自称中級者のMinecraft日記 part.69 村人治療編(1) スポーンブロックを使うための下準備
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 part.69 村人治療編(1) スポーンブロックを使うための下準備

2015-12-24 19:10
    家老屋敷の南、赤丸を付けたところに、Part.25 で見つけたゾンビのスポーンブロックのある場所へ降りる縦穴があります。


    近くでモンスターが湧いていると、スポーンブロックからのモンスターの湧きが悪くなるため、池を埋めて地表の湧き潰し範囲を拡げました。


    家老屋敷の方を振り向いてスクリーンショットを撮り、要所の座標を控えておきます。


    最初の画像で赤丸を付けたところから土ブロックを1つ取り除くとハシゴを貼ってあり、ハシゴを底まで降りると横穴が続いています。


    そして、横穴の突き当りに、ゾンビのスポーンブロックがあります。


    これから、このスポーンブロックから村人ゾンビを湧かせて治療をしていくわけですが、その前にいろいろと準備をしておくことがあります。

    まずは、ゾンビの誘導路です。

    村人はかなり好き勝手に歩き回りますが、村人ゾンビはプレイヤーキャラクターに襲いかかってきます。ということは、自分を餌に使えば村人ゾンビは容易に誘導できる訳で、村人ゾンビを村人に直してから村へ連れて行くよりも、村人ゾンビを村の近くまで引き連れてから治療する方が楽になります。

    ということで、次回は、スポーンブロック前から村まで誘導路を掘ります。家老屋敷方向の要所で座標を確認したのは、この誘導路掘りに必要な情報だからです。


    では、続きはPart.70で
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。