ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

艦これ 2020年 秋イベ E-4-3甲 ボスマス開放・ルート短縮ギミック 記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ 2020年 秋イベ E-4-3甲 ボスマス開放・ルート短縮ギミック 記録

2020-12-28 23:53
    目次
    1.ボスマス開放ギミックの概要
    2.ボスマス開放ギミック攻略
     2-1 X2マスS勝利
     2-2 基地空襲優勢以上2回
    3.ルート短縮ギミックの概要
    4.ルート短縮ギミック攻略
     4-1 基地空襲優勢以上
     4-2 WマスS勝利
     4-3 QマスS勝利
     4-4 Y2マス航空優勢以上
     4-5 Y3・Y5マスA勝利以上



    1.ボスマス開放ギミックの概要



    ・第2ゲージ破壊
    ・X2マスでS勝利
    ・基地空襲で航空優勢以上を2回
    を全て満たすと、第3ゲージのボスマスが開放されます。下2つについては、第2ゲージ攻略中に行っても大丈夫なようです。


    2.ボスマス開放ギミック攻略

    2-1 X2マスS勝利



    本体編成(機動部隊)



     ルート条件としては、水上部隊か機動部隊で組んでいれば必ずX2マスに行きます。ボスマス未開放時はどうあがいてもBマスを踏まされるので、これが最短ルートです。
     編成としては、空母陣は道中の空襲で優勢を取れるように装備をして、他の艦はX2マスのPT対策を中心としています。
     支援艦隊は無し。航空隊は防空ギミックに回しているので出撃させていません。

    X2マス(同航戦)




     航空攻撃で随伴PT2隻、開幕雷撃でナ級1隻、第2艦隊の砲撃・雷撃戦で旗艦以外の2隻を沈めて、第1艦隊初手の伊勢が瑞雲立体攻撃で残った旗艦を沈めてクリア。PT対策さえしていれば簡単にS勝利は取れるかと思います。

    2-2 基地空襲優勢以上2回



     1回目は上のX2マス攻略中で、2回目は、まるゆを単艦でCマス方面に出して、空襲マスをノーダメージで抜けながら来た空襲に優勢を出してクリア。





    3.ルート短縮ギミックの概要

     上の、ボスマス開放ギミックを行った後、
    ・QマスでS勝利
    ・WマスでS勝利
    ・Y3マスでA勝利以上
    ・Y5マスでA勝利以上
    ・Y2マスで航空優勢以上
    ・基地空襲で航空優勢以上
    を行うことで下の画像のY6・Y7マスが追加されます。Y6は戦闘無しのマス、Y7は泊地修理マスです。



    4.ルート短縮ギミック攻略

    4-1 基地空襲




     ボスマス開放ギミック時と同じで、まるゆ単艦でCマス方面に行かせて空襲を待ちました。

    4-2 WマスS勝利



    輸送護衛部隊




     第2ゲージ攻略中に、敵が警戒陣で来た時に命中率の低さに悩まされたことも有り、じゃあ通常艦隊で行ってみようか、と、最初は通常艦隊で挑んでいました。しかし、道中の空襲戦のきつさがケタ違いになり、10回ほど出撃して初めてボスに着いたものの、ボスを追い詰めはしたけれどS勝利を逃したため結局輸送護衛部隊になりました。なお、連合に変えた後は1発クリアでした。
     第1艦隊は、電探ガン積みにしたのは良いものの、結局攻撃が全く当たらなかったので、これなら空襲戦対策に高角砲を載せまくってたほうが良かったかなとか思いました。

    ボス支援

     通常艦隊で行っていたとき散々な目に遭ったので、ボスまで行って支援をケチったがためにS取れませんでした。などという事態にはなりたくなかったのでかなりガチ目に組みました。

    基地航空隊





     第2ゲージ時と同じで、ボスマスに2つ、ボス手前に1つ飛ばしました。支援艦隊を出したりするならボスに3部隊とかでもいいかも。

    Wマス(同航戦)



     相手が警戒陣でありながら、航空隊が4隻撃沈し、支援艦隊でボスの耐久を結構削ってくれるという、かなり上々の立ち上がり。


     正直火力としては見ていなかったアトランタが、残り54から削りきってくれました。

    4-3 QマスS勝利



    輸送護衛部隊



     攻略時のSSを撮りそこねていました。上のSSはE-4-1攻略時のものですが、第2艦隊はそのまま、第1艦隊は輸送要員の大潮・荒潮・満潮の装備がソナー+爆雷投射機+爆雷に変わっています。

    基地航空隊





     やっていることはE-4-1攻略時と変わり有りません。第三航空隊の航空機が違いますが、これはこのあとのY3マス攻略の時に当てるために組み替えたからです。

    Qマス(同航戦)




    航空隊と先制対潜ですでに半壊。

     熊野がツ級を倒し、荒潮がボスにとどめを刺してくれました。

    4-4 Y2マス航空優勢以上



    機動部隊



     Y2マスまで航空優勢以上を取れるように組んでいます。第2艦隊の面々はX2マスの対PT用の装備が中心です。霧島は、暇そうにしてたのでなんとなく入れました。特に意味はありません。

    基地航空隊



     第二航空隊は待機にしています。第三航空隊はこの後でY3マスにぶつけますが今は出番ではなかったのでとりあえず防空にしておきました。ロケット機が入ってないので流石に劣勢です。

    Y2マス

     この編成のまま進軍すればY3・Y5マスに進めますが、弾薬ペナルティが気になったのでここで撤退しました。でも多分そんな慎重にならなくても普通に勝てたと思います。

    4-5 Y3・Y5マスA勝利以上



    機動部隊



     Y1→Y3と進むために前の編成から霧島を抜いて木曽を入れました。そして戦艦+空母が5隻以下の時にY3→Y5と進むために潜水艦の伊401を入れました。おそらく先程の編成でY2マスからY3→Y5と進んでいたほうが楽だったとは思いますが、帰還してしまったのでしょうがない。

    基地航空隊





     Y5マスの第二航空隊は劣勢、Y3マスの第三航空隊は均衡です。A勝利で良いため、敵を減らすと言うよりは敵空母を黙らせるために出しました。

    Y3マス

     いつ以来だったか思い出せないくらい久しぶりの道中で敵が連合艦隊のマスです。敵編成自体は通常の敵ばかりなのですが、敵の制空値も高い厄介なところですね。

     航空隊の削りもあって、どれが残っていたのかわかりませんが、艦載機が残っていたのは1隻だけだったようです。敵空母が動く前に全て沈めてしまったので確認の仕様がありませんでした。

     第1艦隊1巡目で敵の第1艦隊を全滅、第2艦隊の攻撃では3番目のニ級が残りましたが、第1艦隊2巡目で加賀が沈めてS勝利。

    Y5マス



     昼戦で敵旗艦以外を撃沈。この時点で条件はクリアしているのですが、なんとなく夜戦に。アトランタが沈めてくれました。装甲破砕ギミックの時にもう一度来て、今度はS勝利を取らなければなりませんが、特に難しくはなさそうですね。



     これでY1マスを踏まずにボスに行けるようになりました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。