とっぴさん のコメント

(`・ω・´)スゲーリスペクト!かなりキテール
No.1
37ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
パチ台配信の音イロハ…やっと本題の位相問題編です。 スマホでレトロ台の音が聞こえる方法をお伝えしようかと思います。 ぶっちゃけ言うと原因も特定できて無く、 偶然やったら上手くいっただけなんですけど まぁ聞こえれば全て解決するので進めていこうかと。 なお、検証動画につきましてはようつべリンクでご覧くださいまし。 1 位相問題についてのあらまし Fねずみ小僧を配信している時の事でした。あるリスナーさんからいわれた一言が 「スマホからだと音が全然聞こえないんですよねぇ…」 そう、androidとiPhoneからだと台のサラウンドが全然聞こえないのだそうです。 話によるとニコ生に限らずどの配信・動画でも聞こえない台が有るのだとか。 えっ??マジで?ってなったんですけど、その時は原因が分からずで 後に 色々ググって調べた結果、位相が逆になっているのが原因なのが分かりました。 いわゆる「逆相」ってヤツで、音同士が打ち消しあって聞こえなくなる現象 の事です。 逆相に関して説明すると長くなっちゃうので参考URLを貼っておきます http://soundside.blog3.fc2.com/blog-entry-89.html じゃあそれをどうやって戻せばいいの?ってなったのですが、 これが物凄く手こずったんですw コネクターを逆に差し込んでも直らなかったのは言うまでも有りません。 そして余計な部品を買って無駄になったのも事実です…(´・ω・`) しかも結末がたった数ミリ浮かせて接続するだけで解決してしまうとは! まぁ愚痴っても仕方が無いですね。 ただ、台から出ている音の状態を把握しないとどうにもならないので 位相の調べ方からお話していきますね。 2 位相の判定方法 私自身が実際にやった方法を紹介していきます。 他に楽な方法があるかもしれませんが、 配信している時と同じ環境で調べたかったので以下の方法で行いました。 ぶっちゃけ言うなら、 スマホで録画したデータを開いて音を確認してみれば一発なのかもしれませんが 自分はあくまでPCで調べることを前提にしていたためにこの流れになりました。 ダウンロードするソフト ・配信用のソフト(まぁ実際やっていれば至極当然ですなw) ・CravingExplorer(カスタムで余計なソフトのダウンロードを未然に防ぐことを薦めます) ・SoundEngine FREE(無料版ですが機能が充実しています)  自分の場合はXsplitを使う前提で進めていきます。 まずはXsplit(ffmpeg・OBSとかは同様で行けるらしいです)の ローカル録画でパチ台の動画を録画します。 LogicoolWebcamでもおkかと思われますが、 配信している時の状態を記録したいのであるなら、 NLEの場合だとタイムシフトを録画した方が良いかもしれません。 (配信中の同時録画だと配信が止まる可能性がある為) そしてその録画したmp4素材をCravingExplorerでwavに変換。 ダウンロードに目が行きがちなんですが、実は変換も装備しているんですね。 右側のボックスを「wav」に設定しておきましょう。 動画をドラッグすれば1分程度ならわずか数秒で変換してくれます。 変換完了後は「保存先を開く」で飛ぶことが出来ます。 その変換したwavをSoundEngineで位相判定しようという訳です。 やり方は設定を左クリック→ヴィジュアルにチェックを入れます。 その後ヴィジュアル画面上で右クリック→位相チェッカーにチェックを入れればおkです。 あとはwavソフトをSoundEngineにドラッグすれば判定できます。 左右に水平だと逆相でスマホから音が聞こえない状態という事になります。 図1の状態になると、スマホでは全く聞こえない状態になるんです。 図2の状態に修正できれば、スマホからでも音が聞き取れるようになります。 なお図のサンプル台はFねずみ小僧DJXで、全ての音が聞き取れない状態でした。 ちなみにこの逆相状態はニコ生・ニコ動に限らず、 ようつべなど他の動画・配信でも同様の事が起こります。 ↓ねずみ小僧逆相状態(図1・この状態だとスマホからは音が出ません) https://youtu.be/7MyKcEgBbA8 ↓ねずみ小僧位相反転状態(図2・この状態ならスマホからでも音が聞こえます) https://youtu.be/5MIcFwC9cB0 3 配信で位相反転をいとも簡単に実行する方法  お次に用意するモノはニコ生界隈ではお馴染みのベリンガー XENYX 302USBです。 …ではなく、 位相反転の正体はヤマハのミクさんミキサーでした! 最近発覚したのですが、AUX端子に3.5ミリジャックを 2ミリ~3ミリ程度隙間を空けて接続するだけでおkです。      ↓ゴムチューブを2ミリにカットして挟んでみました(写真1) たったこれだけで位相が90度反転します。 証拠の為の動画(後日うp予定)と画像も作成しました。 画像は画像1と画像2がまさにそれです。(ねずみ小僧) どうやら隙間を空けることで位相を強制的に反転させているみたいです。 その証として上下しか音域が出ていないんです。 かと言って広がりが無いのかというとそんな感じはしませんでした…。 但し自分の場合、 ドラム機で稼働中にエラーが発生する可能性がある為に、 下の図のように設定しております。 前回もお話しした通り、ドラム機を回している最中にいきなりEEが出て動きが止まったり、 Fキングに至ってはダブルリーチが掛かった途端中ドラムが引っ掛かる現象が起こったりと 有り得ない現象が実際起こりまして、ボリュームを噛ませたことで解決したんです。 ベリンガーさんを経由させることでボリューム代わりになるかと思われますが、 念のため直撮りの部分にも抵抗を噛ませてあります。  (写真2) 何が原因なのかは分からないのですが、 位相反転が出来て、ドラム機もエラーが起こらずと、 本当に偶然上手くいったので アナログ台は(写真2)の接続で統一しています。 要は最終的には音声が(図2)の状態になれば良いんです。 そしてこのパターンをそのままステレオ台に転用しても行けることが分かりました。 4 配信で位相反転をしつつステレオ音源を確保する方法  この話をする前にまずそもそもそんな台があるのかって話になるかと思うのですが、 ちゃんと存在します。って言うか、配信中にリスナーさんから指摘を受けて発覚しましたw 「この台、停止音だけスマホから聞こえないんですけど…」 …えっ?? 一瞬耳を疑ったのですが、 後で調べてみたら停止音だけちゃんと位相が水平になっていました。 自分の所有機種でフィーバーギンガとCRFネプチューンの 2機種が該当する事が分かりまして、 設定を変えてみたり、アンプを2台使ってみたりと 紆余曲折が有ったのですが、結局のところアナログのやり方で上手くいきました。 取り合えず配線図を見てください(写真3)  (写真3) 位相反転状態の音は ベリンガーさんを経由しなくても取れるんですが、 やはり先程触れたドラム機稼働中にエラーが発生する為に念のための処置です。 音関連で抵抗を噛ませる必要があるのかなと推測をしてみるのですが 先に述べたように原因は分からずじまいでした。 以下音の状態を図で示しておきます。 図3は直接接続、図4は写真3通りの接続となります。 膨らんでる部分がドラム停止時の音です。 ↓ギンガ逆相状態(図3・この状態だとスマホからは音が出ません) https://youtu.be/ctPU1O2MqBI ↓ギンガ位相反転状態(図4・この状態ならスマホからでも音が聞こえます) https://youtu.be/A9Pus-BqfD4               ちなみに回転中の割と水平な波はどちらの接続でも聞こえます。 あくまで差が出るのは停止音です。 図3はいつもの逆相でスマホから聞こえない状態です。 図4だと位相が反転しつつ、音質もそれなりに確保できる状態となりました。 …とまぁ配信中に音が出ていないことに端を発した今回の位相問題。 どうしたらいいんだろうと迷いつつも どうにかここまでたどり着くことが出来ましたw 楽器とかでの位相反転はググれば出てくるかと思いますが、 パチ台に関する位相対策のデータはおそらく初めてでしょう(笑) 位相を調べるところまではググれば出てきたのですが 台そのものから出る音が逆相で対策を練ろうとして いくら調べても出てこなかったんですから… さて、パチ関連の配信・動画関連と細かいメンテで小ネタが出てきたので 次回からそっちで話を進めようかと思います。 箇条書きにすると ・位相反転は「他のPC等でも差込口を浮かす」だけで果たして出来るのか ・動画の位相反転のやり方 ・パチ台のメンテナンスあれこれ  (卓上機の情報線の取り方)  (三共ドラムの清掃注意点)  (液晶のハーネス加工) かなりマニアックで参考になるかは疑わしいのですが いざという時お役に立てればというつもりで進めようかと思います。