メンヘラおじさんこれからの戦争を妄想してみる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メンヘラおじさんこれからの戦争を妄想してみる

2019-08-23 11:08
    まず初めにこの妄想を考え始めたのは自動運転ってハッキングされたらどうなんだろう?って妄想がまずそもそもです。

     最近新聞読んでると宇宙戦とか言ってるけどその前にサイバー戦が重要なんだと思う、なぜなら最近の兵器はコンピューターを駆使してるそうな、じゃコンンピューターならオンラインだったら、ハッキングできんじゃない?みたいな、膨大なお金をかけて打ち上げた衛星や最新鋭の戦闘機、戦車etc別に破壊する必要もない、ハッキングすればいいだけでしょ?物理的な戦闘に重きを持たせるためのコンピューターが逆にむき出しだったりして、あれれって思った次第です。もちろんそんなのは想定内で軍のネット回線等があるんでしょうけどそれもハッキングされたらどうすんの?って感じです。
     でも逆にホワイトハッカーですかね、味方に優秀なハッカーをそろえれば最新技術で防御攻撃両方に心強い味方になってくれると思います、そういう人材を育成発掘するほうがコスト的にもかからないのではと思います。

     結果、サイバー戦に勝利しないと現代近未来の先進国同士の戦いは厳しいのかなと、もちろんサイバー戦は先進国の民間にも銃口が向きます、企業や個人へのサイバー攻撃などです、まあこれはメンヘラおじさんの妄想なので真に受ける人はいないと思いますが気になった人は検証お願いします。

    ※攻殻機動隊に影響されてるところは多大にあります、実際攻殻機動隊に衛星をハッキングして核ミサイルを破壊するというシーンもありますので、攻殻機動隊はただのSFではなく近未来をリアルに想定して描いた作品だと思います。お気になる方は是非ご視聴いただければと。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。