なんの予備知識もない状態で観た方が楽しめることもある
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なんの予備知識もない状態で観た方が楽しめることもある

2014-10-24 00:18
    『牙狼<GARO>-炎の刻印-』を観た。

    GAROって、名前だけは聞いたことあった。雨宮慶太なる人物も、名前だけ。
    某クイズゲームで、選択肢として出てきたくらい。
    そもそも特撮だったということも知らんかった。雨宮さんは、メカデザイナーかなにか?という状態。

    しかし、面白かったよ。市長決定。
    金と銀の騎士が悪者を倒していく、というストーリーで良いのかな。
    銀の騎士=父親の死亡臭ハンパなかったけどねw

    『牙狼<GARO>-炎の刻印-』は、GAROシリーズのなんかしらの続編であり、ここから入る人お断りなんかなーと思っていたが、全然そんなことなかったよ。むしろゼロの状態で観れて良かったのかも。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。