自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで艦これMOD(仮)に挑戦 最初に書くメインクラスの基本形
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで艦これMOD(仮)に挑戦 最初に書くメインクラスの基本形

2016-10-07 18:07
    <目 次>
    開発環境の構築編

    最初に書くメインクラスの基本形
    メインクラス制作記録1 Referenceクラス
    メインクラス制作記録2 Proxyクラス
    メインクラス制作記録3 Initialization
    メインクラス制作記録4 mcmod.info

    防具の追加1 登録用Armorクラス
    アイテムの追加1 アイテムの登録まで
    クリエイティブタブの追加
    ブロックの追加1 ブロックの登録まで
    レシピの追加1 作業台を使うクラフト
    MODのリリーステストの準備
    鉱石ブロック1 アイテムをドロップするブロック
    鎮守府MOD の配布はじめました
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    MODの基本情報などを書くメインクラス

    開発環境の構築 で Eclipse にコピーした Forge の中には、 ExampleMod.java というファイルが入っています。これが、Forge に例として入っている examplemod のメインクラスです。MOD では、このメインクラスが必須となります。

    メインクラスでは、MODID など MODの基本情報を 定数(自分が固定して使うと決めた値) として宣言するほか、起動時の Initialization(初期化処理) を書きます。Initialization は初期化処理と訳されることが多いですが、reset や format とは異なり、プログラム内で使うデータやオブジェクト、変数などを利用可能な初期状態にすることを言います。

    (↑クリックすると実寸大の画像が開きます)

    上の画像で言うと、
    public static final String MODID = "examplemod";
     public static final String VERSION = "1.0";」」が定数の宣言で、
    public void init(FMLInitializationEvent event) { }」が Initialization です。

    アルファベットが並んで慣れていないとつらいですが、1つ取り上げると、
    先ほどの「 public static final String MODID = "examplemod"; 」は、
    MODID には examplemod他からも参照可能な定数として宣言します」という意味です。このように宣言することで、MOD のファイル群の至るところで使える定数になります。

    実際、その少し上、@Modの行に「modid = ExampleMod.MODID 」とありますが、
    これは「modid は、ExampleMod というファイルにある MODID を参照」という意味で、
    宣言した定数をさっそく使う形になっています。

    このようなファイル内のコードとコードのつながり、さらにファイルとファイルのつながりが、java を使っている Minecraft の特徴です。この特徴を押さえておくと、よく使うパターンは読めるようになってくると思います。

    さて、ExampleMod.java は、メインクラスの言わば基本形なのですが、自分が動画から教わったのは参照ファイル(Reference.java)を用意するパターンでした。なので、次からは参照ファイルを使うパターンで、実際に自分が書いたメインクラスを紹介していきます。

    examplemod は邪魔になるので、右クリックでメニューを開き、削除してしまいましょう。ここから先は、自作MOD の時間です。


    (つづく)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。