• 私のAniPAFE2019 その2

    2019-11-04 22:24




    こんにちは、こんばんは、おはようございます。ba-yashiと申します。
    AniPAFE2019の記事その2です!前回の記事から5か月も経ってるじゃねぇか!w年越しちゃったしもう春だよ!wでも中途半端も嫌だし自己満で書くよ!w需要無いと思うけど!w

    結果は総合33位!
    投票してくださった方本当にありがとうございます!
    157作品も参加しておりその中で”誰かのTOP10”になれているからこそ取ることのできた順位でもあります。本当にありがとうございます。皆さんの心に響く作品であれば幸いです。
    今回は私の参加した作品「Precious bonds」についてこだわった部分や構成について書き記していきたいと思います。


    《大まかな構成》
    最初は曲はFullサイズで作ろうとしてました。しかし、ぶっちゃけたことを言うと「Fullに合わせるシーンが無ぇ!」「インストで一番盛り上がるところで長すぎて表現しきれねぇ!」ってなり適度に曲をカットしました。無理して作ったところでグダった構成になるのは確実ですしこの曲に合った綺麗さを表現するのに曲をカットしました。(AniPAFEの曲の加工の推奨もあったしね)
    構成としては大きく分けると2部構成。アニメのストーリーに合わせ前半に1期、後半に2期と区切り良く。

    ・前半部分
    前半は1期。青葉が社会人として社会に飛び込み現実の厳しさや楽しさ、クリエイターとして成長していく過程をメインに。そしてそこには必ずコウがいるんですよ。


    期待と不安を胸に憧れの会社へ就職し社会人デビュー…





    憧れの八神コウとの出会い…
    もう青葉ちゃんの目の輝きが本当にきれいで素敵




    仕事は夜遅くまで…やっぱり大変





    憧れのコウはもっと頑張ってる…




     
    辛いよなぁ…





    泣けてくるリテイクの嵐…



    でも頑張って初めて自分の作ったキャラが「OK」貰える嬉しさは特別だ
    クリエイティブなことやっている人なら分かるはず

    ・後半部分
    後半は2期。青葉も1年の経験を積んで仕事に慣れたころ。2期は仕事としてのシリアスな部分がとてもよく表現されていてこのMADのテーマにはもってこいです。



    社内コンペ、青葉のキャラデザが採用、コウの敗北…




    悔しさ、苛立ち、八つ当たり、人として醜い部分が表現されている。人間だもの、いろんな感情が湧き出る




    過去の自分を振り返る、これができるから先輩として、人間として成長でき成熟していく





    そして自分から仲直りのアプローチ、先輩としてとても魅力的
    コウらしい照れ具合もすこすこさぁ





    社会としての辛さ、理不尽さもあり…





    青葉VSコウ……そしてコウの勝ち




    だけどコウからのサプライズ
    もうね!ここの二人の愛の大きさですよ!
    青葉の純粋な先輩への尊敬、コウの青葉への期待の大きさ
    素晴らしい…



    成長するため…一時のお別れ…
    でも絆の深さが垣間見える


    2期を通して個人的にすごい二人の関係性が良く描かれているなぁと思います。そして尊い…

    こだわった部分》
    大きく分けて3つあります。一つ目は上記でも記した
    構成部分。ストーリーを忠実に伝え且つ二人の魅力をいかに最大限表現するか。他にも曲の雰囲気とアニメをいかにマッチングさせるかを色調等考慮し構成しました。

    二つ目はテキスト表現。いかに自然にアニメに文字を溶け込ますかを一番に。そして溶け込みすぎないようオサレにさりげなく分かるように主張するか…
    個人的にうまく言った部分はこちら↓



    青葉の髪で上手く散らすことが出来たりさりげないオサレさを表現できたかなと思います。
    自画自賛w
    こだわった部分ですがやはりこだわりすぎて投稿した後こりゃ失敗だったなと反省する点もテキスト表現では今回多くありました。そこはもう反省ですね(´;ω;`)

    三つ目は音ハメです。特徴的でもあるこの曲。一番盛り上がるのがインスト部分。
    前回の記事でも書きましたが一番盛り上がるところではこけられない。もうね…過去に自分がどんな表現をしてきたか、"あのMAD作者”ならどんな表現をするだろう、と脳内駆け巡りましたよw音の回数やリズム、音の種類を考え一つ一つどんな音と映像の表現をするか…
    完成したもののやはり凄い方々の足元にも及ばないクオリティだと思うので今後頑張りたいですね。

    《おわりに》
    こんな長いブロマガにお付き合いしてくださりありがとうございました!(最後まで読んでる方
    いないのでは…w)
    上手くまとめられないのはさーせんw
    前回のブロマガからつづくとか言いながら5か月近く経ってしまったことを反省。
    そしてこばやしさんには盛大な拍手を!
    本当におめでとう!!


    AniPAFE2019は自分らしい作品が作れたのではないかなと思います。
    「オサレ、綺麗」この二つは私の誇れる部分と信じこれからも私らしい作品を作っていけたらなと思います。
    最後まで読んでくださりありがとうございました。
    ではではまたいつか(@^^)/~~~
  • 広告
  • 私のAniPAFE2019 その1

    2019-10-14 23:48




    こんにちは、こんばんは、おはようございます。ba-yashiと申します。
    久しぶりのブロマガです。最後のブロマガが前回のAniPAFEですねw
    いくつかMADは投稿しましたが書いてませんでした。AniPAFE2019も参加しましたしせっかくですので今回も書き記しておきます。
    AniPAFE2019とは→ar1762180
    参加作品一覧→ar1762323

    私の参加作品はこちら↓

    今年で6回目の参加です。そんな参加したんだオレ…w


    ~この作品で参加した経緯~

    実はこれ…作り始めたのが去年の11月だったんですよ。でも1ヵ月ほど序盤を作った後、曲との調和に悩んだりめんどくさくてサボってサボって…そんで8ヵ月以上放置してましたw
    今回のAniPAFEも最初は違う題材で参加しようとして他のソースで少し作っていました。しかし、とあるMADでこのMADを完成させることに決めたんです。

    はい、こばやしさんのMADですね。
    なんだよ…めっちゃこばやしさんらしさ抜群で疾走感あって楽しくて気持ちいいじゃねぇか…こんなの本戦出してたら絶対上位…
    最高だよ!本戦はもっと凄いの確実じゃん!

    って思いこれじゃあ今作ってるのは自分らしさはあまりないし変なことチャレンジングしてるしなにより絶対に勝てない!と直感で感じたので
    「俺も自分らしさで全力でぶつかってやんよー!こんにゃろー!」
    となり今回の私の大好きなNEW GAMEでオサレで綺麗で尊いを目指しこの作品にした経緯があります。


    ~ソースについて~

    ANIMATION:NEW GAME

    SONG:Tower Light Fireworks

    ・アニメ
    まず第一に大好きなアニメだから。それは大前提。そして今回のMADのテーマとして
    「オサレ尊い」を目標に掲げました。
    NEW GAMEといえば「かわいい」「お仕事」「日常」といったイメージが強いです。ですがNEW GAMEって個人的にそれだけじゃ終わらないんですよ。
    アニメの世界ですから理想的ではありますが2期通してみると「社会の厳しさ」「心情」「人間関係」「信頼・絆」をシーンやキャラの表情、ストーリーを綺麗に表現していると個人的に感じます。
    そこで青葉ちゃんとコウも関係性に焦点を当て作りたくなったのです。
    出会い」「憧れ」「すれ違い」「仲直り」「協力」「信頼」「絆」
    これが凄い綺麗に2人のストーリー通じて表現されているんです。
    この尊さを表現できたら心に染みるMADになると思ったのでこれを題材にしました。

    ・曲
    https://www.youtube.com/watch?v=47uRjuLPZAw

    アニメと内容が決まりそれに合った曲…綺麗、儚い、尊い、オサレ……
    ずっとYouTubeで検索したりおススメに出てくる曲をどんどん聞いたり…
    そこでたどり着いたのがiMeidenさんのTower Light Fireworks
    聞いた瞬間これは一目惚れでした。綺麗でオサレ、そして歌詞の内容も青葉ちゃんの心情や2人の関係性を表現するのに個人的な解釈ですがぴったりだと思ってこの曲に決めました。
    曲は決まりましたが懸念する点が一つ。
    この曲、結構特徴的でインスト部分が一番盛り上がる曲なんですよw
    インスト部分なので音の拾い方や表現の幅や技術、世界観を表現するセンスがないと盛り上げる部分でこけてしまう。表現できたらすんごいMADが完成する。
    こけるのだけは避けたい…非常に気を遣いました。
    2人のどのエピソードと曲に負けないシーンをもってくるか、音に合わせた映像表現ができるか、悩みに悩みまくったところです。(完成はさせましたが正直なところまだまだ私の表現は未熟でこんな表現できたらとかあの方だったらもっと凄い表現するんだろうなと思うところです)
    そんなお話はまた次回にでも。



    ~おわりに~

    今回は経緯とソースについて思ったことや感じたことをそのまま書き記しました。正直に私の思ったことや考えていることを伝えたいので。
    次回は作品について掘り下げていきたいと思います。
    そんじゃまた☆彡
  • 私のAniPAFE2018

    2018-10-18 23:201



    こんにちは、こんばんは、おはようございます。ba-yashiと申します。
    投稿からだいぶ日が空いてしまいましたがAniPAFE2018に参加しました!
    概要→ar1514170
    参加作品一覧↓


    今年で5回目の参加になります!いはさん、毎回楽しいイベントをありがとうございます!

    私の参加作品はこちら↓


    需要はあるか分かりませんが今回は制作過程を細かく記してみようと思います。

    ・題材選び
    私が選ぶ題材は基本的に好きなアニメでしか作りません。過去のブロマガでも書きましたが好きなアニメやキャラじゃなきゃ作ってて楽しくないからです。そして今回はAniPAFE…
    「ランクインしたい!」という気持ちも強いので心が熱くなるようなアニメ「よりもい」を選びました。
    選曲に関してはとても迷いました。最初はBeccaの「I'm ALIVE!」という曲で作ろうとしました。…が、とてもいい曲なんですが今回はAniPAFE…「この曲では弱い…」と感じMy Chemical Romanceの「Welcome To The Black Parade」に決めた経緯があります。
    しかし…!この曲…!めちゃくちゃ敷居が高くて怖い!いろいろな神MADがあるんですもの。

    このMADとても凄くて大好きです。

    制作する上で大まかに2つのことに重点を置いて作っていたことに気づいたので記しておきます。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ・構成
    作るMADによって作り方は変わるのですが今回は「構成」を一番大事に。そして、映画を見たような感覚になればなと思い制作していきました。アニメではストーリーの流れ、それぞれ主要キャラの抱えている物、そしてそれを解決していく過程や仲間との絆を主に意識。
    曲に関しては曲調をメインに捉え自分の中で大まかに6つのパートに分けそれぞれアニメのシーンを当てはめていきました。(曲調で作っていたので歌詞とか全然気にしていなかったw)
    簡単に書くと
    0:00~1:47 南極について、キャラの過去や抱えている物
    1:47~2:37 アニメのタイトル、南極への仲間づくり
    2:37~3:17 航海中の出来事や疑問、それの解決
    3:17~3:32 大人組の過去
    3:32~4:06 主要キャラのそれぞれの悩みの解決
    4:06~5:12 仲間の絆、報瀬とお母さん
    こんな感じで簡単な構成を決めシーンを選んでいきました。
    そして全体の流れ、大人組と高校生たちとのストーリーが自然になるようにと思い繋げていきました。

    (レビューしてくださった方が構成を褒めてくださったり映画のようだと感じていただけたとありもうほんと嬉しかったっす!)

    ・切り貼り、シーンチェンジ、パートの切り替え
    今回、全く歌詞を気にせず曲調だけを気にしながら作りました。使用した曲が曲調だけでも目まぐるしく雰囲気が変わりアニメの雰囲気が最大限活かせると思ったからです。(「歌詞に合ってねぇ」というご意見が来るか不安でしたがw)
    切り貼りは疾走感がある曲なので見る側が「気持ちよく、見やすいように、テンポよく」をモットーにシーンの切り替えを行いました。
    シーンチェンジ、パートの切り替えは「楽曲の音の鳴り方、楽器の音」を意識しながらそれに合ったような切り替えをしていきました。
    ドラムロールに合わせて回転してみたり…
    ドラムの音に合わせて色調を変えてみたり…
    同じ音の連続の時はリール回転で疾走感出してみたり…
    グリッチ使ってみたり…
    見返してみると自分いろんな事やってんだなぁと思ったりwww

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・悩んだこと
    とても悩んだことがありました。私のMADの特徴でもあるタイポグラフィです。途中までアニメのセリフとかテキスト入れてる部分もあったんですよ…
    洋楽に対して日本語のテキスト…シーンに上手く馴染まない…なんだかやすっぽいなぁ…
    と感じてしまい(私の技量不足ですがorz)本当に必要な部分だと思うとこ以外は勇気をもって削ぎ落とした経緯があります。しかし、テキストがない方が納得のいく仕上がりでした。時には、良い意味で自分の武器を捨てる勇気も必要なのかなと学んだところです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    おまけ

    今回は、私がMAD作る上で最近良く使うなぁと感じた表現を書いてみようかなとw(需要なさそうですがw)
    ・上下の黒縁




    この表現最近良く使いますw過去の回想や雰囲気をグッと出したいときに重宝しますw
    これに映写機のようなノイズを入れてみたり、フレームバッファでチョーク風なアニメーション効果入れてみたり、色調補正でコントラストをグワッと上げてみたりいろいろ組み合わせると便利w

    ・写真



    写真便利ですよ!w思い出の表現だったり何かと使えます。背景とか配置とかマスキングテープや画鋲の画像を使えばオサレに見えますしw

    ・文字の埋め込み





    個人的にテキスト表現にはこだわっています。埋め込むことに関してはいかにその画やシーンに自然に馴染ませるか、(シーンに)浮いてないか、主張が強すぎていないか等を意識しています。
    個人的には乗算とか加算したり、シーンの隙間に収まるように工夫しています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・終わりに
    今回はオサレカワイイMADではなく王道系のMADを作りました。今まで自分には不向きだと思っていたジャンルである王道系…しかし、前回作ったけいおんのMAD

    が皆さんのコメントや生放送での評判がとても嬉しかったのです!
    自分にもこのジャンルが作れるんだという自信を持てました。
    このMADがあったから今回のMADに繋がったと思います。

    そして、こばやしさん!!!w
    ライバル宣言、そして勝負を挑んでくれたことがとても嬉しかったですよ…!!
    勝っても負けても、私は同じ土俵の上でライバルと思っていただき競ってくださったことが何よりも嬉しいです!
    だから最後に…

    負けませんから!w