自称中級者のMinecraft日記 part.68 ネザー編(7) 日照センサーで光るランプを作ろう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 part.68 ネザー編(7) 日照センサーで光るランプを作ろう

2015-12-23 18:00
    いま、村の小麦畑はジャック・オ・ランタンを光源に使っています。しかし、このジャック・オ・ランタンは1マスの高さのため、村に村人を入れると、ランタンに飛び乗った村人が畑を踏み荒らす危険があります。

    そこで、高さ1.3マスで飛び乗れない、日照センサー付きレッドストーンランプを作ろうと思います。

    ネザーでグロウストーン集め
    まずは、レッドストーンランプの素材であるグロウストーンをネザーで集めてきます。グロウストーンは普通に壊すとグロウストーンダストになって目減りするため、シルクタッチを付けた道具でグロウストーンのまま回収できるようにします。


    画像は、ネザーゲートの半島の付け根にあるグロウストーンです。グロウストーンは水平方向に張り出しているネザーラックの下に生成されるため、このように溶岩の上で見つけることが多くあります。


    こういう時は、グロウストーンが溶岩へ落ちないように足場を作ってから採りましょう。


    まだ行動範囲が狭いため苦労しましたが、89個集めました。


    レッドストーンランプを作ろう
    レッドストーンランプは、グロウストーンをレッドストーンダスト4つで囲んでクラフトします。グロウストーンはシルクタッチで回収しないと壊れるガラスのようなブロックですが、レッドストーンランプにすると素手でも回収できるレッドストーン装置になります。


    レッドストーンランプは、動力を受けると光る、明るさレベル15の光源です。


    レッドストーンランプを点灯させるには、動力供給が不可欠です。しかし、不透過ブロックであるため、ハシゴやトーチを貼り付けることが出来ます。

    日照センサーを作ろう
    日照センサーが、ガラス3つとネザークォーツ3つ、木材のハーフブロック3つを並べてクラフトします。日照センサーは、太陽光に反応して動力を起動/停止する装置です。松明など人工の光には反応しません。


    普通に置くと、太陽光を受けて動力を発する太陽電池のような装置として働きますが、


    Shiftキーを押しながら日照センサーをクリックすると、回路が反転。日光が強い時は停止し、日光が弱まると起動する装置に変わります。日中は太陽光で発電した電気を貯めて夜中に使う、蓄電池付き太陽電池のイメージですね。


    夜になると、ちゃんとレッドストーンランプが光ってます。
    小麦畑のジャック・オ・ランタンを日照センサー付きランプにするだけで87セット。レッドストーンダストとネザークォーツはまだ残ってますが、グロウストーンはギリギリでした。

    では、続きはPart.69で
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。