メンヘラおじさん、日本の犬猫殺処分はだれが悪いのかについて妄想する
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メンヘラおじさん、日本の犬猫殺処分はだれが悪いのかについて妄想する

2019-05-16 12:08
    はい、初めにこれは僕の主観、妄想で書いてるので、実際にデータとったり取材したものではないので、こんな考えの人もいるんだな的な程度に読んでください。

     SNS等で当初からあったのが犬猫の殺処分反対運動、そして最近おぞましき正体が露呈してきたのが動物虐待愛好家といわれる人たち。そしてフツーに何も知らずに暮らしてる人たち。

     昔は動物好きとか嫌いとかで区別されてたけど最近は動物を守るか殺すかっていう物騒な感じになってきた、しかも猫好き犬好きでも多頭飼育崩壊、ネグレスト、自分の都合で飼育放棄などなど動物好きの中でも別れてきた感がある。

     勿論、昔に比べれば犬猫たちの待遇もよくはなっているんだろうけど、それでも法に基づき殺処分は粛々と執り行われてるわけです。

     あ、わかりました?殺処分は法に基づきやってるんですよね?じゃ悪いのは行政?悪いっていうか、行政は粛々と執行しているだけです、無責任な飼い主・ブリーダーも問題です、でも法を変えるのが一番いいとは思いませんか?

     以後動物の殺処分は行わない、その代わり避妊去勢します、でいいんじゃないすか?殺処分に何の生産性があるんですか?

     で、だれが悪いかというと無責任な飼い主や、ペットショップじゃないかと思うんですがどうでしょう?

     殺処分反対というのなら署名を集めるより、国会議員にマニュフェストで殺処分をなくすって人を送り込むほうがよっぽどいいと思います、地元の県議、市議に陳情でもいいと思います。

     動物虐待愛好家は吐き気がするのであえて触れませんでした、じゃあ牛や豚はいいのかって言われるとまた長くなるのでまた今度、じゃ妄想にお付き合いいただき感謝です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。