記事 8件
  • その8 野獣先輩クッパ説

    2013-01-30 22:32  
    ・「入って、どうぞ」→マリオの入城を快く受け入れるクッパは悪役の鑑・豪邸住まい→悪の大王ならそれくらい当然・地下室がある→土管に入った先・クッパはトゲトゲしている→野獣先輩はイボイボしている・「焼いてかない?」→クッパの得意技は火炎放射・アイスティーに睡眠薬→悪役らしい、卑劣な手法・「暴れんなよ、暴れんな…」→さらったピーチ姫が暴れてるとか・「ンアッ―!」→クッパの咆哮って大体こんな感じ・昏睡レイ

    記事を読む»

  • その7 徳川家康KBTIT説

    2013-01-29 17:28  
    ・専属調教師→馬の調教は将軍なら当然・上半身に比べて下半身が貧相→きっと上半身にだけ甲冑をつけていたんだろう・「落ちろ!」→大坂冬の陣・「落ちたな」→大坂夏の陣・「髪なんか必要ねぇんだよ」→ちょんまげなら、そんなに髪は必要でない・「来いホイ」→関ヶ原の戦いで、西軍の小早川秀秋に言っっている・「(秀吉が死んで)悲しいな」・「For iPhone?」→天下人なら、合戦に便利なアプリぐらい作ってそう・「

    記事を読む»

  • その6 フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

    2013-01-27 22:53  
    クラシックやってた人や、クラシックファンでもなければ必ずこう言います。 「ハイドンって誰?」 しかし、クラシックの歴史を紹介するうえでハイドンは避けては通れません。なにせ、100以上の交響曲、83もの弦楽四重奏、ピアノソナタは65曲も作ってます。それゆえ、『交響曲の父』『弦楽四重奏曲の父』と呼ばれています。だから紹介せねばならぬ、どんなにマイナーな存在であっても! まずは、この曲。交響曲第94番

    記事を読む»

  • その5 野獣先輩富士山説

    2013-01-26 20:58  
    ・五↑合↓・†悔い改めて†→富士信仰・「すっげぇ白くなってる」→山頂付近は雪が積もる・「おっ、大丈夫か、大丈夫か」→高山病にかかった遠野を心配している・「暴れんなよ、暴れんな…」→富士山は活火山・「じゃけん夜行きましょうね~」→ご来光を拝むには夜に出発しないといけない・「見とけよ見とけよ~」→新幹線に乗ってると、富士山あたりでこの台詞をよく聞く・粋スギィ!→葛飾北斎の富嶽三十六景・「出そうと思えば

    記事を読む»

  • その4 J.S.バッハ

    2013-01-26 18:36  
     今日は野獣先輩の出番はありません。あしからず。 さて、こちらは『クラシック音楽をとりあえず時代ごとに紹介していって、時代と音楽の移り変わりをなんとなーく感じてもらおう』というお話です。 なお、僕の知識がロマン派あたりに偏っているのには目をつぶってください。 それで、今回はとりあえずバッハさん、ということで。 まずは一曲目、トッカータとフーガニ短調 BWV565 冒頭のメロディーは非常に有名です。

    記事を読む»

  • その3 野獣先輩赤羽根P説

    2013-01-25 19:23  
    ・「24歳、学生です」→面接での発言・(新曲を)出そうと思えば・(あ)ふぅー!・トレーニングをしている→プロデューサーはタフでないとやってられない・「この辺にぃ、うまいラーメン屋の屋台、来てるらしいっすよ」→TKNからの情報・「ぬぅあ~疲れたもおぉぉぉぉん!」→Pの仕事は疲れる・「ビールビール!」→仕事終わりはビールが基本・Co↑Co↓→カレーは夏バテ予防に効くらしい・豪邸→TKG社長の家・「今日

    記事を読む»

  • その2 野獣先輩たこ焼き説

    2013-01-24 17:28  
    1
    ・肌が浅黒い→ソースの色と一致・「ビールビール!」→味の濃いたこ焼きにビールはうってつけ!・「夜中腹減んないすか?」→自分を食べろ、ということを遠まわしに言ってる・「じゃけん夜行きましょうね~」→たこ焼きは夜店の定番・風呂につかる→明石焼きはダシにつけて食べる・たこ昌のCMを見てると、なぜか野獣先輩を思い出した・もっと舌使ってホラ→よく味わえ、ということ・「こいつ玉とか舐めはじめましたよ」→玉とた

    記事を読む»

  • その1

    2013-01-24 01:26  
    ブロマガなるものを、私もするなり。現在、新作動画を鋭意製作中。5分程度の、ストーリー系PVを予定しています。あまり過度な期待はしないでください。

    記事を読む»