• アンサガRTAの説明書

    2019-08-10 21:11

    ●基礎知識編

     <シナリオ>
      RTAでは基本的にメインシナリオのみを進め、最短でラスボスまで突き進みます
      サブイベントは閃きや素材不足なんかの場合、もしくは
      メインシナリオを進めるのに必要な場合しか選びません
      このゲームの特徴としてラスボス以外は全部ザコのため、やる作業全て
      ラスボスへの準備となります

     <戦闘システム>
      このゲームでは1ターンで実行する行動を5回選び戦闘開始します
      あとはその行動をどういう順番で実行するか、行動をくっつけて連携するかは自由
      また、このゲームではHPを0にしても敵を倒せません
      LPを0にすることにより敵が死にます(味方も)
      HPを減らすとLPが減りやすくなるだけです
      技別にLPの減らしやすさが決まっていて、
      RTAではその効率から斧で高速ナブラ、弓で連射を良くやっています
      HPはシナリオ終了時点で上がりますが、LPは各キャラ固定です

     <ステータス>
      このゲームはレベルは存在せず、全てシナリオ終了後のパネル配置によって
      ステータスが上がります
      力を上げると体術・斧の火力が上がり、技を上げると弓・短剣の火力が上がります
      また、技は相手のLPを削りやすくする相手からのLP削りを防ぐ効果もあるらしいです

     <キャラの役割>
      RTAでは斧役(メインアタッカー) or 弓役(敵の攻撃を受ける壁)に分かれます
      キャラによって上がりやすいステータスが決まっている為、
      力の上がりやすいキャラを斧役、それ以外を弓役にしています
      斧役が多ければ多いほどラスボス突破率が上がりますが、
      高速ナブラを閃かなければ意味がなく閃きに掛かる時間もあるため
      プレーヤー/主人公によって人数が違います

     <敵>
      このゲームはシンボルランダムエンカウント制というわかりずらいエンカシステムで
      敵はマップ内をうろついていて、遭遇すると敵の種類によって確率で戦闘が発生します
       水棲・魔族・アンデットは確定戦闘
       獣 5%、植物 10%、鳥 30%、獣人 70%、昆虫 90%
      唯一、身のこなしというスキルを使うことによって確率を下げられます
       ※身のこなしLV×10% 地味パネルがあるとさらに上乗せ

     <履歴>
      戦闘中、または、移動中に行った行動に対して履歴がたまります
      履歴がたまればたまるほど、そのパネルを引きやすくなります
       LV1 0回・LV2 1~4回・LV3 5~19回・LV4 20~回
      戦闘中に、倒すのに必要ないのにパンチ・キック・投げを入れていたり
      5回を目安に別の技に切り替えてたりするのはこのためです
      大体、身のこなしを使うのは斧役だったりするので、履歴がたまって後半鍵祭りになります

     <能力の補助技>
      能力の補助技(上昇・減少)を使った場合、単発では気にする必要ありませんが
      違うモノを使った場合中和されます
      たとえば、ビルドアップ(力上昇)したあとにアーマーブレス(防御上昇)同じキャラに
      した場合
      力上昇&防御上昇はしますが、単発でかけた時より力上昇&防御上昇の効果が薄れます
      減少技も同じで、骨砕き(力減少)をする前に痛打(体減少)してしまうと
      力減少の効果が薄れます
      ラスボスは力技が多いので骨砕き(力減少)をしますが、痛打など閃いてしまうと
      残念なことになります

     <武器>
      各武器自体に固有で技が付いています(1~4個)
      装備すれば誰でもその技を使えますが使えるのはLV1だけで
      LV2以上の技は、キャラ別に敵から閃くことにより使えます
       例) 一人時間差付きの斧を装備すれば一人時間差は誰でも使えますが
         高速ナブラは一人時間差のLV4技なので閃かないと使えない
      また、武器の威力は素材で固定です

     <ディフ系武器>
      ナイフガード(短剣)、ブロック(杖)、ディフェレクト(長剣)の技が付いた武器のこと
      敵の攻撃を一定確率で自動に無効化します、ラスボスでも有効なため非常に重要
       ナイフガード 29%、ブロック 31%、ディフェレクト 33%

     <改造>
      改造をすると、元にした武器の種類と付いている技の種類を変えられます
      場所によって作れる武器が違います
      強い素材を斧にして、適当な金属を弓、あとはディフ系武器 or 骨砕き杖を作ります
      斧の素材が重要で全素材の中でダマスカスが一番攻撃力が高い素材で、
      これを斧にするのが目標
      次点黒曜石(あんまり売ってない)、鋼が最低ライン、銅or鉛は結構きつい
      素材は1つ目に選んだものから変わりませんが、特殊な組合せによって
      突然変異したりもします
      突然変異させると売却価格がはねあがるので、売って資金源にもしたり改造する時、
      一定の確率で技の数が増減します

      通称まあこんと呼ばれるのが数が減ったときで、一人時間差の場合は2番目に付くので
      技の数が2個の場合に1つ減らされると一人時間差が付きません・・・
      そんな時は技の数を増やす手順を踏んだり諦めて売ったりします
      どちらにしろ、余計な手間が増えてしまうので計画が破綻します
      技の数が多めに付いてると店売りの価格が高いので、ギリギリのものを買うことが多く
      これをやられると泣けます

     <お店>
      商品はランダムで入れ替わります、場所によって出る素材と出ない素材があります
      アイテム売買した金額によって流通ランクというものが上がりより高い素材が
      販売されます
      シナリオクリア毎にラインナップが変わります

     <行動順>
      武器によって適正距離というものが有り、
      初めに適正距離の武器を多く選ぶほど先制できます
       ザコ戦では短剣・斧
       ラスボス戦では弓

     <ラスボス戦(カオスルーラー戦)>
      初めに選んだキャラに攻撃が集まるので
      適正距離と攻撃集中を狙って、弓役を壁にしつつ斧役でナブります
      第1形態は偶数ターンで倒すと第2形態が赤、奇数ターンで倒すと第2形態が青に
      赤はLP16、青はLP26なので赤狙いをします
      第4形態が最終で背景が切り替わります・・・地獄の始まり
      脅威の7回行動の上、一撃一撃が重いです
      補助かけるタイミング、骨砕きのタイミング、弓2回選ぶと確定で連携できるので
      三ナブラしたりとか
      第4で弓連射で特攻、斧役が剣振ってからのナブラとか
      戦い方は人それぞれ
      


    ●ちょっと詳細知識編

     <パネル>
      左上/右上が力、右/右上が技がよく上がります(力は全て同値ですが、
      技は右が一番上がる)
      真ん中は全てのステータスが上がります
      基本的にはパネル別の基本値が高いほど、LV高いほどステータスが上がりますが
       ジョイント(隣同士同じパネル)・ライン(一直線同じパネル)
      を作ることによって、さらに追加ボーナスがあります、
      また同LVでジョイント・ラインを作るとさらにボーナスがあるトカ

       体術パネルは効果値も高く、ジョイント・ラインの時に力が上がるため
       斧役は体術パネルでLV2ラインを狙います

       弓役は鍵でラインを狙いたいですがあんまり出来ないので単発で高いものを
       入れたり有効なスキルを持たせたりします

       初期でおしゃれ持っているとあきんど効果が上乗せされてウハウハ


     <LP減少関連>
      技別のLP減以外でもHPダメージ量でLPがさらに減ります
       499以上のダメージ・999以上のダメージ・残りHP以上・最大HP以上

     <武器1、武器2>
      装備した時の威力は、武器1 > 武器2になる
      ディフ系武器は武器2に置いたときにしか発動しない

     <防具>
      店で買うか拾うしか入手方法はありません(腕輪系以外)
      ライフ防御付きの防具を装備しているとLP減の確率が5%減ります、5個まで重複可能
      ○~付きの防具は、その系統の攻撃を食らったときに防御力が上乗せされます
      ラスボスは斬撃が多いので○斬撃の付いた防御力の高い鎧は安定につながります
      斧役にはぜひとも装備したい所
       ライフ防御付きの防具 < ○斬撃の鎧

    使えるモノ
       獣石製の鎧(○斬撃付き)、スケール・チェイン・ロック(○斬撃付き)
       骨鎧(○斬撃付き、アビ4でライフ防御)、骨十字(アビ4でライフ防御)

     <改造メモ(RTAで使えそうなヤツ)>
      素材2のアビ数によってアビ引き出しされやすい
      ワンダは斧、ヴァフは長剣がアビ引き出しされやすいとか
      アビ消される率は何やってもあまり変わらない
      同じ形状だとアビ変わりません(斧⇒斧とか)

      素材の突然変異
       鉄鉱石+木材⇒鉄(85%)
       鉄 +木材⇒鋼(85%)
       鋼  +木材⇒鋼2(15%)
       廃石 +獣石⇒廃石2(100%)
       廃石 +廃石⇒廃石2(100%)
       鋼2  +廃石2⇒ダマスカス(100%)
       石英 +雑木⇒廃石(15%)

      アビリティ付け(時間差斧)
       鉄鉱石+重量5,6(銅鉱石、蛇紋石、銅など)⇒100%(2アビ目)
       鉄+重量5,6(銅鉱石、蛇紋石、銅など)⇒ 50%(2アビ目)
       鋼+重量5,6(銅鉱石、蛇紋石、銅など)⇒ 50%(2アビ目)
       鉄or鋼+鉛⇒100%(2アビ目)
       鉄or鋼+フェザー ⇒100%(3アビ目) ※4アビは確定3アビは消される率高
                          (3アビ以上)
       鉛  +重量2以上(布、革、獣石など)  ⇒100%(2アビ目)
       銅  +重量5,6(銅鉱石、蛇紋石、銅など)⇒100%(2アビ目)
       黒曜石+重量5,6(銅鉱石、蛇紋石、銅など)⇒100%(2アビ目)

      アビリティ付け(弓)
       鉛+フェザーor木材⇒100%(2アビ目でた、3アビ目連射)
       鉛+重量4以上(廃石、銅鉱石、蛇紋石、銅など)⇒100%(2アビ目連射)
       銅+重量5,6(銅鉱石、蛇紋石、銅など) ⇒100%(2アビ目連射 or 2アビ目でた、
                             3アビ目連射)

      アビリティ付け(ディフ剣)
       獣石 +重量0~5(フェザー、木材、布、革、廃石、蛇紋石)⇒100%(2アビ目)
       木材 +なんでも                   ⇒100%(2アビ目)
       蛇紋石+重量0~2(フェザー、木材、布)         ⇒100%(2アビ目)
       廃石 +重量0~3(フェザー、木材、布、革)       ⇒100%(2アビ目)

      アビリティ付け(砕き杖)
       獣石+フェザー、木材 ⇒100%(2アビ目ブロック、4アビ目砕き) ※消される率高
    (4アビ)


  • 広告
  • スーパーファミコンの型番に関する記事のこれまでのあらすじとあれこれ

    2019-02-23 23:28
    前回の記事では沢山の閲覧ありがとうございます。
    コメントも多数頂きありがとうございました。

    唐突では有りますがこの件に関し私の方でブロマガに纏める行為は
    今回の記事を最後とし過去の記事も削除することにしました。(もう疲れました)

    画質関連の情報は新たにこちらに纏めが出来ましたのでコレを見て頂ければ良いかと。
    https://rta-play.info/notes/sfc-1chip/



    と、それだけで締めくくるには余りにもあんまりなので
    何故過去の記事を消すことを決断したか? その辺りの経緯を記しておきます。

    まず一番初めに書いたのが以下の記事です。

    スーパーファミコンの型番による違いについて【2014-08-19】
    ar603961

    2013~2014年のこと魔界塔士Sa・Ga RTA界で一つの出来事が有りました。
    このRTAは電源投入からタイマースタートを行うのですが
    SGBのロゴが必ず出てしまい数秒ロスしてしまうというという事が起きました。

    調査した結果それはSFC本体に依存することが分かり纏めたのがこの記事です。
    ゲームソフトのバージョン違い(最後にAが付いているものを後期と呼ぶ)に倣い
    シリアルナンバーの頭2桁で、前期(S1)中期(S2)後期(SM)と定義して
    手持ちのSFC本体3台の調査結果を纏めました。

    この記事を書いたお陰で他のRTAプレイヤーの方がSGBのロゴを表示しない本体を
    手に入れることが出来一定の効果も有りました。

    それから3年後・・・以下のコメントがされます。

    >画質の善し悪しは後期型の1Chipで決まる
    >後期型が一番画質が悪いというのは間違いなので記事を訂正するか削除しろ

    といったものでした。

    その意見に反論する意味で書いたのが次の記事です。

    スーパーファミコンの型番による違い追加検証(後期型)【2018-04-24】
    ar1492381

    ここで後期(SM)の中でもシリアルナンバーが後半だと思われる機体をもう一台購入し
    確認するといった内容です。

    結果は所持している後期(SM)と同様に画質が悪かったのですが
    ゲームの挙動は違うので別種の機体である。(のちに分解したら別基板)
    後期(SM)の中でも画質が綺麗なものが有るかのも知れないが、
    その機体はかなり数が少なく概ね画質が悪いものが多数ということで
    間違いとは言えないのではないか。(少なくとも記事の削除要求されるレベルでは無い)

    また、画質の善し悪しは1Chipで決まるとのことだったが
    1Chipとは関係の無い所でも画質は変わっているのでそれはどうなのか?という趣旨です。

    と・・・この様な趣旨にも関わらず1Chip1Chipと呪文の様に指摘コメントされた為、
    塩対応でしたが、その中でようやく指摘いただいた方の中から謎を解ける情報を頂けました。

    どうやら1Chipで有る無しに関わらず基盤の種類で画質が決まるというものでした。
    1Chipうんぬんの前に、この情報を一番最初に出して頂ければ塩対応することも無く
     穏便に全て解決だったんですけど・・・)
    ↓詳しくはこちら
    http://vaot.mydns.jp/fc/sfcdiff.htm

    また、基盤の種類で前期・中期・後期と分けて呼んでいる方々がいる様で
    呼び方が競合して分かりづらいとのことでした。
    別の共通認識が有るのならwikiなりブログになり纏めて、それを広めて頂ければ
     いいんじゃないですかね・・・)

    思う所は有るものの色々新たに判明した事も有りその結果を纏めてブロマガ第3弾を
    書こう!と思った矢先・・・
    情報が広まる事によってプレミア価格で特定の機体が流通するのが気にくわない!
    と批判が有ることを知って、完全にブロマガを更新するモチベーションが無くなりました。

    そもそも自分には文才が有るわけでも無く作文は苦手な人間なので
    ブロマガに纏めるという行為は非常に時間と労力が掛かる作業なのです。
    (余談ですが一番初めに就職した会社を選んだ理由が試験に作文が無いから、でした)

    そんな自分がわざわざブロマガを書いているのは、この件に関しての情報がほとんど無く
    誰かの役に立つであろうということを思いそれをモチベーションにして書いていました。
    (アフィブログでも無いので閲覧数が多いからといって収益得られませんし
     むしろ調査するにあたって大分出費が発生しました
    それなのに纏めること自体が批判を浴びるとは・・・

    そんなことも有り第3弾は完全にお流れになりました。

    第3弾を書かずともコメント欄を見て頂ければ有る程度分かりますし、
    自分の定義と他の定義が混ざって紛らわしいというのは理解出来ますが
    例えば、ナンバーがS252xxxxx 基板がSNS-CPU-1CHIP-03の本体を
    ナンバー基準で中期と呼ぼうが基板基準で後期と呼ぼうが本質は変わりません。
    SNS-CPU-1CHIP-03SNS-CPU-1CHIP-03なのです。

    また基板基準で後期型1Chipと一括りにした場合は以下の2つが
    同じ括りになってそれはそれで上手く差別化出来ないのでは無いかと思います。
     ・ナンバーがS252xxxxx 基板がSNS-CPU-1CHIP-03
     ・ナンバーがSM120xxxxx 基板がSNS-CPU-1CHIP-02
    ※この2つは画質も違いますゲームの挙動も異なります

    そのことから基板基準の定義というのも、それほど合理的で便利とも思えませんでした。
    定義を作った後すぐに定義を合わせましょう的な打診をされるなら分かりますが
    自分の定義だって2014年から使っている訳で、それなりに歴史が有りますし・・・

    他に例を挙げるとFC版ドラゴンクエスト3はバージョンの分け方が統一されておらず
    人によって定義がまちまちです。
    基板で分けたり、裏の刻印で分けたり、2つに分けたり、3つに分けたり、4つに分けたり。

    そもそも定義というモノは正解や間違いというものは無いものであり
    支持された方が残り、支持されなかった方は淘汰されるだけ、
    事前調整が有ったのならともかくどう定義するかなんて個人の自由だと思います。
    長さの単位にしたってヤード・尺・メートルなど様々な種類有りますし、
    メートル一つを取っても時とともに定義は変わっているのです。

    こんな考えもあり過去の記事もそのままにしていました。

    そして数か月後の2019年2月
    唐突にTwitterのリプが飛んできて、S252xxxxxは後期型だ!ブロマガ修正しろ!
    と言った内容を高圧的にぶつけて来られました。これには参りました。

    自分だけならまだしも別の方を巻き込みリプという形で
    それをされてしまいましたので、巻き込まれてしまった方にも大変申し訳無く思っています。

    そもそも第2弾の記事を書き上げた後の批判コメントでも
    某所に悪口が書いてあるという脅しをかけられていましたので
    その事もよぎりメンタル的に耐えられなくなりました。

    批判コメントについては基本的には高圧的で相手をするのも疲れますし、
    数か月に1度の単位で過去記事に批判コメントを書いては消しの
    嫌がらせもされていました。

    そんなこんなが有り過去の記事は消すことを決めました。
    もともと削除要求もされていましたし、1Chip1Chip、騒いでいた方々は
    これで望み通り文句は無いのでしょう。

    SGBのロゴを消す機体、ロマサガ2の初期乱数、電源オンからの起動の早い機体
    その様なRTAに関係する所を調べて結果を載せたかった訳で、
    画質はオマケ程度だったんですが、いつの間にかこの画質の部分だけが一人歩きし
    何故か執拗に突っ込まれ調べる羽目になりました。

    自分が興味の有る調べたい内容とは大分逸脱してしまっていましたし
    これ以上コメントから新たな情報提供も無いだろうと思います。
    (すでに国内の情報何かよりも海外の情報の方が詳細です)

    こちらの伝えたい意図とは違うことに対して重箱の隅をつつく様な押し付けを
    延々と執拗に1年以上に渡ってされており、流石にもう耐えられないし付き合いきれません

    記事を書いてから3年後に間違いだと指摘され全てが始まりましたが
    ここまで書いてきた通り間違いが有ったわけではなく
    定義の違いや認識の違いが有ったのみです。

    ただRTA界にプラスになるとを思ってした行動だったのに
    どうしてこうなってしまったんでしょうか?




    ここまでの長文読んで頂きありがとうございました。
    この内容は私の一方的な意見と見解で、読んだ方個々に思う所あるとおもうので
    コメントは自由にして頂いて構いませんがこちらからの返信はしません。
    (一番最初に書いた通りメンタル面でもう疲れました、
     胃腸を悪くしたりTwitterで通知が来るたびに恐怖心が有ります)

    最後まで読んでいた方に一つの問いを置いておきます。

    意にそぐわない相手に対し高圧的に自分の意見を押し付けて
    相手が折れるまで弾圧するという、この行為については
    間違いでは無く正しいことと言えるのでしょうか?

  • Nintendo Switchでlogicool製無線キーボードを接続する方法

    2019-01-12 19:13
    用意するもの
    ●PC
    unifying レシーバー(nintendo switch接続用)
     ※同じキーボードをPC、switchで併用する場合は2個必要
    logicool無線キーボード(K780を使用してますが多分何でも)
    設定時操作用のキーボード or マウス
    Step1
    PCにnintendo switch接続用のunifying レシーバーを繋ぐ
    (PC用のunifying レシーバーが接続されている場合は一旦外してください
     以降の操作では使えないので他に操作用のキーボードorマウスが必要です)


    Step2
    K780などEasy-Switch機能が有るキーボードの場合は
    電源ONにしてnintendo switchに接続したいボタンを押す
    (PCが1、nintendo switchを2にするなら2のボタンを押す)

    ※Easy-Switch機能の無いものであればこのStepは省いて良いです
     Easy-Switch機能が無い場合はPCとswitchで同じキーボードの併用は出来ません



    Step3
    Step4
    次へを押す



    Step5
    以下の画面でキーボードの電源をONにする
    (電源ONの状態だったら一度OFFにしてから再度ONにする)


    Step6
    以下の画面が出たら【はい】を選択して次へ


    Step7
    以下の画面が出たら完了を押して設定終了


    Step8
    設定したnintendo switch接続用のunifying レシーバーをPCから外し
    nintendo switchに繋ぐ



    Step9
    nintendo switchの文字入力画面時にキーボードが使用出来るようになります

    Step10
    Step1でPC用のunifying レシーバーが付いていた場合は繋ぎ直す
    後はEasy-Switchのボタンを押すごとにPC、switchに切り替え可能です

    ※Easy-Switch機能の無いものであればこのStepは省いて良いです