自己顕示欲を社会へ発信する限界点
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自己顕示欲を社会へ発信する限界点

2017-05-30 12:52
    私を見て!
    こんなに頑張ったんだよ!
    こんなに凄いんだよ!
    人気あるんだよ!

    それを前面に押し出す事を
    悪いとは言わない

    芸能人のドキュメンタリーなんかは
    苦労話で票集めをしており
    ひとつの手法となっているからだ

    ただし知っておいて損は無いと思う
    やり方を間違うと嫌味!
    反感の的になるという事

    炎上商法はこれを逆手にとった方法だが
    それを望まない場合
    どうやって発信すれば良いんだろう?

    良いとされている方法は
    第三者から発信しもらう

    でも、自分にプラスな情報を
    第三者に発信してもらうにはどうするのだろう

    親しくもない人にお願いして発信してもらう?

    答えはノーじゃないかと思う

    その場では願いが叶えられても
    それが悪意の有る他人だった場合
    未来に綻びが生まれる
    「あの時~させられた」と…


    はやく気がついた方がいい
    世の中は因果応報
    自分のしでかした事は全部自分に返ってくる
    人に愛されないのは自分の責任

    気がついてからがスタート地点
    生きた月日が長ければ長い程
    修正が困難になる様に思うのだ


    私は気付いたのが最近だった
    しみついた悪しき性格はなかなか治らない
    無意識の行動が人を不快にさせていたりする
    TSを見ながら反省点だらけ

    それは恥を知る事
    恥を知ってなお生きていかなければいけない事

    矛盾もあって本当に難しいけどね。



    ホームページ随時更新中!見に来てね!
    ツイッターはこちら!
    動画はこちら!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。