ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ドット絵素材の使い方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドット絵素材の使い方

2018-05-08 22:55
  • 4
おはよう。こんにちは、こんばんは。おやすみ。ころす。


ばなならーめんです! 初めてブロマガ描きます・・・(・ヮ・)
先に言っておくと自分は文章書くの下手糞です。変なとこあっても目をつぶってくらさい

「ダンサーヤリヤリダンサー」沢山の再生・コメ・マイリス・広告ありがとうございました!

今回は件の動画でもメインに活用した
AviUtlでの「ドット絵素材の発掘方法・動かし方」について解説していきたいと思いまー!!


①素材を見つける

まずこれをしなければはじまりませんね。
あまり深く踏み入ると権利的に怖いのでオススメのサイトのみを紹介します

・The Spriters Resource
https://www.spriters-resource.com/
新旧様々なゲームのキャラ・タイル・背景等のテクスチャがこれでもかというくらい詰め込まれたサイト。
左側の「Consoles」または「Genres」よりハードやジャンルごとに探すなり
上の「Search」欄より欲しいテクスチャを検索するなりしてドット絵を探しましょう。
海外名でないと出てこないので注意。





②素材を使える状態にする

 多くの場合、ダウンロードした後はこんな感じのpng画像になっていると思います。


 このままでは使えませんね・・・ そこでこの画像を1つずつ分けていきましょう
 自分は「Greenfish icon editor」というソフトを使っています、このソフト基準で書かせていただきます
 まずは、元となる画像をソフトで読み込んであげてください。
 よみこんだら、背景部分を塗りつぶしで透過してあげてください(カラーパレット右上の水色のマス状のボタンより選択色を透明にできます)。

1.大まかなサイズを決める
 ドット絵全体のサイズを見て大まかに「縦・横それぞれ何ピクセルか」を全てのコマにおいて統一したほうが後で楽です。
 また、縦横ともに偶数ピクセルにしましょう。
 決まったら、ファイル→新規画像を作成 と進み カスタムサイズの欄より入力してあげてください(「四角形」のチェックは外す)。

2.1つずつ保存していく
 サイズを決めたら、上にあるタブの切り替えを駆使し 元画像からコピー&ペースト→名前をつけて保存 を繰り返して1コマずつ保存していきましょう。
 ツールの一番左上にある点線の四角形のマークでコピーしたい部分を選べます。


 完成したら、次は実際にAviUtlで動かしてみましょう。

③素材をアニメーションさせる
パラパラ漫画の要領でコマをきりかえていけばアニメーションしているようにみえますよね
ここはシーン機能を使いましょう!
AviUtl拡張編集左上の「Root」をクリックしてシーンを切り替えてください。
その後、左上で今度は→クリックをして、シーンの設定を変えてください。
縦・横サイズは1コマのサイズと同じにして、アルファチャンネルを有効にするのを忘れずに。


ここまでできたら後はアニメーションするように画像を置いていってやるだけです。



そしてRootに戻り、カスタムオブジェクトからシーンを選べばやっと動き出します!
必要に応じて「基本効果」の「リサイズ」より「補間なし」にチェックをつけて拡大縮小してください!


追記:
AviUtlにてドット絵を動かす際、画像をナンバリングして1つのフォルダにまとめておけば
「動画ファイル」>「参照ファイル」で画像を参照することでアニメーションさせることができるみたいです。
こっちのほうが楽ですね。無知でごめんなさい

情報提供:henohenocappaさん




広告
×
utlにて、画像をナンバリングしてあるなら一つ一つ読み込んでいくより
メディアオブジェクトの追加>動画ファイル>参照ファイル
で読み込んでやった方が楽に済むと思います、ご参考までに
39ヶ月前
×
コメントありがとうございます!
・・・まじですね この機能の存在を全く知りませんでした申し訳ない
追記しておきます! ありがとうございます>
39ヶ月前
×
ナンバリング画像の動画取り込みはパターン表示のウェイト(一枚ごとの表示時間の長さ)調整が出来ないのが欠点ですね
アクションゲームの素材はだいたい等間隔ですが、格闘ゲームのドット絵なんかはウェイト調整必須ですね
38ヶ月前
×
そうですねー 使い分けていきましょう
38ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。