ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

艦これ 2021年 春イベ E-4-2甲 削り~ゲージ破壊 記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ 2021年 春イベ E-4-2甲 削り~ゲージ破壊 記録

2021-06-04 22:15
    目次

    1.各編成について
     1-1 本隊編成
     1-2 支援艦隊
     1-3 基地航空隊

    2.E-4-2甲 攻略
     2-1 道中戦
     2-2 ボス戦


    1.各編成について

    攻略ルート

     北西のスタート地点から出発して、
     Q(対潜・第一)
    →Q2(空襲・第三)
    →S(空襲・第三)
    →T(能動分岐)
    →U(空襲・第三)
    →V1(揚陸マス)
    →V(ボス・第四)
    と最短ルートを進みます。道中は対潜と対空だけで、水上戦が無いというのはかなり珍しいですね。

    1-1 本隊編成

    輸送護衛部隊



     E-4-2の編成は、このゲージ攻略だけではなく、その後のギミックも見据えての構築をしました。
     まず、第一艦隊の旗艦は、対空および司令部要員となる秋月に務めてもらいました。
     龍鳳は、最初は攻撃機を積んでいたのですが、やはり輸送部隊で攻撃が当たりにくいので、アタッカーとしての仕事は諦めて道中の空襲に備える形で戦闘機キャリアーになってもらいました。
     日進も同じく、最初は主砲2つ、水戦1つ、偵察機1つと積んでいたのですが、攻撃が当たらないので、上の装備になりました。道中の制空は、龍鳳と日進で優勢を取ることができています。
     満潮・文月・荒潮はE-4-2では単なる大発要員ですが、後のギミックでは対地要員となります。

     第二艦隊の軽巡枠は特効艦である川内と能代を使いました。この能代は改二まで持っていけてないサブなのですが、改二のレベル85まであと一息だったので、ここで経験値を稼ぐつもりでした。
     駆逐はタシュケント以外は特効艦で、五月雨は秋月と二段構えの対空要員、早波と藤波はボス撃破要員です。タシュケントは初戦の対潜と、一応の対ボス要員です。特効艦ではないのもの、魚雷カットインが出ればボスの装甲を抜くことは可能です。

    1-2 支援艦隊

    道中支援


    ボス支援

     道中支援は、初戦の対潜マスの対策として出しています。出さなくても大丈夫かもしれませんが、支援を入れる代わりに対空・対艦の方に装備を振ることができるので、出すことにしました。


    1-3 基地航空隊






     2部隊はボスへ、1部隊は道中の空襲マスへ出しました。どの空襲マスに飛ばすかは、まあ対潜と空襲しかない道中戦では燃料の減りも大したことなくて回避ペナルティのことなど考えなくても良いのですが、一応後の方の空襲マスに出しておくか、くらいの気持ちでした。


    2.E-4-2甲 攻略


    2-1 道中戦


    Qマス(対潜)
     フラソ1~2隻と、エリカ・エリヨ合わせて3~4隻の編成。陣形は梯形陣か単横陣。対潜支援ので3隻程度は倒せるので、残りは先制雷撃をかわすのを祈れば閉幕雷撃は撃たせない、という形で進めました。

    Q2・S・Uマス(空襲)
     対潜の後は3連続空襲マス。3つとも編成は全て同じで、飛行場姫が3~4体出ます。飛行場姫は、弱いタイプと強いタイプがあり、場合によっては強い方が3体、弱いほうが1体という編成もあるのですが、強い方でも命中率がイマイチで全然当たらないことが多かったです。
     空襲3連続とはいえ、秋月型じゃなくても対空カットイン装備をしている駆逐が2隻も居れば十分被害を出さずに抜けられるかと思います。

    2-2 ボス戦


     編成は最初から最後までこのままです。敵の陣形は単縦陣・梯形陣・警戒陣のどれか。
     航空隊と支援艦隊を使えば、昼戦でボス以外は撃沈、随伴が残っててもせいぜいネ級が1隻というところまで追い込めていました。討ち漏らしが出るのは大体警戒陣の時でした。
     そこから夜戦でボスを沈められるかどうかは大方は魚雷カットインが出るかどうかなのですが、川内の連撃や、カットインじゃない魚雷でも装甲を抜いて沈められることもありました。


     ゲージ破壊時。藤波のひょろひょろ魚雷で撃沈してクリア。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。