第五回:暮秋のシングル6-1祭り(戦評)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第五回:暮秋のシングル6-1祭り(戦評)

2017-11-14 00:51
    4. 各試合の概要
    ・ 1戦目:ひげドアラ ー つばささん戦


     

     初戦は大会前日に感覚を取り戻すためにフレ戦をしたつばささん。61スペレで苦しめられたカミツルギ、アシレーヌがいるパーティ。
     1戦目は前日のフレ戦で4連続オノノクスを出された経験からマニューラを選択。しかし蓋を開けてみるとマニューラ対カミツルギというこちらが不利な対面。しかしマニューラがつららおとしで怯ませるという悪ポケモンらしい不正を行う。はたきおとすで持ち物もしっかり確認して勝利。
     2戦目はオノノクスを読んで再びマニューラを選出。つばささんはバンギラスを選出し今度はこちらが有利な対面。ヨプのみも持っておらず、ねこだまし+けたぐりで倒して連勝。
     3戦目はリザードン or カミツルギが来ると予想しメレシーを選出。ところがここでオノノクスが登場。アイアンテールも搭載していてこちらが完全に不利な対面。ところがアイアンテールを二連続で避ける(6.25%)というフェアリーポケモンらしからぬ不正を犯して勝利。
     対面だけなら1勝2敗となるはずだったのに。不正の連続でまさかの3連勝。幸先の良いスタートを切った。

     





    ・ 2戦目:ひげドアラ ー かっきーさん戦
     

     二戦目はS4スペレでハリテヤマなどを使いあまり相性の良くなかったかっきーさん。やはりハリテヤマを筆頭に見覚えのあるポケモンが。
     1戦目はクレベース対ゲッコウガの対面。蘇る王者の印投げつけるの記憶。予想どおりおうじゃのしるしを投げつけられ、ハイドロカノンできっちり仕留められる。
     2戦目はガラリとパーティが変わる。ここでテッカグヤを読んでカプ・コケコを選出。しかしジバコイルが登場し相性はあまり良くない。まずじゅうでんをしないと始まらないのでじゅうでんをしたところにジバコイルはラスターカノンではなくエレキネット。ここにじゅうでん+エレキフィールド+ワイルドボルト@いのちのたまで特攻。ジバコイルのHP8割弱削る。ここでじゅうでんをしてDを挙げた恩恵でラスターカノンを耐える。このままワイルドボルトでゴリ押して勝利。(ラスターカノン連打されてたら負けていたのは秘密)
     3戦目、かっきーさんは1戦目のパーティに戻す。こちらは零度ゲーを仕掛けようとトドゼルガを選出。ところが出てきたのは絶対零度をある意味無効にするミミッキュ。しかもこのミミッキュがスカーフ持ちだった記憶が蘇る。ウッドハンマー二発で無事昇天。1勝2敗で2戦目を終える。
     





    ・ 3戦目:ひげドアラ ー せふたさん戦

     
     ここから始まる地獄のハリソンタオス勢。初戦はせふたさん。うん。がっつりメタられてる感が否めない。
     1戦目はイワパレス or ウツロイドを読んでマンムーを選出。出てきたのはゴウカザル。ねこだまし+ブラストバーン@いのちのたまで攻撃。こちらのマンムーはチョッキマンムーなので急所に当たらなければ耐えるのですが見事に急所にあたり上手に焼けました。
     2戦目は再びイワパレス or ウツロイドを読んでマンムーを選出。そして出てきたイワパレス。カウンターかがんせきほうかからをやぶるかどれが飛んでくるかわからないので火力アップ系アイテムを持っていると困るのではたきおとすを選択。かたいいしをはたきおとし岩石砲を耐えたマンムーがイワパレスを処理。1勝1敗の五分に戻す。
     3戦目、ジバコイル読みでソクノのみ持ちマリルリを選出。見事にジバコイルが出てきて買ったと思いきや、HP回復系の木の実を持っていた記憶が蘇る。案の定マゴのみ持っていて敗北。1勝2敗で終える。
     





    ・ 4戦目:ひげドアラ ー レフィーさん戦

     
     ここから地獄のハリソンタオス勢。続いてはレフィーさん。苦しめられたナットレイや打撃はいないものの辛いポケモンが何匹もいる。
     1戦目はヒードランを読んでトドゼルガを選出。出てきたのは一番出てきては困るスイクン。めざめるパワーをアンコールしたのでぜったいれいどを2回撃てるチャンスを得る。・・・が駄目っ!初戦を落とす。
     2戦目はスイクン or ヒードランを読んでカプ・コケコを選出するも出てきたのはミミッキュ。いのちのたまも持っており、じゃれつく+かげうちで倒され連敗。
     3戦目は再びトドゼルガを選出。出てきたのはドリュウズ。3割を引かなければ勝てる対面でいわなだれの怯みを引かずようやく1勝。3戦連続で1勝2敗という苦しい流れに。
     4戦終了して全体ではせふたさんが10勝でトップ。四畳半さんが9勝、せうゆさんがきなこさんとの大豆対決に勝ち越し8勝で続くという展開に。
     





    ・ 5戦目:ひげドアラ ー なあがさん戦


     まだまだ続くハリソンタオス勢との連戦。続いては過去何ども苦しめられたストーカーなあがさん。蘇るオノノクスの恐怖。
     1戦目はテッカクヤ or パルシェンを読んでフロストロトムを選出。見事テッカクヤ読みが当たる。とつげきチョッキを持っていて10まんボルトを耐えられるもののニトロチャージを持ってなく、ヘビーボンバーで攻撃してきたので、攻撃をしっかり耐えて勝利。
     2戦目は連続でフロストロトムを出すも、出ましたオノノクス。Aに補正がなければばかぢからを高乱数で耐えるものの耐えきれず敗北。
     3戦目はシャンデラ or パルシェンを読んでメレシーを選出。出てきたのはゲッコウガ。こちらのじゃくてんほけんを警戒してか水技ではなくじんつうりきで攻撃(おそらくスカーフ)。しかしメレシーは怯まずムーンフォースでCダウンを連続で引き勝利。苦手ななあがさん戦を2勝1敗で勝ち越す。
     





    ・ 6戦目:ひげドアラ ー きなこさん戦


     ハリソンタオス勢最後はきなこさん。祭りはQRで参加することが多いきなこさんが今回はQRでないパーティを用意。とはいえ炎・格闘・鋼と厳しいポケモンがたくさん。そしてダゲキやジバコを入れるとはあなたレフィーさんか?
     1戦目はダゲキ or シャンデラを読んでマニューラを選出。出てきたのはニックネームからこちらを倒す気満々なバシャーモが登場しなす術なく倒される。
     2戦目はジバコイルを読んでマリルリを選出。案の定、ジバコイルが出てきたのでソクノのみでしっかり耐えて1勝ゲット
     3戦目、ジバコイルかマリルリが来ないかと思いフロストロトムを出すも、でてきたのはまたしてもバシャーモ。バシャーモに完敗し1勝2敗で終える。
     





    ・ 7戦目:ひげドアラ ー ゆうすけさん戦


     怒涛のハリソンタオス勢との連戦を終えて後半戦最初の相手はゆうすけさん。中央のナットレイ、フェローチェも気になるが、よもやのヌケニンが入っていることにビビる。
     1戦目はフェローチェ以外相手できそうなフロストロトムを選出。出てきたのはラプラスなので勝ったと思いきや、せんせいのツメが発動。つのドリルが襲いかかるが躱して七死に三生を得て勝利。
     2戦目はフェローチェが来ると思いクレベースを選出。出てきたのはなんとヌケニン。がんせきふうじを持っていたので助かったものの、二戦連続で肝が冷える。
     3戦目、ナットレイが来ると思いグランブルを選出。選出読みが当たりナットレイ登場。威嚇を入れたのでジャイロボールも怖くなくほのおのパンチで倒して初戦以来の3連勝。
     後半戦に入り首位争いはせふたさんとせうゆさんが14勝で同率首位、ひげ、はとこさん、よじょうはんさん、レフィーさんが12勝で追いかけるという展開に。
     





    ・ 8戦目:ひげドアラ ー はとこさん戦


     8戦目ははとこさん。第三回の祭り以来の対戦。ダゲキ、カプ・テテフ、ウィンディが怖い。蘇るHB振りテテフの恐怖。
     1戦目はダゲキを予想してキュウコンを選出。だが出てきたのはキノガッサ。スカーフでもハチマキマッハパンチでもなかったためムーンフォースを当てて無事勝利。
     2戦目はカプ・テテフが来ると考え、カプ・コケコを選出。しかし、でてきたのはダゲキ。どくづきであっさり倒され1勝1敗にされる。
     3戦目、誰が出てきても3割で勝が拾えるキュウコンを選出。出てきたのはブルンゲル。ぜったいれいどを外すもののちょうはつを撃たれてれいどのチャンスが増える。ぜったいれいどを連打すること4回目。>∩(・ω・)∩<テーレッテー。ようやくあてて2勝1敗。このれいどを当てる思考停止スタイルが後の対戦で痛い目を見ることになるとをこのときはまだ知らない。
     全体では1位同士のせふたさん ー せうゆさんの直接対決はせうゆさんが三連勝し17勝と勝ち星を伸ばし独走態勢を作る。2位は14勝でひげ、せふたさん、きなこさん、よじょうはんさんが並ぶという展開に。
     





    ・ 9戦目:ひげドアラ ー うなさん戦


     9戦目はうなさん。謎のQRが登場。みんな私に対してダゲキ入れすぎじゃない?
     1戦目はダゲキを予想してキュウコンを選出。出てきたのはカプ・ブルル。ハチマキかスカーフかと思いまずオーロラベールを貼る。撃たれた技はウッドホーン。大したダメージが入らなかったこと、いつものいつものアンコール+金縛り型じゃないためぜったいれいどを選択。ここから地獄の泥仕合いが始まる。零度が当たらない。金縛りで封じられてしまう。やどりぎ+みがわりで粘られる。じわじわ嬲り倒され敗北。最初からムーンフォースを選択していればまだ変わったかも・・・。
     2戦目は再びキュウコンを選出するも出てきたのはオノノクス。スカーフアイアンテールが当たり無事2敗目。
     3戦目。何とか三連敗を避けたいひげはにマリルリを選出。出てきたのはオノノクス。ハサミギロチンを回避し薄氷の1勝を挙げ、1勝2敗でうなさん戦を終える。
     全体ではせうゆさんが1勝積み上げ18勝でトップ。2位に16勝でせふたさんときなこさんが続く。その後に15勝でひげ、よじょうはんさん、レフィーさんが追いかける。
     

     





    ・ 10戦目:ひげドアラ ー よじょうはんさん戦


     10戦目はよじょうはんさん。とうとう61の鬼との対面に胸を借りるつもりで挑むひげ、しかし待っていたのは予想だにしなかった鋼統一。え?あなたも私をメタルの?鋼統一だけに。
     1戦目はジバコイル意外相手できそうなトドゼルガを選出。出てきたのはアイアント。H4振りならなみのりで37.5%で倒せるので怯まなければいけると思いきや、まさかのなまけアイアンと。なかまづくりをされてお互いなまけつつ、まもる+たべのこしでじわじわ回復される。どくどくのタイミングでアンコールを打てれば勝機があったもののどくどくのタイミングでなみのりで攻撃。これをギリギリで耐えられたため投了。
     2戦目はテッカグヤ意外と祈ってグランブルを選出。ここでギルガルドが出てきたため対面は良好。アイアンヘッドで怯まなければ勝てると思ったら怯むorz。連敗となる。ここで初戦で引いた怯み勝ちのツケが回ってくる。
     3連敗だけは阻止しようとジバコイル一点読みでマンムーを選出。見事にジバコイルが出てきたため、じしん連打で勝利。1勝2敗とし、3連敗は免れる。
     全体では6試合中4試合で3勝0敗となり大いに荒れる。1位は変わらずせうゆさんで20勝。2位は3勝あげたせふたさんが19勝。そしてよじょうはんさんが17勝で続いて3位。この時点でせうゆさんとせふたさんの二人に優勝が絞られる。
     





    ・ 11戦目:ひげドアラ ー せうゆさん戦


     【定期】この時点で優勝のなくなったひげ。(同率4位で16勝)
     最終戦は首位を走るせうゆさん。優勝争いを面白くするためにも一矢報いたいひげ。せうゆさんのパーティには対処法を知らないと嵌められるパンプジンが。そのほかにもスイクン、カミツルギ、ゲッコウガと辛い面々が揃う
     1戦目はカミツルギを読んでフロストロトムを選択。出てきたのはスイクン。・・・が、ただのスイクンではなくクラウンスイクン。漂うチョッキミラーコート臭。案の定ミラーコートで倒されあっさり1勝を献上する。
     2戦目は意地になってふたたびフロストロトムを選択。出てきたのはまたしてもスイクン。ここでひげはあくのはどうで怯みを狙うという。ミラーコート2回でHPは残り9。まだだ!まだ終わらんよ!と悪の波動を選択するも無慈悲なしんそくで倒されあっさりせうゆさんに優勝を献上してしまう。一矢報いるとはなんだったのか。
     今まで3連敗はしていないので最後に3連敗するのは絶対に避けたいひげは3連続スイクンを予想してカプ・コケコを選出。ところが出てきたのはまさかのカプ・コケコ。最終戦にして初めてのお見合いである。こちらは有効打がないので火力と特防を上げるためにじゅうでんを選択。ところが相手もじゅうでんをするというまさかの展開。命は投げ捨てるもの。ここでひげはエレキフィールド+じゅうでん+ワイルドボルト@いのちのたまという捨て身の高火力で勝負を仕掛けるがギリギリ耐えられる(耐久無振りなら確定1)。終わった・・・と思いきや、せうゆさんはまさかの2連続じゅうでん。こちらを特殊型と思っていたがための過充電。これと全て先制したおかげでこの試合に勝利する。せうゆさんに一矢報い1勝をもぎ取る。
     全体ではせうゆさんが2勝、せふたさんが3勝をあげともに22勝とするも、直接対決でせうゆさんが3勝したため。優勝はせうゆさん、2位がせふたさんとなった。次いでつばささんとよじょうはんさんが18勝と並ぶも最終戦の直接対決でつばささんが2勝1敗と勝ち越したためつばささんが3位、よじょうはんさんが4位となった。(ひげは17勝で4人並んで同率5位)
     

     





    〜エキシビション編〜
     このあと滅茶苦茶ボッコされた





    5. 教訓
    1. 止めてくれみんな。そのメタはオレに効く。
    2. 一撃必殺技は外れるもの。
    3. 隠れステータス「スタミナ」の存在の発覚。





    6. 使用率(相手パーティに入っていたポケモン)
    1位. オノノクス、ジバコイル(4/11)
    3位. ゲッコウガ、スイクン、ダゲキ、テッカグヤ、ポリゴンZ(3/11)
    8位. ウインディ、カミツルギ、カプ・コケコ、カプ・テテフ、ギルガルド、
       シャンデラ、ドリュウズ、ハリテヤマ、ヒードラン、マリルリ、
       ミミッキュ、ラプラス、リザードン(2/11)






    7. まとめ
     今回は最多11人の参加となり、祭り前はかなり困惑しましたが、61大好きな方々が集まったのでいろんなパーティが見れて楽しかったです。参加していただいたみなさんも楽しんでいただけたのなら幸いです。開始から約3長時間半と長時間になりましたが参加していただいた皆様、長時間お付き合いいただき本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でしたm(_ _)m
    USMのスペシャルバトルで復活することを祈りつつ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。