ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

艦これ 2021年6月22日実装任務「機動部隊決戦」記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ 2021年6月22日実装任務「機動部隊決戦」記録

2021-06-27 21:14
    目次

    1.任務内容について

    2.各海域攻略
     2-1 5-2攻略
     2-2 5-5攻略
     2-3 6-4攻略
     2-4 6-5攻略



    1.任務内容について


     旗艦を空母(軽空母・正規空母・装甲空母のいずれか)にして、5-2・5-5・6-5ボスマスでS勝利を2回、6-4でA勝利以上を2回してくるという任務です。
     5-2・5-5・6-5で旗艦が空母の任務は今までもありましたが、6-4関係の任務で空母を入れなければならない、つまり東側スタートを強制される任務は初めてですね。


    2.各海域攻略

    2-1 5-2攻略




     翔鶴・瑞鶴に高速戦艦1・アトランタ・改二駆逐2という、普段のウィークリー5-2任務の編成です。ウィークリーでは大体旗艦は戦艦で編成しているのですが、それを空母に変えただけです。


    2-2 5-5攻略




     旗艦が空母ということで、ビッグセブンや金剛型改二丙などの特殊砲撃は封じられているので、北ルートで大火力で制圧する方策を取りました。
     夜戦での火力になる艦がほしいところでしたのでサラトガは夜戦仕様の白で、加賀は初戦の敗北防止とボス戦の潜水艦対策として護を選択。無論加賀改二護の昼戦火力もとんでもないので頼りになりました。難点はTBM-3W+3Sに対空射撃回避がないので全滅しやすいことですかね…。まあFBAカットインができなくなっても通常攻撃でも結構なものです。
     瑞鶴は今回はジェット機で編成しました。墳式強襲に命中率に難があるのは確かですが、刺さればフラルでさえ撃沈してくれることがあるので。今回はどちらかといえばボス戦での駆逐狙いですね。
     
    道中支援


    ボス支援


    1回目

     最初は彩雲を積んでいなかったので交戦形態はT字不利を引いてしまいました。それでも昼戦で上2隻を中破、下4隻は撃沈と奮闘。夜戦でサラトガがレ級を、武蔵がボスを沈めてくれました。

    2回目

     2戦目で加賀が中破してしまい、ボスの潜水艦を沈められるか不安でしたがゲージだけでも削れればいいかな~と進軍して到着。
     交戦形態はT字有利。航空攻撃で駆逐2隻を沈め、支援攻撃で2番目のヲ改を撃沈。加賀の対潜攻撃は先制対潜の1回だけという状況でしたが、見事潜水艦を撃沈してくれました。
     武蔵が南方を削ったあとに瑞鶴が撃沈。ヲ改は最上が連撃で仕留めてくれました。


    2-3 6-4攻略




     今回の任務で一番困ったのがここでした。他の海域はやったことがある編成をいじってやればよかったのに対して、6-4はやったことがない編成で挑まなければならなかったからです。
     あきつ丸を使った、Iの空襲マスを踏まずに行ける最短ルートは、今回は難しそうなのでやめておきました。Iマスの空襲は西側のD・Fマスにヌ級が増えた程度なので、西側より制空値を稼いでいるのならそう苦戦することもないだろうという見立てと、ここを踏んでも火力ペナルティを受けないからです。
     大鳳は今回はFBAカットインを諦め、1隻で制空優勢を取れるように戦闘機を3スロット積みました。

    基地航空隊

     最初はJマスに陸戦陸攻の航空隊を飛ばしていたのですが、初戦の対潜マスで中破、Jマスでそこを狙われ大破して撤退、という流れが相次いだため対潜マスに東海を出すことにしました。この方針に変えてからはボスに着くようになりました。

    1回目

     交戦形態は反航戦。昼戦では砲台1つと集積地、ワ級しか倒せなかったのでA勝利に届かず夜戦。最上と朝潮は大破、雪風は中破で、結構きついところでしたがA勝利でいいのでどれか1隻倒せばOKという状況。しかし武蔵がボスを、雪風とアトランタが砲台を1つずつ倒してS勝利まで届きました。

    2回目

     交戦形態は同航戦。1回目より到着時の状態はひどいものでしたが、昼戦でボス以外を倒してくれましたので、一応S勝利を狙って夜戦。
     最上以下4隻は大破、攻撃できるのは武蔵だけでボスの残り耐久は296という一発勝負でしたがなんとか武蔵が撃破してS勝利できました。

    2-4 6-5攻略




     SSのとり方を少しミスって1番と2番の場所が反対になってますが並びはこの通りです。赤城改二任務のときの6-5編成を少しいじった形での編成にしました。ルートは同じです。
     このルートの理由としては、北ルートに行くより弾薬のペナルティが少ないこと、Dマスの水上戦闘対策より、Eマスの潜水艦対策の方が容易なこと、空襲が2回になっても、航空優勢取ってアトランタが対空カットインすれば大丈夫だろうと思ったことですね。潜水艦の対策は、航空隊に任せる形になるので、ボスに飛ばせる航空隊は1部隊だけになっていますが、火力は高いので手数に困るようなことはありませんでした。

    基地航空隊



     ボスに飛ばしたのは、制空拮抗2回になります。




     南ルートですら昼で終わったりするのに、重量編成の北ルートならなおさら、という感じですね。2回とも昼で終わりました。



     選択報酬は橘花改にしてみました。現在の手持ちのカタパルトは3つで、余裕があるとは言えません。しかし橘花改は1つしか持っていないので、ジェット機周りでの仕様変更や、敵がジェット機を使ってきたときの対応のしやすさを考えると、ここは橘花改の方が良いかなと判断しました。取り越し苦労なら良いのですが、さてどうなることやら…。一応、自分はちょこちょこジェット機を使う方なので、倉庫で埃を被るようなことにはならないとは思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。