ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

艦これ 2020年 秋イベ E-3-3甲 削り 記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ 2020年 秋イベ E-3-3甲 削り 記録

2020-12-10 05:06
    生放送での様子はこちらから
    https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329431568(12/17まで見られます)

    目次
    1.E-3-3甲攻略(削り時)
     1-1 本隊編成
     1-2 基地航空隊
    2.ボス戦(削り時)


    1.E-3-3甲攻略(削り時)


     R→S→T→Zの最短ルートではなく、途中で空襲戦が入るものの戦艦と空母を合計3隻入れられるルートで攻略することにしました。

    1-1 本隊編成




     攻略中に装備がいくらか変わりましたが、最終的にはこの装備に決まりました。
     ヒューストンには司令部要員として旗艦を勤めてもらいましたが、削り中で道中大破がなかったので、結果的には司令部を使わずにビスマルクかアークロイヤルが旗艦で良かったですね。
     ガングートを高速化することによって、R→Fと進むのを避けたのですが、ここの空襲戦は対して怖くもなかったので、ボスの強さ次第では空襲2回になっても徹甲弾を積むつもりでした。この編成でも余裕でSを取れたので、削り中は最後までこの装備でした。
     アークロイヤルは、特効艦の火力を活かすためにFBA用の組み合わせにしました。彩雲を積めないのでT不利を引いたら諦めます。
     第2艦隊は、前3隻が夜戦の随伴散らし、後ろ3隻がフィニッシャーとして編成しました。一応初戦の潜水マス対策として、3隻が先制対潜をできるようにしました。
     ヴェールヌイは、運20ではさすがに魚雷カットインを狙いに行くのは難しいので、主魚電と主魚カットインの両面待ちになる主魚電装備にしました。というのはいいんですけど、なんで主砲がカットイン倍率が高いD型砲じゃないんですかね…しかもGFCS付ける前は主魚電カットインが出ない13号改とか付けてましたし…。仕事で疲れてたんでしょうか。
     制空は、空襲Gマスでは優勢、ボス戦では航空隊と合わせて優勢になるようにしてあります。

    1-2 基地航空隊




     第1・第2航空隊ともに制空状態は均衡です。


    2.ボス戦




     ボスだけは強いのですが、随伴は通常の敵ばかりです。今までのイベントなら、姫・水鬼級が混じっているのが普通でしたので、前段最終海域ボスの中では、歴代でもかなり弱い艦隊だと思います


     削り中はボスと7回戦ったのですが、昼戦終了時にはボス以外に残っていない、という状況
    に6回なりました。




    ヴェールヌイ主魚カットイン


    プリンツ・オイゲン連撃


    ジャーヴィス魚雷カットイン


    ヴェールヌイ主魚カットイン



     このような感じですね。特効艦を適切に使うことができれば、特に苦戦する相手ではないと思います。無理にカットインを狙いに行かなくても特効艦なら連撃でも十分に削れました。

     出撃7回、ボス到達7回、S勝利6回、A勝利(ボス撃沈できず)1回にて削りが終了しました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。