自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで自作MODに挑戦 開発環境の構築1-2 Forge のビルドアップ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで自作MODに挑戦 開発環境の構築1-2 Forge のビルドアップ

2016-10-01 20:32
  • 13
<目 次>
必要なアプリケーションを集めよう
開発環境の構築1-1 JDK(Java SE Development Kit)
開発環境の構築1-2 Forge のビルドアップ
開発環境の構築1-3 Eclipse の設定

最初に書くメインクラスの基本形
防具の追加1 登録用Armorクラス
アイテムの追加1 アイテムの登録まで
クリエイティブタブの追加
ブロックの追加1 ブロックの登録まで
レシピの追加1 作業台を使うクラフト
MODのリリーステストの準備
鉱石ブロック1 アイテムをドロップするブロック
鎮守府MOD の配布はじめました
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
MinecraftForge MDK は、zipファイルの解凍 と ビルドアップ が必要になります。

①zipファイルの解凍

ファイルを解凍する場所はどこでも大丈夫です。
私の場合は、ファイル名の長いファイルもあるため、「C:\mod」というフォルダを作って作業を進めています。デスクトップにフォルダを作って、作業に取り掛かり易くすることを重視する人もいるようです。



バージョン部分でフォルダ名が長くなっているため、区別が付く程度に短くしました。


②ビルドツール gradle の下準備

①で解凍した Forge MDK の中身はこうなっていて、この中にある「gradle」というビルドツールを使って MDK のビルドアップを行います。


gradleを使う前に、gradlew.bat をメモ帳等で開いて JDK のパスを追記しておきます。
.bat をクリックするとファイルを開くかどうか聞かれてしまうため・・・


テキストエディタに、gradlew.bat をドラッグ・アンド・ドロップします。




gradlew.bat の中身はこうなっているので、


set JAVA_HOME=C:\PROGRA~1\Java\jdk1.8.0_102」を、18行目あたりに並んでいる set*** に追記して、前回インストールした JDK を使うように指定します。文字コードには EUC を選んで、上書き保存します。


③MinecraftForge MDK のビルドアップ

install.bat を使う方法もありますが、前回の記事で扱ったコマンドプロントを使ってビルドアップをしたいと思います。Minecraft の MOD制作では EUC か UTF-8 かの2択になるとはいえ、batファイルで使う文字コードを気にしなくていいので、コマンドプロントも楽な方法だと感じています。

さて、「スタートメニュー」→「アクセサリ」から、コマンドプロントを開きます。


cd C:\mod\forge-1976-mdk」と入力した後に Enter を押して、コマンドプロントをForge MDK のフォルダへ移動させます。


C:\Users\*** から、C:\mod\forge-1976-mdk に移動しました。


gradlew setupDevWorkspace setupDecompWorkspace 」と入力した後に Enter を押して、gradle によるビルドアップを開始します。


変な間が空いたりしますが、しばらくするとビルドアップが始まります。ビルドアップが始まらない場合は、



最後に BUILD SUCCESSFUL が返ってきたら、ビルドアップ成功です。

そのまま続けて、もう1つ、コマンドプロントを使った作業します。

今回は Eclipse を使うので、Eclipse 用のプロジェクトを作るべく、「 gradlew eclipse 」を入力してから Enter を押します。


しばらく待っていると、またコマンドが実行されていき・・・


無事に BUILD SUCCESSFUL が返ってきたので、コマンドプロントでの作業は終了です。

install.bat を使う方は、「コマンドプロントの起動→ビルドアップの実行」を install.bat にやらせているだけなので、作業結果は同じです。

(つづく)
広告
他3件のコメントを表示
×
>>3

確かに、②の環境変数の設定がうまく行ってない感じですね。そこに値がないため、Null と返ってきているようです。

環境変数の設定は、「このプログラムに、このアダ名を付ける」といった作業なので、特にインストールは発生しません。また、ファイルの新規作成も要りません。

1つ前のページ、開発環境の構築1-1 JDK(Java SE Development Kit)にある「②環境変数の設定」を見直してみてください。
http://ch.nicovideo.jp/ayutaki_s/blomaga/ar1101826

システム環境変数に「JAVA_HOME」の項目がない場合は、次のような手順になります。
 手順1.「新規(W)」を開く
 手順2.変数名(N)に JAVA_HOME と入力する
 手順3.変数値(V)に C:\Program Files\Java\jre1.8.0_161 と入力する
 手順4.OKを押して、JAVA_HOME の追加を完了

Path の項目の方は、末尾に「%JAVA_HOME%\bin」を追加します。システム変数を表で編集するタイプだった場合は、セミコロンが不要です。
22ヶ月前
×
>>6
JAVA_HOMEの変数値はjdkではなくjreでよろしいのですか? たびたび質問申し訳ございません。
22ヶ月前
×
jdkの方が正しいです。
すみません
22ヶ月前
×
>>8
いえいえ、返信をいただけるだけで助かります。
先ほどの環境変数の確認して打ち直してみましたが、結果は変わりませんでした。 Javaのバージョンがここに書かれている1.8.0_102ではない事が原因ということもありますか?
22ヶ月前
×
Javaのバージョンが変わっても設定方法は同じなので、そこが原因になることは考えにくいですね。実際、先月にPCを買い替えた際に最新のJDKをダウンロードして、いまは C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_161 で動かしています。

自分なら、原因を探って対処するのは、原因をすぐに特定できる時だけと決めています。原因が分からないときは、もう1回最初からやり直す感じですかね。

どこにあるか不明の原因を追求する時間+解決策を調査する時間 よりも、自分が見落としで間違ったのだろうとやり直す時間 の方が短くなるはずなので。特に今回は初期設定の段階ですし。

それでもエラーが出るようなら、エラーログをGoogleで検索して、ネットで同じ症状に遭遇した人を探す流れでしょうか。

うちで再現できないエラーは、回答が難しいです。
22ヶ月前
×
>>10
夜分遅くに失礼いたします
全てJavaやJAVA_HOME、Pathをすべて一度削除し、再インストールをした結果 ビルドアップできました!!
鮎滝さんのおかげです.... 本当にありがとうございました。 もしかしたらまた他の項目で躓いたときはまたお世話になるかもしれないです...まぁ...出来るだけ自力で解決できるよう努力します! 誠にありがとうございました。
22ヶ月前
×
>>11
うまく行ったようでよかったです。

分かる範囲のことでしたら、お力になりますよ。
ご健闘をお祈りします。
22ヶ月前
×
今更ですがすみません
コマンドプロンプトでのビルドアップに失敗するんですがどうしたらいいのでしょうか?

以下はコマンドプロンプトのコマンドです↓
C:\Users\Kanza\Desktop\Forge1.14.4-mdk>gradlew setupDevWorkspace setupDecompWorkspace
To honour the JVM settings for this build a new JVM will be forked. Please consider using the daemon: https://docs.gradle.org/4.9/userguide/gradle_daemon.html.
Daemon will be stopped at the end of the build stopping after processing

> Configure project :
New Dep: net.minecraftforge:forge:1.14.4-28.1.0_mapped_snapshot_20190719-1.14.3

FAILURE: Build failed with an exception.

* What went wrong:
Task 'setupDevWorkspace' not found in root project 'Forge1.14.4-mdk'.

* Try:
Run gradlew tasks to get a list of available tasks. Run with --stacktrace option to get the stack trace. Run with --info or --debug option to get more log output. Run with --scan to get full insights.

* Get more help at https://help.gradle.org

Deprecated Gradle features were used in this build, making it incompatible with Gradle 5.0.
Use '--warning-mode all' to show the individual deprecation warnings.
See https://docs.gradle.org/4.9/userguide/command_line_interface.html#sec:command_line_warnings

BUILD FAILED in 7s
1ヶ月前
×
>>13
すみません、バージョン1.12.2では成功したのですが...1.14.4ではやり方が違うのでしょうか?
1ヶ月前
×
① 1.14.4は「Eclipseで開いてみた」という程度ですが、https://qiita.com/super_amateur/items/27d53f5fbe7c06d4f851 によると

「gradlew setupDevWorkspace setupDecompWorkspace」をやる必要がないために飛ばして、
「gradlew eclipse」を走らせる所から始めるようです。


② 1.14.4ではだいぶプログラムの書き方が変わっているようで、個人的には、開発環境が近く、プログラムを GitHub で公開されているため、Harry Talks氏の動画を参考に 1.14.4 は作業を進める予定です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLiDUvCGH5WEUcxyUKxHpQpDuinaiNp3it


③ 「minecraft modding 1.14.4」で Google や YouTube で検索をかけると、他にも分かりやすい解説をされている方が居られると思います。

1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。