艦これ2019秋イベE-3-2甲削り記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ2019秋イベE-3-2甲削り記録

2019-12-07 01:35
    生放送での様子はこちらから(12/11まで見られます)
    https://live2.nicovideo.jp/watch/lv323203401

    CDEGJLOルート


    水上部隊



     道中対潜水艦戦2回、対水上艦戦2回の準最短ルートを採用しました。ボスで航空優勢を取るための制空値が水母だけでは苦しかったため、道中2回ある対潜水艦戦で先制対潜をしつつ、ボス戦にて制空を取れる大鷹(サブ)が適任と思い、投入しました。
     明石がルート制御に必要なくなったので第二艦隊にいたリベッチオを第一艦隊に移し、対空カットインを任せました。その他の方針としては第1ゲージと同じで、先制対潜艦3で潜水艦マスを踏み抜き、道中支援を使いつつ残りの2戦をこなす感じです。
     戦闘数が倍になったため、艦隊司令部施設を使用することにし、担当を千歳に任せました。

    道中支援

    道中の敵が弱いので、軽めの支援を入れることにしました。第1ゲージでボス支援だった艦隊をそのまま道中支援にスライドしました。

    ボス支援

    いつものガチ目支援…のつもりでしたが間違えて空母を入れそこねていました。まあ特に問題なかったのでOKとします。

    基地航空隊

    陸偵を外し制空均衡狙いで64戦隊を編成しました。

    ボス戦
    ボス以外の敵が弱めなので、昼戦終了時にはボス以外残っておらず、かつボスを大破まで持っていけてたので夜戦では一方的に殴り倒すだけでした。





    フィニッシャーになったのは全て大井でした。しかしこれは三人のフィニッシャーの中で一番上に配置されていたからであり、神通でも雪風でも普通に装甲を抜いて倒せると思います。




    というわけで、出撃5回、ボス到達4回で全てS勝利し、削りは終了しました。一度だけ撤退しましたが、これは削りの最初の方は千歳に司令部を積んでいなかったためです。撤退後に装備を変更しました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。