minecraft Forge は、MODを導入する際にもお世話になりますが、MOD制作にも使用します。Forge は MODを動かすのに必要な数多くの API(Application Programming Interface)を提供してくれる 前提MOD ですが、その API を MOD制作でも使います。

    Minecraft Forge のサイトから、必要となる MDK(Mod Development Kit) の zipファイル
     をダウンロードします。いつものインストーラーではないので注意。


    ・今回は、Minecraft1.9.4 に対応させた MOD を作ろうと思っているため、
     1.9.4 ページから Recommended(推奨版)の MDK を落とします。


    ・MDK を選択すると、広告付きのダウンロードページに行きますが、右上に Skip が出る
     まで待機した後、Skip を押してファイルをダウンロードします。
     変なサイトに飛ばされるため、広告はスルーしましょう。


    取り敢えずこの3つが揃っていれば、MOD のソースコードを書く環境は整備できます。


    ④ペイントツールは、透過PNG を描けるものであれば、何でも大丈夫です。
    ちなみに私は、PictBearAzPainter2 を使っています。

    ⑤モデリングツールは、MCreator からの流れで少し触った BDcraft Cubik LITE を「使うかもしれないなぁ」ぐらいで置いてあります。Pro版もあるツールですが、無料のLITE版で足りるはずです。バニラのモデルを流用・編集するなら、使う機会はないかもしれません。

    (つづく)
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    あとがき
    ということで、【Eclipseで自作MODに挑戦編】を始めます。

    植物の追加など、MCreator にも粘れる部分が残っていましたが、8分の1ブロック等のMCreator でやれることの先をやろうとすると、どのみちソースコードを触ることになります。一部を弄る事と全部を書く事に、だんだん差を感じなくなってきたため、Eclipse に移動します。

    んで、Eclipseによる デコレーションMOD のバージョン2.0.0 を目指していたのですが、階段ブロックなど技術不足を克服するのに時間のかかる問題にぶつかって頓挫中。技術の要らない部分だけ先行させるか迷っていた時に、気分転換で手を付けた防具テクスチャにはまり、艦これMOD(仮) を考え始めました。

    当初は、バニラの防具テクスチャを変えるだけのつもりでしたが、鉄・チェーン・金・ダイヤの4種類しか入りません。MODによる基本的な防具の追加方法はすぐに理解できたため、「どうせなら MOD で、色んなモデルを着られるようにしようか」と思った次第です。

    その艦これMOD(仮) の方は、いまのところ基幹部分での頓挫は無い感じです。砲弾を撃てる防具とか考え出すとまた制作が止まりそうですが、「ダンボール艤装」ですから、「やれる目処が付いたらやる、付かなければやらない」で進めています。技術的な話よりは、これから起こさないといけないテクスチャの数の方が大変そうです。

    【Eclipseで自作MODに挑戦編】は、「Minecraftで大型アップデートがあった(え!?もう1.11来るの?)」「自分がパソコンを変えた」等に備えた個人的記録を兼ねています。

    記事化については、私自身が、動画を逐次停止して見るよりも、活字で一覧して欲しい情報を探す方が楽な性格なので、「そういう方は、他にもいるかも?」という一応の目的も有ります。しかし、「出来るけど仕組みはよく解らない」という部分も多いため、他の方による解説動画のサブノートぐらいの位置取りになると思います。

    他のサイトや動画で解説されている情報と重複する上に、更新ペースも遅いです。作りながら記録用にスクリーンショットを撮って、整理して、記事にして、をワンオペで回していますから、その辺りは察してください。

    なので、「自作MODを始める参考にしたい」という方は、自力で調べた方が早いと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。