映画のお話⑦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画のお話⑦

2017-06-23 00:04
    お疲れ様です。

    僕の好きな映画についてのお話をします。

    『SAWⅢ』

    2006年/アメリカ
    監督:ダーレン・リン・バウズマン
    出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデン他

    今作から、ゲームの残虐度が格段にパワーアップしている。シリーズ中、総合的に今作が一番エグイと思う。
    ネタバレすると、一部のゲームを企画したのがジョンではなくアマンダだったから、というのもある。彼女の仕掛けるゲームはジョンとは違い、絶対に生き残れないゲームだから。

    オープニングゲームは、全身を鎖につながれた男が、制限時間内に皮膚を引きちぎって全ての鎖を外し脱出しなければ、爆弾で木端微塵になるというもの。当然?失敗するのだが、現場を訪れた女刑事ケリーは、脱出用のドアが溶接されていたこと(脱出不可能だったということ)に疑問を感じる。
    ケリーはその夜、例のブタマスクに拉致されてしまい、ゲームに参加させられてしまう。彼女のゲームは、制限時間内に酸が満たされたビーカーに手を突っ込み鍵を入手すること。残念ながら彼女のゲームもまた絶対に生き残れないゲームで、鍵を入手したものの、全身の内臓を抉り出す装置が作動、死んでしまう。
    どちらもエグイ。前者は、皮膚が引きちぎれるシーンを観るだけで痛い。後者は、酸の黄色が一気に血で赤くなっていくところが酷い。

    一方、今作のメインゲーム。
    息子を交通事故で失った男ジェフ。
    交通事故に関係する3人の男女を許すことができるか、を試される。
    ・冷凍庫で凍死
    ・豚の死骸で溺死(生き残る)
    ・歯車
    どれもエグイ。
    冷凍庫は、『タイタニック』のジャックとはまた違う寒さなんだろうなー。
    豚の死骸ミンチは、絶対に嫌だ。豚のエキスの中で溺死とか、身体的にも精神的にも苦しすぎるでしょ。
    そして歯車。ジョンもお気に入り(カセットテープより)の傑作。これは痛い。ただ、ここで先の豚ミンチで生き残った判事がショットガンで死んじゃうシーン、ストーリーの都合上ジェフ1人にしなきゃいけないんだろうけど、なんとも間抜けだよなーと苦笑。

    最終的にジェフはジョンのもとへ辿り着くが、、、、、そこからの死の連鎖が酷い。
    アマンダがリンを撃つ、切れたジェフがアマンダを撃ち殺す、ジョンはチェーンソーで殺す、ジョンの心臓とリンクした爆破装置が作動しリンが死ぬ、ジェフ絶望。

    今作でも、最終作までつながる様々な伏線が登場するね。一番は、アマンダが読んだ封筒。

    さぁ、次行ってみよー。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。