艦これ2019秋イベE-4-1甲削り記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ2019秋イベE-4-1甲削り記録

2019-12-10 23:13
    九州艦隊第二の刺客
    ダブルくまりんこ

    生放送での様子はこちらから(12/17まで見られます)
    https://live2.nicovideo.jp/watch/lv323297067



    KLMNPルート


    輸送護衛部隊



     第一艦隊は、三隈(サブ)で制空を取り、三隈・名取の連撃を火力とする構成です。残り4隻はおそらくE-6での輸送作戦では使わないであろう睦月型から選出。E-6の輸送作戦はE-1で温存した八駆を使う予定。
     第二艦隊は、由良と五十鈴に初戦の対潜を任せます。が、特に問題なかったのでクリア後になってようやく気が付きましたが五十鈴の装備が間違ってますね。二式爆雷を一つ外して三式爆雷投射機が正しい装備です。
     三隈(メイン)を筆頭に特効を持つ吹雪・叢雲・敷波でボス艦隊を沈めていくという目算で、A勝利を取って輸送ゲージを減らしていくつもりでした。

    道中支援


    ボス支援

    まだまだ敵が弱いので、支援は軽めに。E-3まで全く苦戦しなかったこともあり、資源は有り余っている(各資源29万オーバー)のですが、せっかく支援用にキラをつけたので活用します。

    基地航空隊



    Mマスが少し敵が強いので、道中突破率を重視し、ボスマスとMマスに一つずつ送りました。

    ボス戦


    航空隊と支援攻撃と由良の先制雷撃で2隻くらいは沈んでくれるかと。ここからA勝利自体はさほど難しくなく、ボスマスに着きさえすればゲージは減らせると思います。



    夜戦になると三隈がこんな感じでボスを沈めて終わりでした。



    この編成と装備で、S勝利では輸送量は145,A勝利なら101です。

    というわけで、2出撃、2ボス到達で残り110まで削り、次がラストダンス圏内となりました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。