自称中級者のMinecraft日記 part.71 村人治療編(3) スプラッシュ化した弱化ポーション
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自称中級者のMinecraft日記 part.71 村人治療編(3) スプラッシュ化した弱化ポーション

2015-12-26 13:19
    醸造部屋の設置
    ネザーから持ち帰ったブレイズロッド1本、丸石3つで醸造台をクラフトしました。


    ネザークォーツが不足しているのでゲート部屋は中途半端ですが、今回の本題はドアの奥に作った隣室です。


    ゲート部屋の隣に醸造部屋を置きました。こっちも装飾しないとなぁ。

    醸造部屋の南隣は、ネザーウォート栽培室です。ネザーウォートはソウルサンドがあればどこでも育つので地表でも問題ありませんが、雰囲気的に地下室にしました。


    北隣はキノコ栽培室です。キノコは明るさレベル12以下でゆっくり増やせるのですが、明るさレベル7以下にするとモンスターが湧いてしまいます。そこで、地表の明るさがレベル11~8になるように照明を調整しました。


    キノコ部屋のさらに北には洞窟があり、その洞窟にはクモのスポーンブロックがあります。

    ゲート部屋を作っている最中に見つけたこのスポーンブロックが、醸造部屋とその周辺施設を地下へ置くことを決めた一番の理由です。

    スプラッシュ化した弱化ポーションづくり
    村人ゾンビの治療に必要となるスプラッシュ化した弱化ポーションを作ります。

    まずは、ガラス瓶を作って、井戸から水を汲んで水入り瓶を用意します。


    クモの目、茶キノコ、砂糖から、発酵したクモの目をクラフトして、


    醸造台の下段に水入り瓶を3つ、上段に発酵したクモの目1つを入れて醸造を始めます。醸造台は一度に3つの瓶を醸造できるため、余る場合でも3つ醸造した方がいいでしょう。



    出来上がった弱化ポーションに火薬を加えると、スプラッシュ化します。



    初めての醸造だったので、町の薬屋さんの実績を解除しました。


    では、続きはPart.72で
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。