第六回:歳末のシングル6-1祭り(戦評)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第六回:歳末のシングル6-1祭り(戦評)

2018-01-04 00:18
    3. 対戦結果

    * 横のラインで同じ色同士が対決
    * 勝利数が同じ場合は直接対決の勝敗で順位を決定

    1位. せふたさん
    2位. つばささん
    3位. まぐなむ。さん

    優勝:せふたさん!(24勝16敗)







    4. 各試合の概要
    ・ 1戦目:ひげドアラ ー サンセベリアさん戦(のはずだった)

     初戦はサンセベリアさんとの対戦...のはずが、サンセベリアさんの準備が間に合わず、後回しに。その結果、初戦は次戦に持ち越しとなりまったりとみかんを食べるヒゲであった。
    全体では5勝が出ることもなく、まずまず穏やかな開始となる。



    ・ 2戦目:ひげドアラ ー TKGさん戦
     

     2戦目はTKGさん戦。シーズン4スペレ以来の対戦。USUMらしく新UBズガドーンがパーティに入っている。その他にエルレイド、イワパレス等氷統一には厳しい面々の姿も。
     1戦目はイワパレス読みでクレベースを選出し見事に当たる。ロックブラストを躱すというファインプレーを見せるも、次のターンでがんせきふうじを外すクレベース。平等な世界である。しかしロックブラストを耐え、がんせきふうじを当てて倒し1勝。
     次はポリゴンZを出すと考えカプ・テテフを選出。ところがよもやのアクジキング登場で動揺する。ロゼルのみを持っているもこだわりメガネ+ムーンフォースは耐えられず連勝。
     3戦目はエルレイドが出ると考え再びクレベースを選出。またしても選出読みが当たりエルレイド登場。けたぐりをされるもハチマキゆきなだれでしっかり倒し3連勝。
     4戦目はズガドーン選出と考えメレシーを選出。出てきたのは再びイワパレス。からをやぶってロックブラストで攻めてくるもメレシーの装甲は貫けず、がんじょう対決はメレシーに軍配。よもやの4連勝となる。
     最終戦は三たびクレベースを選出。出てきたのはズガドーン。勝った!・・・と思ったところにおうじゃのしるしをなげつけられてがんじょうを潰される。その後、ビックリヘッドでしっかり焼かれて5連勝は阻止される。
     5戦目で負けたものの初戦を4勝1敗で終え、いいスタートを切る。
     



    ・ 3戦目:ひげドアラ ー あかちゃさん戦


     3戦目は過去の対戦相性が悪いあかちゃさん戦。いつもと違うパーティで来るのかと思いきや、やはり登場ブイズパ。しかもレタスなしである。おまけにパーティ変更なしで勝負という提案を投げられてまんまとそれに乗るひげ。
     1戦目はブースターが来ると考えマンムーを選出。結果はニンフィアが登場し微妙な感じ。チョッキマンムーのため地震連打。急所に当てるという不正をし、ハイパーボイスを耐えて1勝。
     2戦目はエーフィと考えマニューラを出すも今度はブースター登場。まもるを持っていたため、ねこだましを防がれ、はたきおとすもきっちり耐えられフレアドライブで上手に焼かれました〜。
     3戦目は何となくシャワーズが来ると考えフロストロトムを出すもエーフィ登場。ロトムのあくのはどうを耐え、サイコショック2発で倒され連敗。
     4戦目は再びフロストロトム選出するも登場したのはまたもエーフィ。3戦目の再現となり3連敗。
     最終戦、何とかもう1勝したいところ。ひげは原点に戻りマンムーを選出。出てきたのは意外!グレイシア。れいとうビームしか撃たれなかったのでじしんでゴリ押し2勝目。苦手なあかちゃさん戦を2勝3敗で乗り切る。
     全体ではまぐなむ。さんが10勝。せふたさん、あかちゃさんが9勝。ゆうすけさんが8勝と快調な滑り出し。3戦目でゆうすけさんは5勝し大きく勝ち星を伸ばす。
     



    ・ 4戦目:ひげドアラ ー かおるさん戦(ひげが休憩につきエキシビジョン)


     4戦目でまたしても休憩タイムとなったひげはハリソンタオス勢のかおるさん(旧姓:れふぃーさん)とエキシビジョンマッチをすることに。新UBツンデツンデを筆頭に鋼タイプ3匹。そこにエンテイやミミッキュが入った厳しいパーティ。
     1戦目はとりあえずクレベースを選出。出てきたのはトゲデマル。でんじふゆうを警戒してばかぢからを選択するも、アイアンヘッドで攻撃。ばかぢからでBを下げてしまい、次のアイアンヘッドで倒される。ばかぢからでBを下げていなければ2発耐えられたかも・・・。
     2戦目は再びクレベースを選出。出てきたのはツンデツンデ。ふうせんで浮いているもはちまきばかぢからは耐えられずツンデツンデ撃沈。1勝1敗にする。
     3戦目は三たびクレベース。今度はミミッキュが登場。USUMの教え技で得られたトリックでこだわりスカーフとこだわりハチマキを交換される。ミミッキュにこだわりハチマキ+ドレインパンチをされるもクレベースはしっかり耐えてゆきなだれで攻撃。ミミッキュのHPが1残るという事態が起こるも追撃のドレインパンチを耐え2勝目。
     4戦目はカミツルギ選出を読みトゲッキスを選出。出てきたのはエンテイ。ストーンエッジを躱すも、げんしのちからは3割り程しかダメージを与えられず、次のターンでストーンエッジが急所に当たる。わずかにHPが残るもせいなるほのおでウェルダンに焼かれ2勝2敗に。
     最終戦、勝ち越したいひげはカミツルギ or ツンデツンデ読みでグランブルを選出。出てきたのは再びトゲデマル。びりびりちくちくで麻痺になったグランブルは1ターン目に痺れ、2ターン目も痺れるという自覚のなさ(アイアンヘッド2回でも十分倒されました)。エキシビジョンのかおるさん戦を2勝3敗で終える。
     



    ・ 5戦目:ひげドアラ ー せふたさん戦


     61大好き勢にしてハリソンタオス勢のせふたさんとの対戦。何このタオス気満々なこのパーティ。もはや説明するまでもなかろう。
     1戦目はイワパレスと考えメレシーを選出。出てきたのはツンデツンデと微妙な対面。4倍弱点のだいちのちからでも4割しかダメージが入らない。ところがジャイロボールで攻撃してきたためじゃくてんほけん発動!火力の上がっただいちのちからでツンデツンデを倒す。
     2戦目はズガドーン選出と予想。ひげは初戦でおうじゃのしるしを投げつけられた経験を生かしトドゼルガを選出。見事に選出が当たりなみのりでK.O。連勝する。
     3戦目はハリテヤマを予想してキュウコンを選出するもツンデツンデが登場。これは成す術がないので降参。
     4戦目はカミツルギ選出を読みグランブルを選出。出てきたのは意外なことにハリテヤマ。ところがじゃれつくをするもギリギリで耐えられてカウンターで倒される。2勝2敗で5戦目に。
     最終戦、イワパレスピンポイント読みでクレベースを選出。これが見事に成功。ロックブラストを耐え、がんせきふうじをしっかり2回当てて厳しい戦いを3勝2敗で終える。
     



    ・ 6戦目:ひげドアラ ー まぐなむ。さん戦


     6戦目はここまで絶好調のまぐなむ。さん。ダゲキ、ギルガルド、ゴウカザル等厳しいポケモンが揃う。
     1戦目はダゲキと考えキュウコンを選出。出てきたのはゴウカザルと物理だとアウトな対面。伝家の宝刀オーロラベールでいのちのたま+ブラストバーンをきっちり耐える。あとはアンコール+かなしばりで料理しまず1勝。
     2戦目はギルガルド読みでメレシーを選出。出てきたのはギルガルド。素直に攻撃してくれれば勝てる。・・・と思いきや、こちらのメレシーが先制するという異常事態が発生。くろいてっきゅうギルガルドにラスターカノン+かげうちで倒され1勝1敗
     3戦目は再度ギルガルドが来ると考えトドゼルガを選出。出てきたのはゲッコウガ。2回の悪の波動で怯まずに倒し2勝目。
     4戦目は今度こそダゲキと考えマニューラを選出。出てきたのは再びゲッコウガ。漂うこだわりスカーフ臭。案の定ハイドロカノンを先制で打たれてマニューラを倒されてしまい2勝2敗の五分に。
     最終戦、カプ・ブルル以外なら何とかなりそうなマリルリ選出。ところがカプ・ブルル登場。ウッドハンマーで思いっきり叩かれて2勝3敗で終える。
     全体ではまぐなむさん。が21勝(6戦)で首位独走。続いてせふたさんが18勝(6戦)が続く展開に。
     



    ・ 7戦目:ひげドアラ ー うれあさん戦


     7戦目はさかさバトルの民うれあさん。キノガッサ、ギルガルド、エンテイ等厳しいポケモンはいるものの今までよりはまだマシに見える。・・・が、そう思ったのがダメだった。
     1戦目はキノガッサ以外は相手できそうなトドゼルガを選ぶもキノガッサが出てくる。タネマシンガン2回で倒されたが、キノガッサはこだわりハチマキと確定。
     2戦目はカプ・コケコを選出。出てきたのはエンテイ。いのちのたま+ワイルドボルトを打つも7割程度しかダメージを与えられず、じならし+しんそくで倒され連敗。
     3戦目はクレセリア以外なら何とかなりそうなメレシーを選ぶも、クレセリアが登場。どくどくを持っていたので降参。
     4戦目は再度トドゼルガを選出。出てきたのはミミッキュ。呪い型と想定し見事にアンコールで縛り、さらにれいとうビームでばけのかわを剥がしつつ凍らせるという不正おいしい展開に。ところがぜったいれいどを3回躱され呪いダメージで倒される。凍っているなられいとうビームで攻撃し続けていればよかったかも。
     最終戦。5連敗は絶対に避けたいひげ。キノガッサが再び出ると考えたのに何故かマニューラを選出。案の定キノガッサが出てきてこだわりハチマキ+マッハパンチで無事昇天。痛恨の5連敗を喫す。
     



    ・ 8戦目:ひげドアラ ー ゆうすけさん戦


     8戦目は祭りで何度も対戦してきたゆうすけさん。新UBアーゴヨン、ズガドーンの姿があるが、しかしそれよりもレジロックが強烈なプレッシャーを放つ。
     1戦目はマンタイン以外何とかなりそうなマンムー。出てきたのはバクーダ。しかも色違い。Aにあまり振っていないマンムーなので不安がよぎるも、さすがにタイプ一致じしんは耐えられず1勝。
     2戦目はアーゴヨンが選出されると思いメレシーを選択。ところがバクーダが連続で登場。メレシーが先制してだいちのちからで攻撃するも3割程しかダメージを与えられない。しかしDダウンを引くナイスプレー。対するバクーダはこちらのじゃくてんほけんを警戒し、げんしのちからから入る。2ターン目。だいちのちからで攻撃するも2割ほど残る。バクーダはだいちのちからで攻撃。勝負あった・・・と思いきや、メレシーがこれを耐え、次のターンに攻撃し薄氷の勝利を得る。
     3戦目は誰が出てきても何とかなりそうなトドゼルガを選出。登場したのはレジロック。じゃくてんほけんを持っていると困るのでまずはれいとうビームで攻撃。レジロックはドレインパンチをしてきたためヨプのみでダメージを防ぐ。若干HPを回復されたものの次のなみのりでレジロックが倒れ3連勝。
     4戦目はやはりアーゴヨンが怖いため再度メレシーを選出。出てきたのは予想外なマンタイン。まずは様子見でムーンフォースで攻撃しCをダウン。マンタインもれいとうビームでじゃくてんほけんを警戒。今度はタイプ一致パワージェムで攻撃するも3割程しかダメージを与えられない。硬すぎる!そのままパワージェムでゴリ押そうとするもミラーコートの存在を忘れていたひげ。倍返しされ倒される。
     最終戦。再度トドゼルガを選出。出てきたのはバクーダ。勝った!・・・と思いきやせんせいのツメ発動!じわれが飛んでくる。前回もせんせいのツメラプラスにつのドリルをされた記憶が蘇る。しかしこれをきっちり躱して勝利。4勝1敗でゆうすけさん戦を終える。
     全体では独走していたまぐなむ。さんが失速したもののトップの22勝(7戦)。次いでせふたさん、つばささんが21勝(7戦)。そしてあかちゃさんが19勝(7戦)と混戦模様に。ひげはこの時点で15勝(6戦)。

     



    ・ 9戦目:ひげドアラ ー つばささん戦


     9戦目は現在勝利数2位のつばささん。この戦いの結果により1位が変わるという事実にプレッシャーがかかるひげ。前回の祭りとほぼ同じパーティだがギルガルドの代わりにニドキングが登場。
     1戦目はカミツルギを予想しフロストロトムを選択。見事選出読みが成功し、華麗にハサミギロチンを躱して1勝。
     2戦目、アシレーヌかカミツルギで悩み、アシレーヌと呼んでカプ・コケコを選出。結果は連続してカミツルギ登場。今度はギロチンが決まって1勝1敗に。
     3戦目はバンギラスが来ると予想しマンムーを選出。・・・が、出てきたのはアシレーヌ。ハイドロカノンであっさり倒される。
     4戦目はアシレーヌが連続で選出されると考えカプ・コケコを選出。しかし、出てきたのはバンギラス。バンギラスのじしんを耐え、いのちのたま+じゅうでん+ワイルドボルトで特攻するも9割ほどしか削れずこちらが耐える。
     5戦目、1戦目以外悉く選出読みが外れたひげ。再度バンギラス選出と考えマニューラを出すも出てきたのはリザードン。こだわりスカーフの恐怖がチラつくもねこだまし+はたきおとすが決まり2勝目をもぎとる。
     全体ではまぐなむ。さんせふたさんの直接対決で4勝を上げたせふたさんが逆転して25勝。まぐなむさん。は23勝。また、ひげから3勝をもぎ取ったつばささんは24勝とするもあと1勝及ばず。あかちゃさんはうれあさんに1勝4敗と勝ち星を伸ばせず20勝。この結果、せふたさんが25勝で1位、つばささんが24勝で2位、まぐなむさん。が23勝で3位となった。
     



    ・ 最終戦:ひげドアラ ー サンセベリアさん戦


    【定期】この時点で優勝のなくなったひげ。{17勝(7戦)}
     最終戦は初戦で対戦するはずだったサンセベリアさん。サンセベリアさんもシーズン4スペレで何度も対戦したリージョン統一パーティのトレーナー。選出はいつもじゃんけん。
     1戦目はペルシアン以外相手を出来そうなマンムーを選択。出てきたのはひげドアラというニックネームのゴローニャ()。がんじょう+カウンター or じゃくてんほけんが怖いため、まずははたきおとすから入る。案の定じゃくてんほけんを所持。ゴローニャはばかぢからをするもきっちり耐えて、次のターンに地震を撃って勝利。
     2戦目、ベトベトンが怖いが対処できるポケモンがいなさそうなのでグランブルで健闘できるか挑戦。予想通りベトベトンが出てくる。S下降補正が仇となりベトベトンに先制でのろいを積まれる。地震で攻撃するもイアのみで回復。ダストシュートで倒され1勝1敗に。
     3戦目ペルシアンが選出されると読みトドゼルガを選択。出てきたのはまたしてもベトベトン。のろいをアンコールで縛るも全く当てないぜったいれいど。アンコールが解けてかげうちをアンコール。次を外すと負けそうなぜったいれいど4発目。ようやく当てて2勝目。
     4戦目、やはりガラガラ、ペルシアンが怖いのでもう一度トドゼルガを選出。出てきたのはガラガラ。なみのりでしっかり倒して3勝。
     5戦目、今度こそペルシアンが出ると思い三たびトドゼルガ。そしてようやく出てきたペルシアン。みがわりをされると困るので冷凍ビームを選択。すりかえでこだわりハチマキが押し付けられ、さらにいばられる展開に。しかしここで自覚を示したトドゼルガ。零度は当てずとも混乱せずにれいとうビームを当てて勝利。最終戦を4勝1敗。ひげは合計21勝19敗(4位)で終える。
     




    〜エキシビション編〜
     このあと滅茶苦茶ボッコボコされた





    5. 教訓
    1. メタよりも効果抜群な対人相性。
    2. 一撃必殺技は外れるもの。
    3. スタミナ切れにご用心
    4. 死亡フラク5勝0敗





    6. 新UB搭載率
    1. ズガドーン(3/9)
    2. ツンデツンデ(1/9)
    3. アーゴヨン(1/9)

     今回はズガドーンが人気だったようです。やはりそこそこの素早さと高いCからのビックリヘッドが魅力だったのでしょうか。以外とツンデツンデの使用率が低かったのは理想個体の厳選が難しいことも影響しているのかも。4倍弱点に目を瞑ればポテンシャルはかなり秘めていると思います。アーゴヨンは61ではイマイチという意見が多かったのでこんなものですかね?





    7. まとめ
     1年納めの61祭りでしたが、初のUSUMでの61祭りとなりました。新UBであるズガドーンやツンデツンデ、アーゴヨンが入ったパーティが見れて楽しかったです。参加していただいたみなさんも楽しんでいただけたのなら幸いです。新UBを使った方は試運転という形でもあったと思うので、これから新しい型や調整をされると思います。開始から約4時間と長時間になりましたが参加していただいた皆様、お付き合いいただき本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でしたm(_ _)m
    USUMのスペシャルバトルで復活することを祈りつつ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。