シャル・ウインドさん のコメント

無理せず頑張ってください!
No.3
47ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
新作動画公開しました! 「首領ジャラ!-艦娘博打物語-」 第一幕「断罪-PUNISHMENT-」 賭けドンジャラというふざけた題材ですがストーリーは大真面目です。 暗めの展開が多くなりそうですが、悲劇的な結末にはなりません。何しろ…… 続きがこれですから。 ※注意 艦これは二次創作のガイドラインで「ゲームシステムのある」同人作品を不可としています。要するにデジタル・アナログゲームの頒布は駄目ということのようです。 →「艦これトランプ騒動」参照 従って(いないとは思いますが)この動画に出てくるドンジャラを現実に再現したり、ゲーム化したりして頒布するのは禁止です。当然作中で使用している画像も配布しません。 以下、ドンジャラをよく知らない人のために大まかなルールを解説します。 「首領ジャラ!」ルール概要 ドンジャラは製品によって細かなルールが異なりますが、本作では概ね アソビジョン公式の「遊び方」 に沿っています。 【使用する道具】 水色(駆逐)・橙(軽巡)・緑(重巡)・黄(戦艦)・赤(空母)・桃(軽空母)・青(潜水艦)・黄緑(支援系の艦)・紫(その他)の 9色78牌にオールマイティ3牌を加えた81個のパイを使います。 ※紫だけは6牌。他の色は9牌ずつ。 また各プレイヤーは 初期の持ち点である1000点分のチップ を持っています。 【最初の親決め・席決め】 実際のドンジャラではダイスの目に応じて席や最初の親を決めますが、この辺りは映像化しても面白くないので動画では省略します。 【プレイの準備】 各プレイヤーは10牌×2段=計20牌の山を作ります。余った1個は親の手配になります。 サイコロを2個振って決まった場所から時計回りに、2牌ずつ4回の計8牌を配り手牌とします。 親は余った1個を加えた9牌からスタートします。 ※この時点で親がアガれる場合はいわゆる天和(本作では「先制攻撃」というベーシック役)でアガってそのプレイを終了できます。 【進め方】 プレイは親から 時計回り (麻雀と逆)、山から1牌引いて1牌捨てるのを繰り返します。親だけは最初から1牌多く持っているので、最初の番は山から牌を引かず手牌から捨てます。 動画で説明している通り、 同色3個のセットが3つ揃えばアガリ=「ドンジャラ」 です。 ※例外として9色1牌ずつを揃える役「艦船図鑑」「暁の水平戦に勝利を」があります パイが配られた時点であと1牌でアガリになる状態(=テンパイ)になっている場合を除き、 リーチを宣言しなければアガれません。 (ダマテンは無効です) リーチをかけた後は手替わり出来ず、引いた牌でアガれない場合はそのまま捨てなければなりません。その代わり、他人が捨てた牌でアガること(=ロン)が出来ます。 ※オールマイティでのロンは出来ません。逆に言えばオールマイティは常に安全牌ということです。 【点数計算】 役によって決められた点が移動します。 複数の役の条件を満たしていた場合、最も高い役を適用します。 山から引いて(ツモ)アガった場合は他のプレイヤーがそれぞれ1/3ずつを、ロンの場合はその牌を捨てた人がチップを支払います。 ※製品によっては親の時だけ点数が増えるルールもありますが、ややこしいので無しにしました。 動画では役を20種類以上設定しています。シリーズが続けば少しずつ明らかになるはずです……。 【ゲームの終了】 親が勝った場合は次のゲームも親を続行します(連荘)。 それ以外の場合は時計回りに次の人が親になります。親が2周するか、誰かの持ち点が尽きればゲーム終了です。 【その他】 ・オールマイティはどの牌としても扱える特殊なパイです。 ただし1セット3つの中に2つ以上含めることは出来ません。 また他のプレイヤーが捨てたオールマイティでアガることは出来ません。動画ではオールマイティで特定パイを置き換えると不成立になる役も設定しています。 ・ 麻雀で言うところの「鳴き」はありません。 チーとポンを組み合わせた「横取り」という特殊ルールもありますが、今後採用するかは未定です。 仕事が忙しくなりそうなので、続けられるか分かりませんが、 可能な限り寿命を削って頑張りたいと思います。 それでは、新作をどうぞよろしく。
Behoimi Direct -ベホイミ ダイレクト-
「TAS魔理沙」「ゲンソウイレブン」「艦食娘-フードファイターアカギ-」「首領ジャラ!」「夜戦食堂」などのMMDドラマでお馴染み、ベホイミProjectの雑記。動画の最新情報などを「直接!」お届け。