ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで艦これMOD(仮)に挑戦 ブロックの性質 立方体として扱わないブロック
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 Eclipseで艦これMOD(仮)に挑戦 ブロックの性質 立方体として扱わないブロック

2017-01-29 14:41
    鎮守府MOD には、立方体ではないブロックがたくさんあります。

    しかし、Minecraft は、見た目でそのブロックが立方体かどうかを判別しているわけではありません。プログラムで動いているゲームですから、クラスに書かれたコードから、立方体なのかそうじゃないのかを読み取ります。

    public boolean isFullCube(IBlockState state) {
    return false;
    }
    とクラスに書いてあれば、そのブロックは立方体ではない物として扱います。反対に、このコードが無いまたは return true; と書かれていれば、どんな見た目をしていても立方体のブロックとして扱います。

    ブロックを立方体として扱うかどうかは、立方体を基本とする Minecraft の中では様々な影響が出てきます。

    ・影
    鎮守府MOD のカフェテーブルを使って、isFullCube の影響を見ていきます。
    まずは影の処理で、左が立方体とした場合、右が立方体としない場合です。

    立方体とした左は、16×16×16 の内側は光を遮って影になるはずですから、机の下は暗くなります。一方、立方体としない右は、光を遮る判定が発生しないため明るくなります。

    立方体として扱う場合の影について、もう少しだけ。
    FullCube の内側にできる影だからだと解釈していますが、下のように床にシーランタンなどを置いても、カフェテーブルの影は消せません。光源は、あくまでブロックの表面を照らしてそこにある影を消すものであって、ブロック内部の影までは消せないようです。

    ちなみに、配布している鎮守府MOD は立方体としない設定をしてあります。理由は、この消せない影があるためです。

    ・植木鉢などの設置物

    立方体とした左は、ブロックへの設置物を置くことが可能です。しかし、立方体としない右では、設置物を置くことが出来ません。

    ・レッドストーン

    レッドストーンダストも設置物になるため、立方体としない右には置くことが出来ません。

    ・着火

    立方体とした左では、火打ち石を使うと火を着けることが出来ます。焼失はしないけど火を着けることはできる石ブロックのような振る舞いになります。しかし、立方体ではない右には、火打ち石でも火を着けられません。※カマドで燃やせるかどうかは、また別の話です

    (つづく)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。