ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

中村俊輔の涙
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中村俊輔の涙

2013-12-10 00:57
    今日の一杯は地ビール、エチゴビール。

    どれも個性的でエビスやプレモルに飽きた人にオススメです。

    どうも、只の酔っ払いです。


    先週、Jリーグは広島の連覇、徳島のJ1昇格、そして讃岐悲願のJ2昇格が決まりました。

    しかし、私が気になったのは有利な状況にありながら優勝を逃した横浜でした。

    横浜というよりは横浜のエース、中村俊輔選手です。


    あらかじめ言っておくと、私は中村俊輔選手が大嫌いです。

    エスパニョールサポの私にとって、俊輔選手はチームに馴染もうとせず出て行った腰抜け。

    実際に試合を観ても集中しきれず、セルティック時代の闘志が見られませんでした。

    結果、俊輔選手よりも技術や運動量に劣るベルドゥにポジションを奪われます。

    横浜復帰後も自身の不振の理由を怪我のせいにしているのも男らしさを感じず、

    私のもう一つの心のチーム、柏レイソルで両膝の怪我と付き合いながらもピッチに立つと

    怪我を感じさせない闘志でチームを鼓舞する、北嶋秀朗選手と比較して情けなく感じました。


    しかし、今季は日本代表やセルティックで君臨していた時のような活躍ぶり。

    エヒメッシ斎藤学選手の成長もあり、自身の負担が減ったこともありますがシーズンを通して

    安定したパフォーマンスで横浜を引っ張り続けました。

    しかしラスト2試合での俊輔選手の鬼気迫るプレイには、とても感じるものがありました。

    そして、試合終了後の俊輔選手の涙にこの試合に懸けていたモノを感じました。
    クリックすると新しいウィンドウで開きます


    (私は天邪鬼なので)嫌いなのは変わりませんが、俊輔選手は正しくJリーグの看板選手です。

    お金を払って見たいと思える選手だと考えを改めました。

    今シーズンのようなプレイを来シーズンも観る事が出来ればいいなと感じました。


    今年のJリーグ、面白かったですね!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。