自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで艦これMOD(仮)に挑戦 メインクラス制作記録1 Referenceクラス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで艦これMOD(仮)に挑戦 メインクラス制作記録1 Referenceクラス

2016-10-07 22:27
    <目 次>
    開発環境の構築編

    最初に書くメインクラスの基本形
    メインクラス制作記録1 Referenceクラス
    メインクラス制作記録2 Proxyクラス
    メインクラス制作記録3 Initialization
    メインクラス制作記録4 mcmod.info

    防具の追加1 登録用Armorクラス
    アイテムの追加1 アイテムの登録まで
    クリエイティブタブの追加
    ブロックの追加1 ブロックの登録まで
    レシピの追加1 作業台を使うクラフト
    MODのリリーステストの準備
    鉱石ブロック1 アイテムをドロップするブロック
    鎮守府MOD の配布はじめました
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    メインクラスを入れるパッケージを用意しよう

    さて、まずは メインクラス の javaファイル を収めるパッケージ(フォルダみたいなもの)を用意します。

    examplemod が入っていた「 src/main/java 」を右クリック、新規→パッケージを選ぶと、


    新規パッケージの設定ウィンドウが開くので、これから作る MOD の MOD ID を含んだ小文字で、パッケージの名前を決めます。

    今回は、「ayutaki が作る。chinjufumod の main パッケージ」という意味で、「 ayutaki.chinjufumod.main 」としました。

    上のようにパッケージを設定すると、Eclipseのワークスペースにも反映されて、
    \workspace\forge-1976-mdk\src\main\java\ayutaki\chinjufumod\main
    というフォルダが作られます。


    メインクラスを用意しよう

    用意した mainパッケージ にメインクラスとして使う javaファイル を作るため、
    mainパッケージを右クリックして、新規→クラスを選択すると、


    新規クラスの設定ウィンドウが開くので、ファイルを作りたいパッケージを参照しているかを確認した上で、メインクラス の名前を決めます。


    ファイル名は頭を大文字にするよう求められますが、MOD IDから取っても、単に「 Main 」としても大丈夫だと思います。今回は、「 ChinjufuMod 」としました。

    Referenceクラスを作ろう

    同じ mainパッケージ の中に、参照ファイルとなる Referenceクラス も作ります。


    ファイルを作った時点で、すでにファイルの中には、
    package ayutaki.chinjufumod.main; 」ファイルが入っているパッケージの場所
    public class Reference {}」ファイルの名前を書いた文が入っています。


    Reference は定数を宣言し、それを他のファイルも参照するようにしたいので、
    public static final String MOD_ID = "chinjufumod";
     public static final String MOD_NAME = "ChinjufuMod";
     public static final String MOD_VERSION = "1.0.0"; 」と定数を宣言します。

    examplemod では MODID と VERSION という定数が宣言されていましたが、参照にはMOD 内で統一されていれば使えます。なので、上記の様にアンダーバーを入れることも可能です。

    Referenceクラスの内容をメインクラスで参照させよう

    Reference を書いただけでは メインクラス には何の影響も及ぼさないため、メインクラスにコードを追加して、メインクラス から Referenceクラス を参照するようにします。

    具体的には、ExampleMod にもあった「 @Mod(modid = ・・・ 」の部分で、Referenceクラスで宣言した MODの基本情報を参照させます。

    @Mod(modid = Reference.MOD_ID, name = Reference.MOD_NAME, version = Reference.MOD_VERSION)

    「modid は ReferenceクラスのMOD_ID を、 name は ReferenceクラスのMOD_NAME を、version は ReferenceクラスのMOD_VERSION を参照する」という意味です。

    ちなみに、ワークスペースのフォルダにも、作った javaファイル がちゃんと出来ています。


    (つづく)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。